FOLLOW US
  • twitter

気がつけば日本最大シェア。ミクシィのソーシャルネット「みてね」が浸透したユーザー層

テクノロジー Other
岡田有花

フリー記者・編集者。ITmedia NEWS記者→nanapi編集者→フリーで執筆、編集など。若い頃は「IT戦士ゆかたん」としても活動していました。

特集

気がつけば日本最大シェア。ミクシィのソーシャルネット「みてね」が浸透したユーザー層
  • 気がつけば日本最大シェア。ミクシィのソーシャルネット「みてね」が浸透したユーザー層
  • 気がつけば日本最大シェア。ミクシィのソーシャルネット「みてね」が浸透したユーザー層
  • 気がつけば日本最大シェア。ミクシィのソーシャルネット「みてね」が浸透したユーザー層
  • 気がつけば日本最大シェア。ミクシィのソーシャルネット「みてね」が浸透したユーザー層
  • 気がつけば日本最大シェア。ミクシィのソーシャルネット「みてね」が浸透したユーザー層
  • 気がつけば日本最大シェア。ミクシィのソーシャルネット「みてね」が浸透したユーザー層
  • 気がつけば日本最大シェア。ミクシィのソーシャルネット「みてね」が浸透したユーザー層

SNSの黎明期から、記者としてネットと人の関わりを追い続けてきた岡田有花さんが、必ずしもメインストリームではないものの、興味深いSNSの世界を紹介していきます。


「mixi」(ミクシィ)というワードを聞いて、むずがゆいような恥ずかしいような気持ちになる30代以上は少なくないかもしれません。

mixiは、2000年代中盤に大流行したSNS。「mixi日記」を書き、友だちのページに「足あと」を残して訪問しあい、ソーシャルゲーム「サンシャイン牧場」で夜通し遊んだ……そんな思い出を持つ中年も多いでしょう。私もその一人です。

▲2022年のmixi

今でもサービスは続いていますが、流行当時の勢いは失われ、一部の人が使うSNSに落ち着いています。

そんなmixiで一時代を築いた会社、ミクシィがいま、ある分野で、日本ナンバーワンのSNSを確立しているのをご存じでしょうか? 

パパ・ママの2人に1人が使う“育児写真SNS”

それは育児の分野です。ミクシィの育児写真共有アプリ「みてね」は、小さい子を育てている人の間では有名です。

SNSといっても、Twitterなどのように、見知らぬ人とつながる機能はありません。家族や親戚限定でつながる“小さなSNS”なのです。

親が「みてね」に子どもの写真をアップすると、おじいちゃんやおばあちゃん、おじさん、おばさんの「みてね」から見てもらえる――そんなサービスです。

リリースは2015年。ミクシィ創業者(現在は取締役)の笠原健治さんが、自身のお子さんの写真を親戚と共有したいと考え、ミクシィの新規事業として取り組みました。公開当初は、笠原さん自らが公園でビラを配るなど、地道にプロモーションしたそうです。

その後、口コミなどで徐々に広がり、2022年8月時点でのユーザー数は1500万人。現在は、日本国内でパパ・ママの2人に1人が使うサービスになっており、海外でも利用が広がっています。

「足あと」機能も

みてね誕生と同じ2015年、筆者にも第一子が生まれました。その日から筆者も、みてねを利用しています。

筆者がみてねに写真や動画をアップロードすると、遠隔地に住むおじいちゃん・おばあちゃん(筆者の父母)が写真を見たり、コメントを残したりしてくれます。

mixiの「足あと」に似た機能もあります。最終ログイン時間を示す「みたよ履歴」機能です。例えば、親が3時間前に写真をアップロードし、1時間前におばあちゃんがログインしていたら、「最新の写真をおばあちゃんが見てくれたんだな」とわかります。

