FOLLOW US
  • twitter

アップル、新 iPhone 発表イベントは9月7日開催。日本時間8日午前2時から #AppleEvent

ガジェット スマートフォン
Ittousai

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

アップル、新 iPhone 発表イベントは9月7日開催。日本時間8日午前2時から #AppleEvent

アップルは次の発表イベントを9月7日に開催します。日本時間では8日午前2時から。

発表が予想される製品は iPhone 14シリーズとApple Watch Series 8。もしかしたら新しい AirPods Pro。

いずれも発表前なのであくまでカッコ仮ですが、毎年この時期になればおおむね事前情報は出揃っています。

iPhone 14(仮)シリーズのラインナップ

まず iPhone 14(仮)シリーズについては、

  • iPhone 14 (6.1インチ)

  • iPhone 14 Max (6.7インチ) ⬅ New!

  • iPhone 14 Pro (6.1インチ)

  • iPhone 14 Pro Max (6.7インチ)

  • (従来の「mini 」は廃止) ⬅ New!

Proではない通常モデルと Pro でそれぞれ大小、計4機種になる見込みです。

iPhone 12 と13の世代で用意されていた5.4インチ画面の「mini」は不人気で終了説が有力。

入れ替わりで、これまでにはなかった「画面は大きいけれど、機能や仕様は無印の通常 iPhone同等」の iPhone 14 Max が加わると観られています。

iPhone 14とiPhone 14 Proの違い

iPhone 14は、

  • 従来の iPhone と大きく変わらないデザイン、フロントカメラ部も同じノッチ。

  • RAM増量

  • プロセッサは13と同じA15。ただしモデムなど内部的な改良で性能向上、バッテリー駆動時間延長の可能性も

iPhone 14 Proは、

  • フロントカメラ部がノッチ(切り欠き)ではなくパンチホールになり、ベゼルも細く、画面が相対的に広く

  • プロセッサは新しいA16。さまざまな部分の処理性能が向上 ( iPhoneを含め最近のスマートフォンでは、心臓部のプロセッサが速くなれば操作の快適さやゲームの豪華さだけでなく、機械学習処理で写真や動画の画質向上、電力効率向上でバッテリー駆動時間延長など、あらゆる部分が底上げされます)

  • 背面カメラが従来の1200万画素から4800万画素の高精細センサ採用に

  • 無印のiPhone 14より高速なLPDDR5メモリ採用で性能向上

といったところ。もちろん誰も予測できなかったサプライズな機能や仕様はどちらの機種にも残っている可能性があります。

Apple Watch Series 8 (仮)とApple Watch SE2(仮)

  • 新たに Apple Watch Series 8 Pro (仮)が追加

  • 「Pro」は画面の表示部分が広く、ケース(筐体)にチタンを採用、バッテリー駆動時間も従来モデルより延長。

  • 「Pro」には新しい省電力モード追加説も。従来の低電力モードは時刻表示のみを活かしてバッテリーを節約する機能で、アプリを使うには通常モードに起動する必要がありましたが、新たな機能ではアプリを何らかのかたちで生かしつつ電力消費を下げられる(らしい)とのふれこみです。

  • Apple Watch Series 8 にもProにも体温センサ新設。「熱があるようです」と通知してくれる。

  • プロセッサは新たな「S8」チップ。ただし実質的に先代のS7と性能は変わらない見込み。

  • Apple Watch SE2は従来のSEを引き継ぎつつ、中身はSeries 8 や Proと同じS8採用。駆動時間向上や動作の快適性向上が見込めます。

カラーやケース素材、バンドの組み合わせ等々はまだ分かっていません。

新 AirPods Pro (仮)

出るらしい、とは複数のアナリストやリーカーが一致しているものの、iPhone と同時になるかは不明確。

アップルが AirPodsに心拍計や体温計など様々なセンサを取り入れ画期的な機能やサービスを計画しているらしい、との話は年単位で続いており、特許の出願や取得が明らかになったものもありますが、年内に出そうという次期 AirPods Pro の世代には載らないとの予測が一般的です。

登場時には異次元的に優れた性能を誇った AirPods Pro も発売から3年近くが経過し、他社の完全ワイヤレスイヤホンも長足の進歩を遂げています。

AirPods Proが新たなセンサを載せなかったとしても、たとえば高音質化やノイズキャンセルの強化、環境音透過モードのさらなる強化、マイクやモーションセンサと機械学習を使ったスマート機能、電源まわりなど、改良できる点は多々あります。

特に声だけで Siri を起動して音楽の再生操作やメッセージ送信・返信など iPhone の様々な機能を使えるのは、AirPods Pro や Max、Beatsの一部などわずかな製品しか対応しない機能。その意味では「声で使えるコンピュータ(のインターフェース部分)3年ぶりの更新」でもあります。

「iPhone 14」発表イベントは9月7日、発売は16日説が有力。新製品予想まとめ

なお iPad や Mac については、ここ数年のパターンに従い10月のイベントで発表される見込みです。

アップル、10月イベントで新型iPadとMacを大量発表?新製品予想まとめ

《Ittousai》
Ittousai

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

あなたへのおすすめ

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く 画像
テクノロジー

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く

有人飛行用に設計された宇宙船が到達した最も地球から遠くに到達した記録はこれまで、アポロ13号の司令船「Odyssey」による、地球から40万171kmの地点でした。

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加 画像
テクノロジー

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加

2007年、当時17歳にしてiPhoneに自由にアプリをインストール可能にする「脱獄」を成功させ、2011年にはPlayStation 3をハッキングしてソニーに訴えられた伝説のハッカー”GeoHot”ことジョージ・ホッツ氏が、イーロン・マスク氏率いるTwitterに期間限定で加わっています。

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組 画像
テクノロジー

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組

ソフトバンク株式会社と双葉電子工業株式会社は、最大5mの土砂やがれきに埋まったスマートフォンの位置を特定するドローンシステムの実証実験に成功したと発表しました

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox) 画像
ガジェット

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox)

Bluetooth対応の持ち歩き可能なレコードプレーヤー「サウンドバーガー」を、公園とマクドナルドで試してみました。