FOLLOW US
  • rss
  • youtube

ロジのフルHDウェブカメラに新機種 BRIO 300。3色展開&手動シャッターつき

ガジェット カメラ
Ittousai

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

BRIO 300 Webcam
  • BRIO 300 Webcam
  • BRIO 300 Webcam
  • BRIO 300 Webcam
  • BRIO 300 Webcam
  • BRIO 300 Webcam
  • BRIO 300 Webcam
  • H390 Headset

Logicool がウェブカメラの新製品 BRIO 300 を発表しました。

円錐形の新スタイルと機械式のプライバシーシャッター、オフホワイトやローズも選べる3色展開が特徴のモデルです。


ウェブカメラとしての基本仕様は1080p @ 30fps / 720p @ 30fps、視野角70度、固定フォーカス。ノイズリダクション対応のモノラルマイク。

ロジのラインナップでは、解像度が低い720pのエントリー向け格安モデルよりはひとつ上。ウェブカメラの新ブランドBRIOシリーズとしては、上位にオートフォーカスやオートフレーミングに対応したBRIO 500もあります。BRIO 300は約半額でフルHD撮影ができるベーシックな製品です。

先行した BRIO 500 と同じく、本体色に定番のグラファイトだけでなくオフホワイトとローズを用意するのも特徴。外付けウェブカメラは必然的に目の前に設置するため、色にこだわる派には重要です。

本体の外装は再生プラスチック製。グラファイトも含めて、サンドストーン風のテクスチャがある素材です。

そのほかの仕様はUSB-C接続、1.5mケーブル付属、Microsoft Teams / Google Meet / Zoom認証取得など。

ロジクールオンラインストア価格は1万890円、2月2日発売。

同日にはベーシックな有線USBヘッドセット H390に新色オフホワイトとローズが加わり、カメラと色を統一できます。

最近のノートPCはテレワーク・ハイブリッドワークやリモート会議を意識して高性能なカメラやマイクアレイを搭載したり、標準でAI画像処理・音声処理を備えるものが一般的になってきました。

BRIO 300はカメラなしのモニタに設置したり、古いPCの内蔵カメラでは画質がやばすぎることに気づいた際、ひとつステップアップで購入するような位置づけの製品です。外付けなので高めに設置してあおり構図を避ける使いみちもあります。






《Ittousai》
Ittousai

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集