FOLLOW US
  • twitter

iPhone 14 Pro発売前に、iPhone 15 Pro(仮)以降の新機能予測まとめ:USB-C採用やペリスコープ望遠レンズなど

ガジェット スマートフォン
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

iPhone 14 Pro発売前に、iPhone 15 Pro(仮)以降の新機能予測まとめ:USB-C採用やペリスコープ望遠レンズなど
  • iPhone 14 Pro発売前に、iPhone 15 Pro(仮)以降の新機能予測まとめ:USB-C採用やペリスコープ望遠レンズなど
  • iPhone 14 Pro発売前に、iPhone 15 Pro(仮)以降の新機能予測まとめ:USB-C採用やペリスコープ望遠レンズなど

今年の最新モデルiPhone 14シリーズの予約受付が始まり、お手元に届くのを待っている読者諸兄も少なくないはず。新機能への期待に胸を膨らませているなかで、2023年の「iPhone 15 Pro」に関する噂話をざっとまとめてみましょう。

■USB-Cポートの搭載

これまでiPhoneは10年近くLightning端子を採用し続けていますが、近いうちにUSB-Cへの移行がほぼ確実とみられています。なぜなら、EUが2024年秋までに加盟諸国で販売されるスマートフォンやアクセサリーの充電端子にUSB-Cの採用を義務づける「共通充電機器法」を施行する予定のため。

ほかインドやブラジルでも同じような動きがあり、今後もこれらの国や地域でiPhoneを販売し続けるには、USB-Cの採用を迫られています。

では、具体的にはいつになるのか。有名アナリストMing-Chi Kuo氏は、「2023年後半の新型iPhone」つまりiPhone 15からだと述べていました。またアップルの社内事情に詳しいBloombergのMark Gurman記者もUSB-Cを搭載したiPhoneがテスト中と伝えています。

iPhone 15のどのモデルにUSB-Cが搭載されるかは不明ですが、今後アップルはiPhoneのProモデルと標準モデルとの差別化を大きくしていく(利益率の高いProの売上を増やすため)と予想されていることから、Proモデル独占になる可能性もあります。

同じiPhoneなのに一斉移行しないのは意外にも思えますが、iPad ではLightningとUSB-Cの混在が長らく続いています。

■ディスプレイ埋込み型のTouch ID(指紋認証)

今なお人気の高い指紋認証 Touch IDは、立体顔認証 Face IDを採用したiPhone X以降のフラッグシップ機では戻ってくる気配が一向にありません。そのため、新型iPhoneが話題に上るたび「今年こそTouch IDが戻ってくる」という期待が定期的に浮上しています。

とはいえ、今さら画面の下に分厚いアゴと物理ホームボタンを復活させることはあり得ないため、指紋センサーが画面直下(裏側)にあるディスプレイ埋込み型の方向で推測されている次第です。

実際、複数の情報源から「アップル社内で試作機をテストしている」との噂は何度か報じられていました。

たとえば米The Wall Street Journalは、画面下Touch IDとして光学センサーを使っており、超音波方式よりも「信頼性が高い可能性がある」と話を聞いたと報道(一般的には光学式>超音波式は考えにくいのですが)。

また、おなじみGurman記者も2021年に「次のフラッグシップiPhoneに画面下Touch IDをテストしていた」として、長期的には可能性がある含みを持たせていました。

しかし、かつて画面下Touch IDに前向きだったKuo氏はトーンダウンしており、少なくとも2023年~2024年のiPhoneでは実現しないかもとツイート。なぜなら「 iPhone のマスクしながらFace IDは、すでに優れた生体認証ソリューションです」とのことで、もうTouch ID要らないんじゃない?という論調となっています。

それでも可能性が完全に否定されたわけではないため、2023年に画面下Touch IDが降臨することを信じる個人の自由はあると思われます。

■3nmの「A17 Bionic」チップ

iPhone 14 Proモデルに搭載されたA16 Bionicは4nmプロセス製造ですが、それに対してiPhone 15 Pro用の「A17 Bionic]チップは3nm製造となることが有力視されています。

なぜなら、Appleシリコン(アップル独自開発チップ)の製造を請け負う台湾TSMCが、2023年内には3nm技術による量産を始めることがほぼ確実なためです。

TSMCが2022年内の3nm(N3)での量産をあきらめる可能性はありますが(TSMC公式には「できる」と主張 )それでも派生プロセスの「N3E」が2023年後半に間に合うことに異論は上がっていません。そして同社の最先端技術が投入されるのは、まず最大の顧客であるアップルの製品となるはず。

一般論として、3nmプロセスはA14とA15に使われた5nmプロセスと比べて、同じ消費電力では最大15%は性能が向上すると言われています。もちろん、これがAppleシリコンにそのまま当てはまるとは限りません。

■ペリスコープ望遠レンズ(iPhone 15 Pro Max専用)

ここ数年にわたり噂されてきたペリスコープ望遠レンズが、ようやくiPhone 15世代にやってくる可能性も高まっています。

ペリスコープ方式とは、レンズやミラーで光の向きを変え、本体に対して横方向にレンズを置くことで、従来のタテ重ね式よりも厚みを抑え、スマートフォンのような薄型デバイスでも高倍率の光学ズームを実現できる技術です。

この説も複数の情報源が唱えており、ひとりはHaitong Intl Tech ResearchのアナリストJeff Pu氏です 。もう1人は、2年前から主張していたMing-Chi Kuo氏。当初Kuo氏は「2022年モデル」(iPhone 14世代)と言っていましたが、後にiPhone 15世代へと軌道修正しています。

ただし、Pu氏もKuo氏も「iPhone 15 Pro Max」のみで、「iPhone 15 Pro」には積まれないことでは一致しています。本体サイズが大きく、内部空間にも余裕がある「Pro Max」モデル限定の機能には前例があり、iPhone 12世代でもPro Maxのみにセンサーシフト式手ぶれ補正が搭載されたことがありました。

しかし、Kuo氏は「iPhone 15世代ではProとPro Maxでも差が付けられる」とも述べています。なぜなら高額なモデルを魅力的にして、より多くの売上/利益を生み出すためとの分析です。

もしかすると、技術的にはiPhone 15 Proにペリスコープ望遠レンズが積めるがあえて見送り、Pro Maxを多く売るために独占機能とする……という展開もあり得そうです。

《Kiyoshi Tane》
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

あなたへのおすすめ

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く 画像
テクノロジー

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く

有人飛行用に設計された宇宙船が到達した最も地球から遠くに到達した記録はこれまで、アポロ13号の司令船「Odyssey」による、地球から40万171kmの地点でした。

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加 画像
テクノロジー

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加

2007年、当時17歳にしてiPhoneに自由にアプリをインストール可能にする「脱獄」を成功させ、2011年にはPlayStation 3をハッキングしてソニーに訴えられた伝説のハッカー”GeoHot”ことジョージ・ホッツ氏が、イーロン・マスク氏率いるTwitterに期間限定で加わっています。

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組 画像
テクノロジー

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組

ソフトバンク株式会社と双葉電子工業株式会社は、最大5mの土砂やがれきに埋まったスマートフォンの位置を特定するドローンシステムの実証実験に成功したと発表しました

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox) 画像
ガジェット

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox)

Bluetooth対応の持ち歩き可能なレコードプレーヤー「サウンドバーガー」を、公園とマクドナルドで試してみました。