FOLLOW US
  • twitter

アップル製品多数が約15~27%値上げ。iPhone 13は約2万円増の11万7800円から

ガジェット スマートフォン
橋本新義

橋本新義

IT系とゲーム系のフリーライター(タイプ:出オチ)

  • facebook
  • twitter

PCとキーボードやディスプレイなどの周辺機器、スマートフォン、シューティングゲームなどを好むおじさん。隙あれば出オチやネタ、製品にまつわる余談やいい話を組み込もうとして記事が長くなる程度の能力を持つ。アイコンは漫画家『餅月あんこ』先生の筆による似顔絵です。

特集

アップル製品多数が約15~27%値上げ。iPhone 13は約2万円増の11万7800円から
  • アップル製品多数が約15~27%値上げ。iPhone 13は約2万円増の11万7800円から
  • アップル製品多数が約15~27%値上げ。iPhone 13は約2万円増の11万7800円から
  • アップル製品多数が約15~27%値上げ。iPhone 13は約2万円増の11万7800円から
  • アップル製品多数が約15~27%値上げ。iPhone 13は約2万円増の11万7800円から
  • アップル製品多数が約15~27%値上げ。iPhone 13は約2万円増の11万7800円から
  • アップル製品多数が約15~27%値上げ。iPhone 13は約2万円増の11万7800円から
  • アップル製品多数が約15~27%値上げ。iPhone 13は約2万円増の11万7800円から
  • アップル製品多数が約15~27%値上げ。iPhone 13は約2万円増の11万7800円から

7月1日、アップルの直販サイトにて、iPhoneをはじめとするほぼすべての製品価格が値上げとなりました。主要製品での値上げ率は、およそ15~20%といったところですが、中には約27%となった製品もあります。

対象となったのは、iPhoneをはじめ、iPadにApple Watch、Apple TVとAirPods、各種アクセサリなど。既に値上げとなっていたMac以外の製品すべてと呼べるほどの広範囲に及びます。


▲もっとも影響が大きそうなのがiPhone 13。約11.8万円スタートに


これにより、たとえばiPhone 13 mini 128GB版は、9万9800円(税込、旧価格では8万6800円)からに。つまりiPhone 13系は約10万円からのスタートとなります。

またiPhone 13 128GB版は11万7800円(旧価格9万8800円)からと、一気に10万円超えどころか、12万円に迫る価格になっています。

▲無印iPadは4万9800円からに。3万9800円からの1万円はインパクト大でしょう

そしてiPad 64GB版も4万9800円(旧価格3万9800円)からと、一気に約5万円からのスタートに。
正直なところ、このあたりの心理的な値上げ感はかなり大きなものとなります。

▲値上げ率が大きいのはAirPodsシリーズ。Proでは27%近い上昇に

また、値上げ率で目立つのはAirPodsシリーズです。
AirPods Proは3万8800円となりましたが、旧価格は3万580円だったため、26.9%ほどの値上げに。
そしてAirPods Maxは8万4800円(旧価格6万7980円)と、1万6820円、24.7%ほどの値上げ。なおこの値上げ分は、奇しくも値上げ前の第2世代AirPods(1万6800円)とほぼ同額に当たります。



今回値上げとなった主な製品の新価格と旧価格(カッコ内、いずれも税込)は、以下の通り。iPhoneやiPadなどは、最廉価グレードの価格を記載しています。
なお、冒頭でも紹介したように、この他にもApple Watchのバンドや各種アクセサリなども値上げ対象となっています。

■iPhone
iPhone 13……11万7800円(9万8800円)
iPhone 13 mini……9万9800円(8万6800円)
iPhone 13 Pro……14万4800円(12万2800円)
iPhone 13 Pro Max……15万9800円(13万4800円)

iPhone SE……6万2800円(5万7800円)

iPhone 12……10万2800円(8万6800円)
iPhone 12 mini……8万7800円(6万9800円)
iPhone 11……7万2800円(6万1800円)

■iPad
iPad……4万9800円(3万9800円)
iPad Air……8万4800円(7万4800円)
iPad Pro 11……11万7800円(9万4800円)
iPad Pro 12.9……15万9800円(12万9800円)
iPad mini……7万2800円(5万9800円)

■Apple Watch Series 7
アルミ41mm GPS……5万8800円(4万8800円)
アルミ41mm セルラー……7万3800円(6万800円)
アルミ45mm GPS……6万2800円(5万2800円)
アルミ45mm セルラー……7万7800円(6万4800円)
ステンレス41mm セルラー……9万9800円(8万2800円)
ステンレス45mm セルラー……10万6800円(8万8800円)

