iOS版ChromeがAIで進化。住所タップでミニGoogleマップ、日付からカレンダー予定、レンズ画像検索の組込みなど

ガジェット スマートフォン
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • X

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

iOS版ChromeがAIで進化。住所タップでミニGoogleマップ、日付からカレンダー予定、レンズ画像検索の組込みなど
  • iOS版ChromeがAIで進化。住所タップでミニGoogleマップ、日付からカレンダー予定、レンズ画像検索の組込みなど
  • iOS版ChromeがAIで進化。住所タップでミニGoogleマップ、日付からカレンダー予定、レンズ画像検索の組込みなど
  • iOS版ChromeがAIで進化。住所タップでミニGoogleマップ、日付からカレンダー予定、レンズ画像検索の組込みなど
  • iOS版ChromeがAIで進化。住所タップでミニGoogleマップ、日付からカレンダー予定、レンズ画像検索の組込みなど
  • iOS版ChromeがAIで進化。住所タップでミニGoogleマップ、日付からカレンダー予定、レンズ画像検索の組込みなど

Googleは、iOSのChromeブラウザにAIとGoogle製サービスを組み合わせた4つの新機能を追加します。

ウェブページ内の住所表記をAI検出してタップでGoogleマップの確認、文中の日付をタップしてGoogle Appleカレンダーにイベントの作成、翻訳の改善やGoogleレンズ画像検索などが、Chromeブラウザだけでできるようになります。

今回の目玉のひとつは、画像検索のGoogleレンズがChrome上で使いやすくなること。

画像の中身を認識して検索するGoogleレンズは、単体Google検索アプリのほか、Chromeでもウェブページ画面内の画像を長押しすることで以前から利用できました。

今後数か月のうちには、iPhoneのカメラで目の前にあるものを直接検索したり、カメラロールにある撮影済みの画像も検索できるようになります。これはiOS版Chromeのアドレスバーに追加されるレンズ(カメラ)のアイコンから利用できる予定です。

ほか3つの新機能も「あらゆる情報の確認や操作が、Chrome内で完結」という方向性です。

1.地図で住所を確認

AIにより、ウェブページ内の住所を検出するようになりました。住所表記を長押しすると、Chrome内にミニGoogleマップを表示できるオプションが表示されます。もはや、Googleマップアプリに切り替える必要はありません。

2.カレンダーに簡単にイベントを追加

iOS版Chromeから直接、Google / Appleカレンダーのイベントを作成できます。やはりウェブページ内の日付が自動的に検出され、長押しするとGoogleカレンダーに追加するオプションが表示。

これを選ぶだけでカレンダーイベントが作成でき、追加したウェブサイトなどの情報も自動で入力します。

3.翻訳機能の改善

ウェブページ内の言語を検出して、自動的に提案する能力が向上しました。またページの特定部分だけを「Google翻訳」を使って翻訳する、デスクトップ版やAndroid版と同様の機能にも対応します。

ロールアウトに時間がかかるためか、手元の環境では確認できない機能もありますが、展開を楽しみに待ちたいところです。 

《Kiyoshi Tane》
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • X

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

BECOME A MEMBER

編集部と一緒にテクノエッジを作っていきませんか?

会員制コミュニティ「テクノエッジ アルファ」では、これから始まるテック系コミュニティに初期メンバーとして参加して、他のメンバーや運営と一緒に築いてゆくことに意義を見いだせる方を募集しています。編集部と共にテクノエッジを作り上げていきましょう。