FOLLOW US
  • twitter

Xboxトップ「プレイステーションある限りCoD新作を供給」と語る。アクティビジョン買収に向け懐柔?

ゲーム Microsoft
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

Xboxトップ「プレイステーションある限りCoD新作を供給」と語る。アクティビジョン買収に向け懐柔?

米マイクロソフト(以下、「MS」)はゲームパブリッシャー大手アクティビジョン・ブリザードの買収を進めていますが、発表から10ヶ月近くが経った今なお完了していません。

その直接的な理由は世界各国にて規制当局の承認が得られない、つまり独占禁止法に抵触する疑いが晴れないためです。が、間接的にはアクティビジョンが擁する超人気IP「Call of Duty」(以下、「CoD」)シリーズを家庭用ではXbox独占にするのではないかなど、プレイステーションを販売する競合のソニーが各国政府に強く働きかけていることが大きいと見られています。

そんな文脈のなか、Xbox事業トップのフィル・スペンサー氏が「PlayStationある限り、CoDの供給を続ける」と発言しました

この発言はYouTuberのポッドキャスト「Same Brain」で飛び出したものです。スペンサー氏は「わが社はPlayStationからCoDを奪うつもりはありません(中略)それは我々の意図するところではありません」と発言。

その例えに出したのが、『マインクラフト』(の開発元Mojang)を買収した後も、家庭用ゲーム機でのオープン戦略を続けてきたことです。「マインクラフトでも遊べる場を広げてきました。CoDの行く末を考えるときにも、同じことをしたいのです」と語っています。

最近になってフィル氏は、「CoDシリーズをプレステ向けに供給し続ける」との方針を何度も繰り返しています。先週のWall Street Journal Liveイベントでも「このフランチャイズは、PlayStationネイティブで出荷され続けます。クラウドでプレイしなければならないとか、2~3年後にゲームを引き上げるようなおとり商法は考えていません」とコメントしていました

もっとも「我々の意図は、それに意義ある限り、PlayStationにCoDを供給し続けることです…………技術はいつも移ろい続けています」と意味深なひと言も付け加えています。フィル氏やMSがどこに「意義」を見いだしているのか、いずれ技術が進化して家庭用ゲーム機が意味を持たなくなる未来を見据えているのかは不明です。

なぜ「2~3年後」と生々しい数字が出ているかといえば、おそらくPlayStationトップのジム・ライアン氏に「現行の契約期間が終わった後、3年間」CoDのプレステ版を発売すると提案したことを公に明かされ、「多くの点で不適切であり、我々のゲーマーへの影響を考慮していない」と不満を表明されたことを受けてのものでしょう。

またスペンサー氏は今回のインタビューにて、Nintendo Switch版のCoDを出したいと付け加えつつ、モバイル版の『Call of Duty Mobile』が大ヒットしていることが「より興味深い」と述べています。すなわち30億人がゲームをプレイしているとすれば、家庭用ゲーム機で遊んでいる世帯は約2億に過ぎないとのこと。

要はモバイル市場の巨大な可能性に比べれば、現在の家庭用ゲーム機戦争でPlayStationを潰すなどは考えるにも値しない、と主張したい模様です。

先月初めにも、MSはアクティビジョン・ブリザード買収の意義を説くページを開設していました。それが各国の規制当局に対する呼びかけとすれば、今回は反対勢力の筆頭であるソニーを漠然と懐柔している印象もあります。

しかし、大手プラットフォームの擁するAAAゲームに関しては、常に「時限独占」の可能性が付きまといます。実際、MS傘下にあるベセスダが開発中の『Starfield』は、今のところPS5版が出る予定がありません。CoDもプレステ版の供給を続けると約束されたとしても、Xbox版と同時とは限らず、MSがその気になれば10年20年後ということも理論的には可能でしょう。

ともあれ、この発言でソニーが態度を軟化させるのか。それとも、さらに踏み込んだ「同時かつ同じ内容、同時期に同じDLC配信」まで求めるのか。今後の成り行きを見守りたいところです。



Call of Duty: Modern Warfare II(輸入版:北米)- Xbox One
¥11,137
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《Kiyoshi Tane》
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

あなたへのおすすめ

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ 画像
ゲーム

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ

米マイクロソフトは16日(米現地時間)、企業向けコラボレーションツールTeams内でカジュアルゲームが遊べる「Games for Work」を正式発表しました。

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩 画像
テクノロジー

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩

11月16日、NASAがアポロ計画以来の月面有人探査を行うアルテミス計画の第1弾となる、Artemis Iミッションの打ち上げを実施しました。

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox) 画像
テクノロジー

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox)

不鮮明な顔写真を高精細化するiOSアプリ「Remini」がWebサービスになり、iPhoneユーザー以外にも使えるようになりました。動画もサポートしているので、使ってみました。

レンズ交換式の「Xiaomi 12S Ultra Concept」はスマホとデジカメの関係を変えるゲームチェンジャーとなるか(山根康宏) 画像
ガジェット

レンズ交換式の「Xiaomi 12S Ultra Concept」はスマホとデジカメの関係を変えるゲームチェンジャーとなるか(山根康宏)

シャオミが突如発表したコンセプトスマートフォン「Xiaomi 12S Ultra Concept」は、スマートフォンであるのに背面にレンズが交換できるデジタルカメラのような製品だ。