筆者は核家族。実家は遠く、近隣に頼れる親戚もいません。さらにここ2年はコロナ禍で、長く実家に帰ることができませんでした。

そんな時でも「みてね」に写真をアップすれば、子ども達の成長記録を、自分の親(子供のおじいちゃん・おばあちゃん)に密に共有でき、「みたよ履歴」を通じて親が静かに見守ってくれていることを実感できました。毎日、子ども達の写真をたくさん撮ろう、というモチベーションにもなりました。

▲履歴だけで見守ってくれていることがわかる

振り返りやすい成長記録

今、筆者の「みてね」は、長男と長女2人の出生時からのかわいい写真が詰まっています。写真は年ごとや月ごとに見ることもでき、「長男が3歳のとき」「長女が生まれたてのとき」など、タイミングを選んですぐに見ることができます。撮影日は「○歳○カ月」と年齢・月齢でも確認でき、成長記録として振り返りやすく作られています。

「みてね」は無料で利用できますが、筆者は、月額480円のプレミアムサービスを利用しています。プレミアムユーザーは、動画を最大10分(無料だと3分)までアップでき、PCから写真のアップロードもできます。

無料範囲内だと、保育園の発表会の演目の動画をフルでアップすることができませんが、プレミアムの10分あれば十分です。デジカメでたくさん写真を撮り、別のクラウドストレージにもアップする筆者のような家庭には、PCアップロードは必須機能。手頃な料金でよく考えられた課金体系だなと思います。

アップした写真を紙のアルバムに出力する有料サービスや、出張撮影サービスなど、関連の有料サービスも充実しています。これらのサービスを筆者は使ったことがありませんが、親戚に紙の写真を渡したいというユーザーや、記念日にプロの写真を残したい人に好評なようです。

SNSといえば、TwitterやInstagram、Facebookといった、グローバルで、見知らぬ人ともつながれるサービスをイメージしがちです。そこには、炎上だったり嫉妬だったり、負の感情もしばしば生まれます。

その裏で日本には、SNS黎明期に隆盛を誇ったミクシィが生み出した、家族という小さな単位のための、写真・動画とコメントだけというSNSが静かに普及しています。炎上や嫉妬をしそうな人とは元からつながらない、小さな子供の成長を喜んでくれる親族だけで見守る温かいSNSが、たくさんの人々の生活に根付いて利用されているのです。

▲編集担当者の家庭では、担当者(祖父)、同じくみてねで子供の写真を配信している叔父がコメントを寄せ合うなど、2つの核家族をつなぐ親族SNSとなっている
《岡田有花》
岡田有花

フリー記者・編集者。ITmedia NEWS記者→nanapi編集者→フリーで執筆、編集など。若い頃は「IT戦士ゆかたん」としても活動していました。

特集

あなたへのおすすめ

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ 画像
ゲーム

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ

米マイクロソフトは16日(米現地時間)、企業向けコラボレーションツールTeams内でカジュアルゲームが遊べる「Games for Work」を正式発表しました。

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩 画像
テクノロジー

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩

11月16日、NASAがアポロ計画以来の月面有人探査を行うアルテミス計画の第1弾となる、Artemis Iミッションの打ち上げを実施しました。

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox) 画像
テクノロジー

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox)

不鮮明な顔写真を高精細化するiOSアプリ「Remini」がWebサービスになり、iPhoneユーザー以外にも使えるようになりました。動画もサポートしているので、使ってみました。

レンズ交換式の「Xiaomi 12S Ultra Concept」はスマホとデジカメの関係を変えるゲームチェンジャーとなるか(山根康宏) 画像
ガジェット

レンズ交換式の「Xiaomi 12S Ultra Concept」はスマホとデジカメの関係を変えるゲームチェンジャーとなるか(山根康宏)

シャオミが突如発表したコンセプトスマートフォン「Xiaomi 12S Ultra Concept」は、スマートフォンであるのに背面にレンズが交換できるデジタルカメラのような製品だ。