FOLLOW US
  • rss
  • youtube

Insta360 X3発表。360度アクションカメラが大型センサやタッチ画面でさらに進化

ガジェット カメラ
Ittousai

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

Insta360 X3発表。360度アクションカメラが大型センサやタッチ画面でさらに進化
  • Insta360 X3発表。360度アクションカメラが大型センサやタッチ画面でさらに進化
  • Insta360 X3発表。360度アクションカメラが大型センサやタッチ画面でさらに進化
  • Insta360 X3発表。360度アクションカメラが大型センサやタッチ画面でさらに進化
  • Insta360 X3発表。360度アクションカメラが大型センサやタッチ画面でさらに進化
  • Insta360 X3発表。360度アクションカメラが大型センサやタッチ画面でさらに進化
  • Insta360 X3発表。360度アクションカメラが大型センサやタッチ画面でさらに進化
  • Insta360 X3発表。360度アクションカメラが大型センサやタッチ画面でさらに進化
  • Insta360 X3発表。360度アクションカメラが大型センサやタッチ画面でさらに進化

Insta360が、360度カメラの新製品 Insta360 X3 を正式発表しました。

Insta360 X3 は「世界でもっとも売れた360度カメラ」ことInsta360 One Xシリーズの最新モデル。X3からは「One」がなくなり、シンプルに「Insta360 X3」になりました。

特徴はコンパクトなオールインワン型はそのままに、新開発のデュアル1/2インチ イメージセンサとF1.9レンズで、鮮明な5.7K 360度アクティブHDR動画や7200万画素静止画、8Kタイムラプスが撮れること。

先代X2はある意味スタイリッシュな丸窓型のタッチ画面を採用していたのに対して、X3は本体のフチまで広がる2.29インチの四角いタッチ画面になり、本体での確認や操作が格段に楽になりました。

Insta360の先進的な画像処理もさらに強化。「手ブレ」ってレベルじゃねえ大きな揺れや動きも吸収して、ジンバルかCGのように滑らかにしてしまう FlowState手ブレ補正、棒の先の本体をブンブン振っても回しても動じない360度水平維持、見えない自撮り棒効果でカメラマンやドローンで撮ったとしか思えない三人称視点撮影など、多彩な機能を備えます。

X3で追加またはアップグレードされた撮影モードは、4Kシングルレンズ撮影、360度アクティブHDR、常に自分にフォーカスする60fps動画が撮れるミーモード、4K 120fpsバレットタイム、8Kタイムラプス、ドライブレコーダー的に使えるループ録画など。

高解像度360度で撮影した動画を再生しながら、スマホのジャイロ操作で再フレーミングする「スナップウィザード」も強力。360度動画から切り出しているだけだと分かっていても、撮影した動画の場所と時間に入り込んでもう一度スマホ撮影しているような錯覚に陥ります。

歪みの補正や小惑星のような「スモールプラネット」効果、画像認識で特定の被写体を追従してリフレームするディープトラッキング、複数の動画をいい感じにまとめてくれるAI自動編集のFlashCut等、高度な編集機能もスマホで完結するモバイルアプリの使い勝手も魅力です。

本体は耐衝撃構造+10m防水。タッチ画面は強化ガラスで保護します。

そのほかの仕様は、

X2比で50%高速になったWiFi ファイル転送、従来よりも大容量になった1800mAhバッテリーで連続81分録画、4マイクと新アルゴリズムでリフレームした方向の音を取り出す方向性協調モード、360度ライブ配信などなど。発売後のファームウェア更新ではウェブカメラモードも提供予定です。

価格は6万8000円。

Insta360ではライカ協業の1インチセンサ採用モデル Insta360 ONE RS 1インチ360 などもラインナップしますが、 価格は約12万円で約240gとそれなりの重量・サイズです。

X3は約180gと軽くコンパクトですぐに使える手軽さと、画質のバランスに優れたモデル。連続撮影時間や操作性などX3のほうが優れる点もあり、高画質360度アクションカメラ選びには悩むことになりそうです。


Insta360 ONE RS 1インチ Leica 360度アクションカメラ
¥118,800
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Ittousai》
Ittousai

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集