FOLLOW US
  • twitter

GoPro 11 Black / Mini、DJI Osmo Action 3がほぼ同時発売。Insta360も加わり「ジンバル不要」アクションカム三国時代、到来

ガジェット カメラ
松尾公也

松尾公也

  • twitter

テクノエッジ編集部 シニアエディター / コミュニティストラテジスト @mazzo

特集

GoPro 11 Black / Mini、DJI Osmo Action 3がほぼ同時発売。Insta360も加わり「ジンバル不要」アクションカム三国時代、到来
  • GoPro 11 Black / Mini、DJI Osmo Action 3がほぼ同時発売。Insta360も加わり「ジンバル不要」アクションカム三国時代、到来
  • GoPro 11 Black / Mini、DJI Osmo Action 3がほぼ同時発売。Insta360も加わり「ジンバル不要」アクションカム三国時代、到来
  • GoPro 11 Black / Mini、DJI Osmo Action 3がほぼ同時発売。Insta360も加わり「ジンバル不要」アクションカム三国時代、到来
  • GoPro 11 Black / Mini、DJI Osmo Action 3がほぼ同時発売。Insta360も加わり「ジンバル不要」アクションカム三国時代、到来
  • GoPro 11 Black / Mini、DJI Osmo Action 3がほぼ同時発売。Insta360も加わり「ジンバル不要」アクションカム三国時代、到来
  • GoPro 11 Black / Mini、DJI Osmo Action 3がほぼ同時発売。Insta360も加わり「ジンバル不要」アクションカム三国時代、到来
  • GoPro 11 Black / Mini、DJI Osmo Action 3がほぼ同時発売。Insta360も加わり「ジンバル不要」アクションカム三国時代、到来

アクションカムの老舗であるGoProから新製品「GoPro HERO 11 Black」が9月14日に登場。その1時間前には最強ドローンメーカーDJIが三代目GoProキラー「DJI Osmo Action 3」を投入してきました。9月8日にはInsta360が360度カメラ新製品「Insta360 X3」を投入しています。アクションカム三国時代がやってきたと言っていいのではないでしょうか。

これら3社に共通するのは、動き回りながら被写体を撮影するときにどうしても生じてしまう揺れを物理的に打ち消すジンバル(スタビライザー)を電子的に処理していること。重いジンバルなしで安定したシーン撮影ができる技術として、GoProはHyperSmooth 5.0、DJIはRockSteady 3.0、Insta360はFlowStateと、それぞれブラッシュアップしてきました。

ではまずGoPro新製品から。

GoPro 11 BlackとGoPro 11 Mini

GoProは9月14日、2製品を発表しました。主力製品は従来「HERO Black」ラインでしたが、これを「Black」に縮め、製品名は「GoPro 11 Black」とシンプルに。新型イメージセンサー(8×7)搭載、動画性能は5.3K60フレーム、4K120フレーム、10ビットカラー、低温動作性能を高め動作時間が38%増えたEnduroバッテリー、手ぶれ補正のクロップを最小に抑える自動ブースト、水平を維持する水平ロック機能投入といったところが特徴です。

ハイライトビデオを自動的に作成し、スマートフォンに送信する、縦型動画に対応しやすい8:7アスペクト比など、SNSへの対応も充実。

価格は78,000円と前モデルの64,000円からすると高くなっていますが、年間サブスクリプションに入っていれば62,000円で買えます。

もう1つのGoProは「GoPro 11 mini」。以前は「GoPro Session」という小型モデルがあったのですが、長らく待たれていた、Session後継とも言える製品です。ディスプレイなしですが、5.3K60フレームや手ぶれ補正など基本機能はそのままに小型化し、指で引き出してマウントできる機構は2箇所に備えるなど便利そう。バッテリーは内蔵Enduro。こちらは10月25日発売で、価格は48,000円です。

DJI Osmo Action 3

DJIのGoPro対抗アクションカム「DJI Osmo Action」はGoProにかなり寄せたデザインでした。第2世代の「DJI Action 2」(Osmoが取れた)は磁石とラッチによる合体分離機構を使ったものでしたが、今回発売の第3世代機「DJI Osmo Action 3」はOsmoとともに初号機のスタイルが戻ってきました。

ボディは単に先祖返りしただけではなく、第2世代機のマグネット&ラッチを取り入れて、簡単に脱着できるクイックリリース機構を搭載。指で引っ張り出してネジを回す必要のあるGoProマウントより進化した選択肢を与えています。付属の保護フレームを使えば縦型装着も可能。

