FOLLOW US
  • twitter

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩

テクノロジー Space
Munenori Taniguchi

Munenori Taniguchi

ウェブライター

  • twitter

ガジェット全般、サイエンス、宇宙、音楽、モータースポーツetc... 電気・ネットワーク技術者。実績媒体Engadget日本版, Autoblog日本版, Forbes JAPAN他

特集

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩
  • 再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩
  • 再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩
  • 再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩

11月16日、NASAがアポロ計画以来の月面有人探査を行うアルテミス計画の第1弾となる、Artemis Iミッションの打ち上げを実施しました。

NASAはフロリダ州のケネディ宇宙センターから、Orion宇宙船を搭載したSpace Launch System(SLS)ロケットを轟音とともに上昇させ、月面、そして火星を目指す壮大な計画の第1歩を踏み出しました。

Artemis Iのミッションは、無人のOrion宇宙船に月を周回させて帰還させる試験飛行です。とはいえNASAにとってはおよそ50年ぶりの飛行士を乗せられる宇宙船を月へ送り込むミッションであり、2025年までに飛行士を月面に降り立たせる準備ができているかを確認する、重要なチェックポイントでもあります。

数日前には、発射場に接近したハリケーン・ニコルの影響が懸念されていました。しかしこれについては、チームによる驚異的な点検作業によって事前にあらゆる問題がクリアされました。しかし延期を重ねてきたこれまでの打ち上げの試みと同じように、今回も打ち上げ直前になって細かい不具合がいくつか発見されていました。

最初は、打ち上げの約3時間前に行われたSLS上段への給油作業で、断続的な燃料漏れが発見されていました。NASAはすぐにチームを派遣し、パッキン部分の結合を確認、ボルトの増し締めで対策を実施し解決したとのこと。

続いて見つかったのは、米宇宙軍の発射場内レーダーサイトで使われるイーサネットスイッチの不具合。これによって、交換品を用意するまでの間レーダーサイトは使えなくなっていました。

この問題は、計画的に打ち上げ10分前でカウントダウンを一旦停止し、最終確認を行っている最中に復旧が報告されました。またサイトからロケット打ち上げ後のAbortシステムにきちんとコマンドを送信できるかも確認できたとのこと。

その他、SLSではハリケーン・ニコルの影響で緩みがあるかもしれないとされたコーキング類なども再確認されていました。

しかし、今回は最後まで打ち上げを妨げるほどの問題は発生せず、NASAは打ち上げを実行に移すことができました。

Orion宇宙船は打ち上げから約18分後に太陽光パネルの展開を実施、約45分後には地球周回軌道に乗りました。

そして数十分後には地球の低軌道を離れて、約40万km彼方の月へ向かうための燃料噴射を実施しました。機体の時速は3万6370kmにまで加速し、記事執筆時点では順調に月へ向かっています。

ちなみに、いちおう無人ではあるものの、Orion宇宙船の操縦席には「Moonikin Campos船長」なるマネキン人形が座って、月へのミッションを指揮(?)しています。他の搭乗クルーにはHelga と Zohar とニックネームが付けられた2体のマネキンが、宇宙放射線から飛行士を保護するために設計されたAstroRadと呼ばれるベストを着用してテストデータを収集する任務を担当します。

さらに、NASAが乗せたスヌーピー(のぬいぐるみ)と、ESAが送り込んだひつじのショーン(のぬいぐるみ)が船内にいますが、彼らは席に着いていないはずなので、今後は船内の映像や画像が送られて来た際に、そこらへんに浮かんでいるのが確認できるかもしれません。


アポロ11 完全版 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]
¥5,791
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Munenori Taniguchi》
Munenori Taniguchi

Munenori Taniguchi

ウェブライター

  • twitter

ガジェット全般、サイエンス、宇宙、音楽、モータースポーツetc... 電気・ネットワーク技術者。実績媒体Engadget日本版, Autoblog日本版, Forbes JAPAN他

特集

あなたへのおすすめ

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く 画像
テクノロジー

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く

有人飛行用に設計された宇宙船が到達した最も地球から遠くに到達した記録はこれまで、アポロ13号の司令船「Odyssey」による、地球から40万171kmの地点でした。

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加 画像
テクノロジー

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加

2007年、当時17歳にしてiPhoneに自由にアプリをインストール可能にする「脱獄」を成功させ、2011年にはPlayStation 3をハッキングしてソニーに訴えられた伝説のハッカー”GeoHot”ことジョージ・ホッツ氏が、イーロン・マスク氏率いるTwitterに期間限定で加わっています。

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組 画像
テクノロジー

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組

ソフトバンク株式会社と双葉電子工業株式会社は、最大5mの土砂やがれきに埋まったスマートフォンの位置を特定するドローンシステムの実証実験に成功したと発表しました

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox) 画像
ガジェット

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox)

Bluetooth対応の持ち歩き可能なレコードプレーヤー「サウンドバーガー」を、公園とマクドナルドで試してみました。