FOLLOW US
  • rss
  • youtube

13世代Core i7搭載のレッツノートFV4発表。数量限定でカラー天板が無料

ガジェット PC
山本竜也

20年務めた会社を辞めて、ガジェットなど好きなことをブログなどに書いて生きています。

特集

13世代Core i7搭載のレッツノートFV4発表。数量限定でカラー天板が無料
  • 13世代Core i7搭載のレッツノートFV4発表。数量限定でカラー天板が無料
  • 13世代Core i7搭載のレッツノートFV4発表。数量限定でカラー天板が無料
  • 13世代Core i7搭載のレッツノートFV4発表。数量限定でカラー天板が無料

パナソニック コネクトが、第13世代Intel Core i7-1360Pを搭載する14型モバイルノート「FV4」(CF-FV4KSCCP)を発表しました。1月16日から予約を開始、発売は3月3日の予定。価格は37万8400円~。

FV4は、公式ショッピングサイトPanasonic Store Plusで、各種カスタマイズに対応した「カスタマイズレッツノート」として展開されるモデル。レッツノートとしては初めてWi-Fi 6Eに対応。加えて、ワイヤレスWAN(4G/LTE)選択時には、FVシリーズでは初となるeSIMに対応します。有線LANにも対応しており、通信環境が充実しています。

ディスプレイは14.0型で解像度は2160 x 1440ドット(アスペクト比3:2)、4本指での操作が可能な大型ホイールパッド、2nd SSDの組み合わせで最大4TBまで対応するストレージ、Web会議などで映りが映える明るさ補正や、背景ぼかし、顔位置自動補正などを行えるカメラエフェクト機能、人の声を聞き取りやすくする「COMFORTALK(コンフォトーク)」を搭載します。

映像出力としては、HDMIのほかアナログRGB(ミニD-Sub15ピン)も搭載。そろそろD-Sub端子の出番は少なくなっているのではと思いますが、ビジネスシーンでは古めのプロジェクターなどでまだ活躍しているのかもしれません。

そのほかのインターフェースとしては、Thunderbolt 4対応のUSB3.1 Type-Cポートを2つ、USB 3.0 Type-Aを3つ、SDカードスロット、3.5mmジャックを搭載。電源は付属のACアダプターを利用しますが、USB PDでの充電も可能です。ただし、PD 85W未満では充電に時間がかかる場合があるとのこと。

207万画素のウェブカメラは顔認証に対応。別途タッチ式の指紋センサーも搭載しています。

バッテリーはSとLの2種類を用意。装着時の重さはそれぞれ約1.034Kgと1.134Kg(いずれもWWAN非搭載時)。本体サイズは幅308.6 x 奥行235.3 x 高さ18.2 mm。

早期購入特典として、約2万円相当のカラー天板2色(イルミネイティングレッド/ディープネイビー)のカスタマイズを無料で選択可能。各色先着100台まで。早期購入特典の終了後は、カラー天板のカスタマイズは選択できないとのことです。

FV4のほか、店頭向けレッツノートとして「FV3」「SR3」「SV2」「QV1」の4製品が1月20日から順次発売されます。


《山本竜也》
山本竜也

20年務めた会社を辞めて、ガジェットなど好きなことをブログなどに書いて生きています。

特集