FOLLOW US
  • twitter

MBP16をモバイルバッテリーで。アンカーが最大140Wモデル発表、65W充電器一体型も

ガジェット アクセサリ
橋本新義

橋本新義

IT系とゲーム系のフリーライター(タイプ:出オチ)

  • facebook
  • twitter

PCとキーボードやディスプレイなどの周辺機器、スマートフォン、シューティングゲームなどを好むおじさん。隙あれば出オチやネタ、製品にまつわる余談やいい話を組み込もうとして記事が長くなる程度の能力を持つ。アイコンは漫画家『餅月あんこ』先生の筆による似顔絵です。

特集

MBP16をモバイルバッテリーで。アンカーが最大140Wモデル発表、65W充電器一体型も
  • MBP16をモバイルバッテリーで。アンカーが最大140Wモデル発表、65W充電器一体型も
  • MBP16をモバイルバッテリーで。アンカーが最大140Wモデル発表、65W充電器一体型も
  • MBP16をモバイルバッテリーで。アンカーが最大140Wモデル発表、65W充電器一体型も
  • MBP16をモバイルバッテリーで。アンカーが最大140Wモデル発表、65W充電器一体型も
  • MBP16をモバイルバッテリーで。アンカーが最大140Wモデル発表、65W充電器一体型も
  • MBP16をモバイルバッテリーで。アンカーが最大140Wモデル発表、65W充電器一体型も
  • MBP16をモバイルバッテリーで。アンカーが最大140Wモデル発表、65W充電器一体型も
  • MBP16をモバイルバッテリーで。アンカーが最大140Wモデル発表、65W充電器一体型も

アンカー・ジャパンが発表した、新しい高級ACアダプタシリーズ『GanPrime』(ガンプライム)。今回、それらの製品と同時に、新しいモバイルバッテリー2モデルも発表されました。しかも両製品とも、非常に注目できる特徴を備えたモデルです。

▲MBP16インチも充電可能なAnker 737 Power Bank。ACアダプタでもまだ少数な最大140Wが魅力です

まず1機種目は、最大140W出力で、端子構成は「C2A1」ことUSB-C×2+USB-A×1という、ヘビーユーザー待望の24000mAh製品。これまで同社は、比較的USB-Cの高出力タイプには慎重派だったのですが、そうした印象を一気に変えるモデルです。

▲65W版ACアダプタ一体型のAnker 733 Power Bank。バッテリーとしても30W出力対応です

2機種目は、同社が得意とする“ACアダプタ+モバイルバッテリー”の新モデル。なんと総合最大出力65WのACアダプタと、10000mAh/最大30W出力のモバイルバッテリーが合体した、こちらも従来の印象を覆す高出力仕様です。

ここでは、これらのモバイルバッテリーについて紹介します。なお、同時に発表された小型ACアダプタとACタップ兼用モデル、そして1ポート140W(USB PD EPR対応)の大出力モデルに関しては、別記事で紹介しています。

関連記事:
アンカー充電器GaNPrimeシリーズ発表。「ポートを気にせず繋げばOK」な便利仕様
MBP16インチ対応の140W充電器、アンカーが2機種発表。総合240Wのモデルも予告


MBP16インチも動く140W、Anker 737 Power Bank

事前に開催された記者向けの説明会で大きな注目を浴びたモデルが、『Anker 737 Power Bank』(PowerCore 24000)。特徴は、アンカー側が世界初とアピールする最大140Wの大出力。
販売価格は1万9990円(税込)。一般販売開始は1か月ほど先の9月中旬です。

140Wという値は総合出力のみならず、1ポートのみ(USB PD EPR仕様)としても使用可能。つまり、MacBook Pro 16インチ(2021年モデル)にも使えるモバイルバッテリーというわけです。

▲端子から想像できるように、本体はさすがに大柄です

搭載するUSB端子は、上述のように「C2A1」ことUSB-C×2+USB-A×1。複数ポート時の出力制限はGaNPrimeシリーズのACアダプタと同様に緩く、全ポート使用時でも合計140Wとして使えます。

さらに入力、つまり本モデル側の充電でも、最大140Wをサポートするのもポイントです。

▲本体搭載ディスプレイは情報が豊富。出力のリアルタイム表示は便利です

そしてもう一つの特徴が、本体に搭載された動作状態を示すディスプレイ。一般的なモバイルバッテリーは電池残量+αといったところですが、本機は予測駆動時間やそれぞれの端子への供給電力表示、さらには内部温度やバッテリーセルの劣化割合、充放電サイクル数といった、寿命の目安までも表示が可能です。

とくに供給電力の表示は、実際の電力を一目で確認できるという、必要なユーザーにとっては凄く便利なもの。これだけで欲しい、という方もいるはずです。

大出力のバッテリーとなると、安全性も気になるところですが、こちらもGaNPrimeシリーズ同等の監視機構『ActiveShield 2.0』を搭載。1秒あたり35回もの温度や電流・電圧などの状態監視により、万が一の際にも、本体や機器側のダメージを最小限に抑えます。