1/1.7インチセンサーによる映像は4K120フレーム。GoPro同様に耐寒性能は向上。耐水性能も水深16メートル防水となっています(GoPro 11は水深10メートルまで)。

前面タッチスクリーン追加で自撮りがしやすくなっています。全体として145gと少し重くなっているので、より軽量コンパクトでカメラユニットだけにもできるAction 2の出番は今後も続きそう。

Insta360 X3は全天球カメラなのでGoPro 11やAction 3とは違うジャンルですが、360度動画から切り出したスタビライザー処理の安定度合いは頭抜けていますし、アクションカムとしての使い勝手や価格帯は十分にGoProやDJIのライバルと考えていいでしょう。

お手頃価格の「Insta360 X3」の上位にはライカコラボ「Insta360 ONE RS 1インチ360度版」もあります。Insta360 ONE RS自体はDJI Action 2のようなモジュラー構造になっていて、普通のアクションカムとしても使えます。

Insta360 X3発表。360度アクションカメラが大型センサやタッチ画面でさらに進化 | TechnoEdge テクノエッジ

9月16日発売のiPhone 14ファミリーには強力な電子ジンバル「アクションモード」が搭載されているので、アクションカム界隈ではさらなる熾烈な戦いが起きそうです。

iPhone 14/14 Proレビュー。実機で分かったProを選ぶ理由(本田雅一) | TechnoEdge テクノエッジ




《松尾公也》
松尾公也

松尾公也

  • twitter

テクノエッジ編集部 シニアエディター / コミュニティストラテジスト @mazzo

特集

あなたへのおすすめ

二次元キャラに強い中国の画像生成AI『ERNIE-ViLG』、検閲で「プーさん」は描けず。NGワード多数 画像
テクノロジー

二次元キャラに強い中国の画像生成AI『ERNIE-ViLG』、検閲で「プーさん」は描けず。NGワード多数

中国のIT大手Baidu(百度)が開発し、二次元キャラの生成に強いことでも話題になっている画像生成AI「ERNIE-ViLG」で、特定のワードを使った画像生成がブロックされることをMIT Technology Reviewが伝えています。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
iPhone 14 / 14 Pro本日発売。先行レビュー&新機能まとめ 画像
ガジェット

iPhone 14 / 14 Pro本日発売。先行レビュー&新機能まとめ

2022年9月16日、ついにiPhone 14 / iPhone 14 Proシリーズが発売となりました。ここではiPhone 14 / iPhone 14 Proの先行レビュー、発表時の情報をまとめてお届けします。

こばやしなおき
こばやしなおき
ソニー、19万円のXperia 1 IVゲーミングエディション発表。空冷ファン内蔵の「ゲーミングギア」付属 画像
ガジェット

ソニー、19万円のXperia 1 IVゲーミングエディション発表。空冷ファン内蔵の「ゲーミングギア」付属

ソニーは、Androidスマートフォン「Xperia 1 IV」のSIMフリーモデルを9月16日に発売します。また10月中旬には、空冷ファンやマルチポートを備えたXperia 1 IV専用アクセサリ「Xperia Stream for Xperia 1 IV」(XQZ-GG01)も発売予定です。

関根慎一
関根慎一
はじめるなら今!9日発売『スプラトゥーン3』で初塗りのススメ 画像
ゲーム

はじめるなら今!9日発売『スプラトゥーン3』で初塗りのススメ

2022年9月9日にNintendo Switchで『スプラトゥーン3』が発売されます。この記事は、スプラトゥーンが大好きな筆者がただひたすらに「スプラトゥーン3を遊んで欲しい」と訴えかける内容となっています。

砂流 恵介
砂流 恵介
5分でわかるアップル新製品まとめ。 iPhone 14 Proはノッチ廃止、シリーズ史上最も屈強なApple Watch Ultraも 画像
ガジェット

5分でわかるアップル新製品まとめ。 iPhone 14 Proはノッチ廃止、シリーズ史上最も屈強なApple Watch Ultraも

米国時間の9月7日に開催されたAppleのイベント「Far Out」にてiPhone 14シリーズやApple Watch Ultra、Apple Watch Series 8、新型AirPods Proなどが発表されました。

こばやしなおき
こばやしなおき
テクノエッジ創刊のご挨拶 画像
テクノロジー

テクノエッジ創刊のご挨拶

初めましての方は初めまして。そうでないかたは大変お待たせしました。テクノロジーメディア TechnoEdge テクノエッジ、本日より始動します。

Ittousai
Ittousai