FOLLOW US
  • twitter

アップルのAR/VRヘッドセットは第二世代から廉価版も追加、2025年発売?著名アナリストが予測

ガジェット XR / VR / AR
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

著書に『宇宙政治の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

Image:Ian Zelbo

アップルがAR/VRヘッドセットを開発中であり、その初代となる製品を2023年の早い時期に発売するとの予想は、複数の情報源が伝えてきたことです。しかしその価格は3000ドルに上るとの説もあり、当初は開発者やアーリーアダプター向けの高級かつニッチな位置づけになると見られています。

そんななか、同社が早くも第二世代ヘッドセットの開発に取り組んでおり、2025年には新たに廉価モデルも加えたラインナップになると予測するアナリストがいます。

第二世代製品について発信したのは、アップルの未発表製品に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏。最近のKuo氏はAR/VRヘッドセット全般に興味があるらしく、Metaの次世代高級ヘッドセット(最近の通称は「Meta Quest Pro」)についても何度か発信しています

Kuo氏によれば、すでにアップルは第2世代ヘッドセットについてサプライヤーと交渉中。以前もKuo氏は、初代の製品が重さ300g~400gになるとしつつ、第2世代はそれより軽くなり、フォームファクタやバッテリー、プロセッサなども改善されると述べていたことがあります。


最新のブログ記事では、第2世代ヘッドセットは2種類のモデルで登場すると予想しています。1つは高価な初代のヘッドセットをより優れたハードウェアに刷新したもので、もう1つが「より手頃な価格」のモデルです。

これまでの噂話を総合すると、アップルの初代ヘッドセットはMicro OLEDディスプレイx2とAMOLEDパネルx1を組み合わせた「革新的な3枚ディスプレイ」構成となり、周囲の環境やジェスチャーも検出できる高度なセンサーを備え、Mac並みのプロセッサを搭載してリアルなグラフィックを実現することになります。

それだけ複雑かつハイエンドであれば、価格が高くなりすぎるのも避けられません。そのためアップルは、iPhoneやiPadで安価なエントリーモデルを用意してきたように、ある程度はハードウェア的に妥協しながらも新たなAR/VR体験を多くの人々にもたらす廉価モデルを用意するのは自然とも思われます。

アップルの初代AR/VRヘッドセットは、まもなくEVT(エンジニアリング検証テスト)に入り、量産の準備が本格化するはず。そして2022年後半には発表し、2023年1月に発売と見られています。少し前には6月のWWDC 2022(世界開発者会議)で発表と予想されていたものの、Kuo氏は競合他社にコピーする時間を与えないために先送りにすると述べており、実際にお披露目はありませんでした。

第2世代製品については、すでに韓国LGディスプレイがMicro OLEDパネルを供給するという具体的な噂話も飛び出しています

Kuo氏はアップルのAR/VR製品の出荷台数が「第二世代製品のセグメンテーション戦略とエコシステム」のおかげで2025年~2026年には1000万台に到達すると大胆な予想をしています。その域に達するには3000ドルから相当な値下げが必要と思われますが、安さを武器としたMeta製品のように数百ドル程度まで下げる覚悟があるのか、今後の続報を待ちたいところです。

《Kiyoshi Tane》
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

著書に『宇宙政治の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

あなたへのおすすめ

AIと人間、どちらが描いたかは意味がなくなる。日本初のAI画集(紙)を出すアーティスト、852話さんが考えていること 画像
テクノロジー

AIと人間、どちらが描いたかは意味がなくなる。日本初のAI画集(紙)を出すアーティスト、852話さんが考えていること

日本初の紙でのAI画集を出版するアーティストにインタビューしました。

松尾公也
松尾公也
Logitech Gのクラウド携帯ゲーム機『Cloud』正式発表。12時間駆動で350ドルのAndroid端末 画像
ゲーム

Logitech Gのクラウド携帯ゲーム機『Cloud』正式発表。12時間駆動で350ドルのAndroid端末

Logitech がクラウド専用ゲーム機を正式発表しました。名称はシンプルに『Cloud』。ゲーミングブランド

Ittousai
Ittousai
地獄の沙汰もノリ次第なFPS音ゲー『Metal:Hellsinger』発売。メタル界の大物多数参加、ビートと一緒に悪魔も刻む爽快感 画像
ゲーム

地獄の沙汰もノリ次第なFPS音ゲー『Metal:Hellsinger』発売。メタル界の大物多数参加、ビートと一緒に悪魔も刻む爽快感

ゲームパブリッシャーFuncomが、『Battlefield 3』『Pay Day 2』などを手がけたDavid Goldfarb氏が立ち上げたThe Outsiders制作のリズムFPSゲーム『Metal:Hellsinger』を発売しました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
二次元キャラに強い中国の画像生成AI『ERNIE-ViLG』、検閲で「プーさん」は描けず。NGワード多数 画像
テクノロジー

二次元キャラに強い中国の画像生成AI『ERNIE-ViLG』、検閲で「プーさん」は描けず。NGワード多数

中国のIT大手Baidu(百度)が開発し、二次元キャラの生成に強いことでも話題になっている画像生成AI「ERNIE-ViLG」で、特定のワードを使った画像生成がブロックされることをMIT Technology Reviewが伝えています。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
iPhone 14 / 14 Pro本日発売。先行レビュー&新機能まとめ 画像
ガジェット

iPhone 14 / 14 Pro本日発売。先行レビュー&新機能まとめ

2022年9月16日、ついにiPhone 14 / iPhone 14 Proシリーズが発売となりました。ここではiPhone 14 / iPhone 14 Proの先行レビュー、発表時の情報をまとめてお届けします。

こばやしなおき
こばやしなおき
テクノエッジ創刊のご挨拶 画像
テクノロジー

テクノエッジ創刊のご挨拶

初めましての方は初めまして。そうでないかたは大変お待たせしました。テクノロジーメディア TechnoEdge テクノエッジ、本日より始動します。

Ittousai
Ittousai