▲長辺方向のサイズはこんな感じ

さすがに本体サイズは約156×55×49mm、重量は約632gとモバイルバッテリーとしてはヘビー級ですが、他にない特徴を備えるだけに、非常に魅力的なモデルであることには間違いありません。


モバイルバッテリー一体型も高出力に、Anker 733 Power Bank

そしてこちらも大きく注目されていたのが、『Anker 733 Power Bank』(GaNPrime PowerCore 65W)。

モバイルバッテリー一体型ACアダプタの新モデルである本機の特徴は、モバイルバッテリーとしても、ACアダプタとしても出力が大きめな点。バッテリー側はMacBook Airなどでも使える最大30W出力に、ACアダプタとしては最大65W出力に対応。
幅広い局面で便利に使える「これ1台を持っておけば何かと安心」なモデルというわけです。

販売価格は1万4990円(税込)。なおAmazonでの初回セールにて、3000個限定で10%割引となります。予約販売開始は7月26日、一般販売開始は8月29日です。

▲端子構成はこちらもC2A1タイプ。出力制限も緩めです

複数ポート使用時の出力に関しては、バッテリー使用時は(当然ながら)最大30Wに制限されますが、ACアダプタとして使う際には緩め。複数ポート使用時の最大出力も65Wと、フルスペックが出せる構成です。

本体サイズは約111×63×31mm、重量は約320gと、こちらはACアダプタのように劇的な小型化というわけではありませんが、それぞれの出力を勘案するとコンパクトであることは間違いありません。
なにより、このタイプでUSB-Cを複数備えた製品自体が現状では貴重。その意味で、やはり代替のないモデルと呼べるでしょう。


このように、今世代のアンカー新モバイルバッテリーは、これまでの慎重さがウソのような高出力指向となっている点が目立ちます。とくに最大140WのAnker 737 Power Bankは、まさにインパクト絶大と言っても過言ではありません。両モデルとも決して安価ではありませんが、唯一無二とも呼べる特徴は、それを補って余りあるはずです。

●Source:アンカー・ジャパン特集ページ

関連記事:
アンカー充電器GaNPrimeシリーズ発表。「ポートを気にせず繋げばOK」な便利仕様
MBP16インチ対応の140W充電器、アンカーが2機種発表。総合240Wのモデルも予告

《橋本新義》
橋本新義

橋本新義

IT系とゲーム系のフリーライター(タイプ:出オチ)

  • facebook
  • twitter

PCとキーボードやディスプレイなどの周辺機器、スマートフォン、シューティングゲームなどを好むおじさん。隙あれば出オチやネタ、製品にまつわる余談やいい話を組み込もうとして記事が長くなる程度の能力を持つ。アイコンは漫画家『餅月あんこ』先生の筆による似顔絵です。

特集

あなたへのおすすめ

『ソニック』映画第3弾は2024年12月20日公開予定。公式がツイート 画像
カルチャー

『ソニック』映画第3弾は2024年12月20日公開予定。公式がツイート

セガの看板ゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を題材とする映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』は、日本では8月19日から公開されますが、早くもシリーズ3作目の公開時期が明らかになりました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
著名科学者が「プロキシマ・ケンタウリ」と偽ってチョリソー写真投稿、怒られ謝罪。警鐘鳴らすためと釈明 画像
テクノロジー

著名科学者が「プロキシマ・ケンタウリ」と偽ってチョリソー写真投稿、怒られ謝罪。警鐘鳴らすためと釈明

8月1日、著名な科学者で仏代替エネルギー・原子力委員会のディレクターを務めているエティエンヌ・クライン氏が、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影したプロキシマ・ケンタウリの画像と称して1枚の写真をツイートし、その鮮やかさを賞賛しました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
iPhone 14 Pro(仮)は常時表示に対応?新たなヒントをXcodeから発見 画像
ガジェット

iPhone 14 Pro(仮)は常時表示に対応?新たなヒントをXcodeから発見

次期「iPhone 14」のうち高価なProモデルでは、Apple Watchのような常時表示が可能になると予想されています。つまりロック状態の画面でも真っ暗にならず、リフレッシュレートを落として節電しつつ時計や通知を表示し続けられる、というわけです。

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
発売から五年の『ニーア オートマタ』に「隠された教会」発見?生みの親は「ソーセージとビールが大好きです」で幕引き 画像
ゲーム

発売から五年の『ニーア オートマタ』に「隠された教会」発見?生みの親は「ソーセージとビールが大好きです」で幕引き

日本ばかりか全世界でも人気のアクションRPG『NieR:Automata』(ニーア オートマタ)が2017年に発売されてから、はや5年。

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
画像生成AI DALL·E 2、人種・性別の偏りは密かに「枠」追加で補正。研究者のハックで発覚 画像
テクノロジー

画像生成AI DALL·E 2、人種・性別の偏りは密かに「枠」追加で補正。研究者のハックで発覚

OpenAI

Ittousai
Ittousai
テクノエッジ創刊のご挨拶 画像
テクノロジー

テクノエッジ創刊のご挨拶

初めましての方は初めまして。そうでないかたは大変お待たせしました。テクノロジーメディア TechnoEdge テクノエッジ、本日より始動します。

Ittousai
Ittousai