FOLLOW US
  • twitter

折りたたみスマホ Galaxy Z Fold4発表。カメラとプロセッサ強化、Android 12L初搭載でマルチタスク最適化

ガジェット スマートフォン
Ittousai

Ittousai

  • twitter

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

Galaxy Z Fold4
  • Galaxy Z Fold4
  • Galaxy Z Fold4
  • Galaxy Z Fold4
  • Galaxy Z Fold4
  • Galaxy Z Fold4
  • Galaxy Z Fold4
  • Galaxy Z Fold4
  • Galaxy Z Fold4

8月10日のイベントUnpacked 2022で、サムスンがフォルダブル / 折り畳み画面スマホの新製品 Galaxy Z Fold4 / Galaxy Z Flip4を発表しました。

Galaxy Z Fold4 は開けば対角7.6インチQXGA+の大画面に、畳めば6.2インチ HD+の細いカバー画面で使えるフォルダブルスマホ。四代目となるFold4はカメラとプロセッサの強化、および本体のわずかな薄型軽量化が主な改良点です。

先代Z Fold3 のメインカメラは二倍ズーム望遠・広角・超広角のトリプル構成でしたが、センサ画素数はいずれも12Mピクセルで、カメラに注力したGalaxy Sシリーズの上位モデルと比較すれば物足りない性能でした。

Z Fold4 では三倍ズーム10MP F2.4望遠、50MP F1.8広角、12MP F2.2超広角の組み合わせに強化。大型センサを載せたカメラ特化スマホにはまだ及ばないものの、ピクセルサイズ拡大や23%明るくなったセンサなど、先代Z Fold3よりも大きく進歩しました。

開いたメイン画面右上のアンダーディスプレイカメラは、画面表示によってはまるで隠れていない状態でしたが、Z Fold4ではレンズと重なった部分のピクセル配置を変更し微妙に目立ちにくくなっています。

ディスプレイは開いたメインが7.6インチ2176 x 1812 (21.6:18) Dynamic AMOLED 2X Infinity Flex Display 120Hzアダプティブリフレッシュレート。閉じたカバー画面が6.2インチ2316 x 904 (23.1:9) Dynamic AMOLED 2X Display。対角のサイズ表記は先代と変わりませんが、微妙にベゼルが狭く、ディスプレイの占有率が高くなりました。

プロセッサはフラッグシップに相応しい Snapdragon 8+ Gen1。RAMは変わらず12GB。ストレージオプションに1TBが加わったのは更新点です。

本体デザインとしては、ヒンジ部分および畳んだ状態の厚みがごくわずかに薄くなり(16mmから15.8mm!)、本体重量はZ Fold3の271gから263gとわずかに軽くなりました。特徴的な細長いカバー画面は左右のベゼルが細くなり、表示領域の幅が広くなっています。

SIMはNano SIM x2 / eSIM x1。ですが、販売地域とキャリアによっては塞いでくるかもしれません。

米国での本体カラバリはグレイグリーン、ファントムブラック、ベージュ、およびSamsung.com限定のバーガンディ。

フレキシブルなメイン画面は、素材と構造の改良によりZ Fold3比で45%強くなったとしています。カバー画面と背面のガラスは、史上最高強度をうたうゴリラガラスVictus+。IPX8の防水は先代と変わりません。

Z Fold3 に続き専用のS Pen Fold Edtion(別売)に対応しますが、本体に収納したりクリップする機能には非対応。ペンを収納できるカバーは用意します。

OSは Google がフォルダブルを含む大画面端末のために開発した Android 12Lを初めて出荷時搭載。

海外価格は1799ドルから。Foldシリーズは代を重ねるごとに改良が進み価格も下がっていましたが、Z Fold4は先代と比較して下げ止まりです。

ハードウェア部分の「より薄く・より軽く」は何としても絞り出したような僅差ですが、この世代はAndroid OS自体やサムスン側のOne UI、そしてGoogle・Microsoftといったパートナーとの協力を通じて、大画面やアスペクト比の変わる画面に最適化したマルチタスクなど、アプリ側の使い勝手を成熟させるフェイズのようです。

《Ittousai》
Ittousai

Ittousai

  • twitter

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

あなたへのおすすめ

二次元キャラに強い中国の画像生成AI『ERNIE-ViLG』、検閲で「プーさん」は描けず。NGワード多数 画像
テクノロジー

二次元キャラに強い中国の画像生成AI『ERNIE-ViLG』、検閲で「プーさん」は描けず。NGワード多数

中国のIT大手Baidu(百度)が開発し、二次元キャラの生成に強いことでも話題になっている画像生成AI「ERNIE-ViLG」で、特定のワードを使った画像生成がブロックされることをMIT Technology Reviewが伝えています。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
iPhone 14 / 14 Pro本日発売。先行レビュー&新機能まとめ 画像
ガジェット

iPhone 14 / 14 Pro本日発売。先行レビュー&新機能まとめ

2022年9月16日、ついにiPhone 14 / iPhone 14 Proシリーズが発売となりました。ここではiPhone 14 / iPhone 14 Proの先行レビュー、発表時の情報をまとめてお届けします。

こばやしなおき
こばやしなおき
ソニー、19万円のXperia 1 IVゲーミングエディション発表。空冷ファン内蔵の「ゲーミングギア」付属 画像
ガジェット

ソニー、19万円のXperia 1 IVゲーミングエディション発表。空冷ファン内蔵の「ゲーミングギア」付属

ソニーは、Androidスマートフォン「Xperia 1 IV」のSIMフリーモデルを9月16日に発売します。また10月中旬には、空冷ファンやマルチポートを備えたXperia 1 IV専用アクセサリ「Xperia Stream for Xperia 1 IV」(XQZ-GG01)も発売予定です。

関根慎一
関根慎一
はじめるなら今!9日発売『スプラトゥーン3』で初塗りのススメ 画像
ゲーム

はじめるなら今!9日発売『スプラトゥーン3』で初塗りのススメ

2022年9月9日にNintendo Switchで『スプラトゥーン3』が発売されます。この記事は、スプラトゥーンが大好きな筆者がただひたすらに「スプラトゥーン3を遊んで欲しい」と訴えかける内容となっています。

砂流 恵介
砂流 恵介
5分でわかるアップル新製品まとめ。 iPhone 14 Proはノッチ廃止、シリーズ史上最も屈強なApple Watch Ultraも 画像
ガジェット

5分でわかるアップル新製品まとめ。 iPhone 14 Proはノッチ廃止、シリーズ史上最も屈強なApple Watch Ultraも

米国時間の9月7日に開催されたAppleのイベント「Far Out」にてiPhone 14シリーズやApple Watch Ultra、Apple Watch Series 8、新型AirPods Proなどが発表されました。

こばやしなおき
こばやしなおき
テクノエッジ創刊のご挨拶 画像
テクノロジー

テクノエッジ創刊のご挨拶

初めましての方は初めまして。そうでないかたは大変お待たせしました。テクノロジーメディア TechnoEdge テクノエッジ、本日より始動します。

Ittousai
Ittousai