FOLLOW US
  • twitter

『パックマン』なぜか実写でハリウッド映画化。『ソニック・ザ・ムービー』のLightbeamがストーリー担当

カルチャー Film / TV
Munenori Taniguchi

Munenori Taniguchi

ウェブライター

  • twitter

ガジェット全般、サイエンス、宇宙、音楽、モータースポーツetc... 電気・ネットワーク技術者。実績媒体Engadget日本版, Autoblog日本版, Forbes JAPAN他

特集

『パックマン』なぜか実写でハリウッド映画化。『ソニック・ザ・ムービー』のLightbeamがストーリー担当

1980年代のビデオゲームを代表するタイトルのひとつ『パックマン』の実写ハリウッド映画化が進んでいます。

これはエンタメニュースサイトHollywood Reporterが報じたもので、バンダイナムコ、Wayfarer Studios、Lightbeam Entertainmentによって企画が立ち上げられ、制作されているとのことです。ストーリー原案は『ソニック・ザ・ムービー』でアソシエイトプロデューサーだったLightbeamのチャック・ウィリアムズ氏が手がけています。ウィリアムズ氏はディズニー、ピクサーで長くストーリー開発を務めたベテラン。

迷路のなかでゴーストにおびえながら落ちているエサを拾い食いしつつ、ときどき著しく凶暴になるパワーエサを服用しては猛ダッシュしてゴーストまで食い散らかす謎の黄色い主人公を操作してプレイする大ヒットゲームを、どうやって実写映画にするのかは、制作が進められているタロン・エジャトン主演の『テトリス』の実写化と同じくらい興味がわくところです。

パックマンはアダム・サンドラーが主演したレトロゲーム大行進的映画『ピクセル』でも印象的に扱われていましたが、まさかあの感じでそのまま実写化と言うことはないはず…とはいえ、擬人化されたパックマンとMs.パックマンのラブストーリーが展開されても感情移入はしにくそう。その流れでジュニアが誕生したりするストーリーを劇場で観たい人はどれぐらいいるでしょうか(いや、いるかもしれません)。

伝えられるところでは、まだこの映画の公開スケジュールなどは未定であり、場合によってはバンダイナムコがプロジェクトを中止する可能性もあるとされています。ただ、前述の『ソニック・ザ・ムービー』や、『ブラザー・ベア』、『ポカホンタス』といったディズニー作品を手がけた経験を持つウィリアムズ氏が関わっていることは、この作品にとって追い風になりそうです。

ソニックの映画は2作目となる『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』で前作を超える売上げを記録しており、バンダイナムコも、このプロジェクトを進めるからには、同様の成功を収めたいところでしょう。ただ、ソニックと違って原作キャラクターがなかなか表情や感情の見えないクールすぎるヤツなだけに、実写としてどうやって違和感なく仕上げられるのかはやはり気がかりではあります。

ちなみに、比較的新しいパックマンの映像作品としては2013年から2015年にかけて(日本では2014~2015年)米国で放映されたCGアニメ『Pac-Man and the Ghostly Adventures(邦題:パックワールド)』があります。これはゲーム『パックランド』に見られるような、やや擬人化されたパックマンを主人公とするもので、当時この作品のゲームがニンテンドー3DS、PlayStation 3、Wii U向けに発売されていました。

また8月25日には、1999年にPlayStationで発売された『パックマンワールド 20th アニバーサリー』のリメイクとなる『パックマンワールド リ・パック』が発売されます。映画の公開はまだしばらく先になると思われるので、とりあえずはこちらのゲームをプレイして映画のイメージを膨らませるのも良いかもしれません。


PAC-MAN WORLD Re-PAC(パックマン ワールド リ・パック) -Switch
¥3,036
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

ピクセル (吹替版)
¥299
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Munenori Taniguchi》
Munenori Taniguchi

Munenori Taniguchi

ウェブライター

  • twitter

ガジェット全般、サイエンス、宇宙、音楽、モータースポーツetc... 電気・ネットワーク技術者。実績媒体Engadget日本版, Autoblog日本版, Forbes JAPAN他

特集

あなたへのおすすめ

AIと人間、どちらが描いたかは意味がなくなる。日本初のAI画集(紙)を出すアーティスト、852話さんが考えていること 画像
テクノロジー

AIと人間、どちらが描いたかは意味がなくなる。日本初のAI画集(紙)を出すアーティスト、852話さんが考えていること

日本初の紙でのAI画集を出版するアーティストにインタビューしました。

松尾公也
松尾公也
Logitech Gのクラウド携帯ゲーム機『Cloud』正式発表。12時間駆動で350ドルのAndroid端末 画像
ゲーム

Logitech Gのクラウド携帯ゲーム機『Cloud』正式発表。12時間駆動で350ドルのAndroid端末

Logitech がクラウド専用ゲーム機を正式発表しました。名称はシンプルに『Cloud』。ゲーミングブランド

Ittousai
Ittousai
地獄の沙汰もノリ次第なFPS音ゲー『Metal:Hellsinger』発売。メタル界の大物多数参加、ビートと一緒に悪魔も刻む爽快感 画像
ゲーム

地獄の沙汰もノリ次第なFPS音ゲー『Metal:Hellsinger』発売。メタル界の大物多数参加、ビートと一緒に悪魔も刻む爽快感

ゲームパブリッシャーFuncomが、『Battlefield 3』『Pay Day 2』などを手がけたDavid Goldfarb氏が立ち上げたThe Outsiders制作のリズムFPSゲーム『Metal:Hellsinger』を発売しました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
二次元キャラに強い中国の画像生成AI『ERNIE-ViLG』、検閲で「プーさん」は描けず。NGワード多数 画像
テクノロジー

二次元キャラに強い中国の画像生成AI『ERNIE-ViLG』、検閲で「プーさん」は描けず。NGワード多数

中国のIT大手Baidu(百度)が開発し、二次元キャラの生成に強いことでも話題になっている画像生成AI「ERNIE-ViLG」で、特定のワードを使った画像生成がブロックされることをMIT Technology Reviewが伝えています。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
iPhone 14 / 14 Pro本日発売。先行レビュー&新機能まとめ 画像
ガジェット

iPhone 14 / 14 Pro本日発売。先行レビュー&新機能まとめ

2022年9月16日、ついにiPhone 14 / iPhone 14 Proシリーズが発売となりました。ここではiPhone 14 / iPhone 14 Proの先行レビュー、発表時の情報をまとめてお届けします。

こばやしなおき
こばやしなおき
テクノエッジ創刊のご挨拶 画像
テクノロジー

テクノエッジ創刊のご挨拶

初めましての方は初めまして。そうでないかたは大変お待たせしました。テクノロジーメディア TechnoEdge テクノエッジ、本日より始動します。

Ittousai
Ittousai