FOLLOW US
  • twitter

Apple Watch Pro(仮)は新デザインでバッテリー大幅改善?血圧や血糖値センサーは2025年以降か

ガジェット ウェアラブル
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

著書に『宇宙政治の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

Apple

今年(2022年)秋の新型Apple Watchは3種類あり、うち1つはエクストリームスポーツにも耐えられるタフモデルになるとの予測は、複数の事情通や著名アナリストが主張する有力説となっています。

タフモデルは最上位の位置付けで、Apple Watch史上で最大の画面サイズ、衝撃に強く割れにくいディスプレイカバーなどのプレミアム価値もあるため「Apple Watch Pro」になるとの予想もありました。

そんなApple Watch Pro(仮)について、数年ぶりにデザインが変更されることや、一度の充電で数日使えるようになるといった説が伝えられています。

今回も発信源は、アップルの未発表製品に詳しいBloombergのMark Grurman記者によるニュースレター「Power On」。このところGurman氏は毎週のように次期Apple Watchの情報を小出しにしており、さながら週刊Apple Watchの趣きもあります。

Gurman氏の説を一部引きつつ、他アナリストの見解やこれまでの経緯、補足とともに見てゆくと、まずハイエンドで頑丈なProモデルの画面が約7%大きくなり、大容量バッテリーが搭載される見通しは、以前も述べたことの再確認です。その大きさは「一部の顧客にしかアピールできないかもしれないほど」と人を選ぶことを強調。

すでにSeries 7の45mmでも大きすぎるとの声も聞こえてきますが、それ以上であればニッチな製品になる予感もあります。

特に興味深いのは、「新たな低電力モード」によって一度の充電で数日も持つというスタミナでしょう。ここでいう低電力モードとは、Apple Watch Series 8(Proモデル含む)専用と予想されている新機能のこと。

6月のWWDC 2022にて次期watchOS 9の一部として発表が見込まれていたものの、アップルの言及がなかった経緯があります。

すでにある「省電力モード」との違いは、アプリや様々な機能を使い続けられること。要はiPhoneやMacの低電力モードのように、「時刻の表示」以外のことをある程度は可能にするわけです。

この低電力モードと大容量バッテリーの組み合わせにより、Apple Watch最大のネックだった「日をまたいで使えない」(公称の持続時間は最大18時間)壁を乗り越えると思われます。山や海などエクストリームな環境で助けを呼ぶかもしれない人にとっては、命綱として頼もしくなりそうです。

もう1つの目玉は、Proモデルは2018年(Apple Watch Series 4)以来の新たなデザインを採用すること。円状ではなく、Series 7発売前に噂されていたフラットサイド(直線的な側面)でもなく、「現在の長方形のフォームを進化させたもの」になると表現しています。

またケース素材には、より耐久性の高いチタン合金が使われ、より頑丈になるとのこと。前は「スチールやチタンが使われるかも」といわれていましたが、より絞り込まれたかっこうです。

以上が楽しみな新要素ですが、一方で「2022年モデルでは望み薄」な数年待ちのテクノロジーにも触れられています。

それは血糖値モニターと血圧センサーの2つ。血圧機能はおそらく2025年までやってこず、血糖値の測定は2020年代の終わり近くまで準備できないとされています。ちょうどアップルはiPhoneとApple Watchがいかに健康に貢献しているかをまとめたレポートを発表した直後ですが、しばらくは人類のあらゆる健康管理までは手が届かなさそうです。

アップルが社内では血糖値モニタリング、血圧測定および体温測定センサーの3つに取り組んでいることは、数年前から噂されていました。しかし、今年初めには血糖値センサー(特に注射針で採血の必要がない非侵襲性)の開発が難航しており、血圧測定も最低でも2~3年は先だとの報道もありました。それから数ヶ月が経ちましたが、さほど進展はなかったようです。

今年のプロセッサは現行モデルSeries 7のS7と大差なく、新たな健康センサーも体温測定だけ(具体的な数字は表示されず、「発熱がある」の警告程度)との予想が固まりつつあります。が、アップルが防水性能の強化に繋がる特許を出願していることもあり、エクストリームスポーツを嗜む人は期待してもいいかもしれません。

Source:Bloomberg
via:MacRumors

《Kiyoshi Tane》
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

著書に『宇宙政治の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

あなたへのおすすめ

AIと人間、どちらが描いたかは意味がなくなる。日本初のAI画集(紙)を出すアーティスト、852話さんが考えていること 画像
テクノロジー

AIと人間、どちらが描いたかは意味がなくなる。日本初のAI画集(紙)を出すアーティスト、852話さんが考えていること

日本初の紙でのAI画集を出版するアーティストにインタビューしました。

松尾公也
松尾公也
Logitech Gのクラウド携帯ゲーム機『Cloud』正式発表。12時間駆動で350ドルのAndroid端末 画像
ゲーム

Logitech Gのクラウド携帯ゲーム機『Cloud』正式発表。12時間駆動で350ドルのAndroid端末

Logitech がクラウド専用ゲーム機を正式発表しました。名称はシンプルに『Cloud』。ゲーミングブランド

Ittousai
Ittousai
地獄の沙汰もノリ次第なFPS音ゲー『Metal:Hellsinger』発売。メタル界の大物多数参加、ビートと一緒に悪魔も刻む爽快感 画像
ゲーム

地獄の沙汰もノリ次第なFPS音ゲー『Metal:Hellsinger』発売。メタル界の大物多数参加、ビートと一緒に悪魔も刻む爽快感

ゲームパブリッシャーFuncomが、『Battlefield 3』『Pay Day 2』などを手がけたDavid Goldfarb氏が立ち上げたThe Outsiders制作のリズムFPSゲーム『Metal:Hellsinger』を発売しました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
二次元キャラに強い中国の画像生成AI『ERNIE-ViLG』、検閲で「プーさん」は描けず。NGワード多数 画像
テクノロジー

二次元キャラに強い中国の画像生成AI『ERNIE-ViLG』、検閲で「プーさん」は描けず。NGワード多数

中国のIT大手Baidu(百度)が開発し、二次元キャラの生成に強いことでも話題になっている画像生成AI「ERNIE-ViLG」で、特定のワードを使った画像生成がブロックされることをMIT Technology Reviewが伝えています。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
iPhone 14 / 14 Pro本日発売。先行レビュー&新機能まとめ 画像
ガジェット

iPhone 14 / 14 Pro本日発売。先行レビュー&新機能まとめ

2022年9月16日、ついにiPhone 14 / iPhone 14 Proシリーズが発売となりました。ここではiPhone 14 / iPhone 14 Proの先行レビュー、発表時の情報をまとめてお届けします。

こばやしなおき
こばやしなおき
テクノエッジ創刊のご挨拶 画像
テクノロジー

テクノエッジ創刊のご挨拶

初めましての方は初めまして。そうでないかたは大変お待たせしました。テクノロジーメディア TechnoEdge テクノエッジ、本日より始動します。

Ittousai
Ittousai