■Apple Watch SE
40mm GPS……4万800円(3万2800円)
40mm セルラー…… 4万7800円(3万8800円)
44mm GPS……4万4800円(3万6800円)
44mm セルラー……5万1800円(4万2800円)

■Apple TV
Apple TV 4K……2万5800円(2万1800円)
Apple TV HD……2万1800円(1万7800円)

■AirPods
第2世代……1万9800円(1万6800円)
第3世代……2万7800円(2万3800円)
AirPods Pro……3万8800円(3万580円)
AirPods Max……8万4800円(6万7980円)

■そのほか
HomePod mini……1万4800円(1万1880円)
AirTag 1個……4780円(3800円)
AirTag 4個……1万5980円(1万2800円)


▲一気に値上がった感があるAirPods Max。駆け込み購入が可能なショップがあったら即決でしょう

今回の値上げは、6月6日(米国時間)に開催されたWWDC 2022にて、Macは旧モデルを含めて価格改定がなされたことから、iPhoneなどでも近日の値上げはほぼ確実と見られていた状態。今回、7月に入った直後になされた格好です。

なお現行執筆時点では、米国での価格はこれまでと変更はありません。そのため(予想通りではありますが)Macと同じく、円安による価格改定と思われます。

●Source:アップルホームページ

《橋本新義》
橋本新義

橋本新義

IT系とゲーム系のフリーライター(タイプ:出オチ)

  • facebook
  • twitter

PCとキーボードやディスプレイなどの周辺機器、スマートフォン、シューティングゲームなどを好むおじさん。隙あれば出オチやネタ、製品にまつわる余談やいい話を組み込もうとして記事が長くなる程度の能力を持つ。アイコンは漫画家『餅月あんこ』先生の筆による似顔絵です。

特集

あなたへのおすすめ

『ソニック』映画第3弾は2024年12月20日公開予定。公式がツイート 画像
カルチャー

『ソニック』映画第3弾は2024年12月20日公開予定。公式がツイート

セガの看板ゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を題材とする映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』は、日本では8月19日から公開されますが、早くもシリーズ3作目の公開時期が明らかになりました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
著名科学者が「プロキシマ・ケンタウリ」と偽ってチョリソー写真投稿、怒られ謝罪。警鐘鳴らすためと釈明 画像
テクノロジー

著名科学者が「プロキシマ・ケンタウリ」と偽ってチョリソー写真投稿、怒られ謝罪。警鐘鳴らすためと釈明

8月1日、著名な科学者で仏代替エネルギー・原子力委員会のディレクターを務めているエティエンヌ・クライン氏が、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影したプロキシマ・ケンタウリの画像と称して1枚の写真をツイートし、その鮮やかさを賞賛しました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
iPhone 14 Pro(仮)は常時表示に対応?新たなヒントをXcodeから発見 画像
ガジェット

iPhone 14 Pro(仮)は常時表示に対応?新たなヒントをXcodeから発見

次期「iPhone 14」のうち高価なProモデルでは、Apple Watchのような常時表示が可能になると予想されています。つまりロック状態の画面でも真っ暗にならず、リフレッシュレートを落として節電しつつ時計や通知を表示し続けられる、というわけです。

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
発売から五年の『ニーア オートマタ』に「隠された教会」発見?生みの親は「ソーセージとビールが大好きです」で幕引き 画像
ゲーム

発売から五年の『ニーア オートマタ』に「隠された教会」発見?生みの親は「ソーセージとビールが大好きです」で幕引き

日本ばかりか全世界でも人気のアクションRPG『NieR:Automata』(ニーア オートマタ)が2017年に発売されてから、はや5年。

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
画像生成AI DALL·E 2、人種・性別の偏りは密かに「枠」追加で補正。研究者のハックで発覚 画像
テクノロジー

画像生成AI DALL·E 2、人種・性別の偏りは密かに「枠」追加で補正。研究者のハックで発覚

OpenAI

Ittousai
Ittousai
テクノエッジ創刊のご挨拶 画像
テクノロジー

テクノエッジ創刊のご挨拶

初めましての方は初めまして。そうでないかたは大変お待たせしました。テクノロジーメディア TechnoEdge テクノエッジ、本日より始動します。

Ittousai
Ittousai