FOLLOW US
  • rss
  • youtube

MBP16インチ対応の140W充電器、アンカーが2機種発表。総合240Wのモデルも予告

ガジェット アクセサリ
橋本新義

橋本新義

IT系とゲーム系のフリーライター(タイプ:出オチ)

  • facebook
  • twitter

PCとキーボードやディスプレイなどの周辺機器、スマートフォン、シューティングゲームなどを好むおじさん。隙あれば出オチやネタ、製品にまつわる余談やいい話を組み込もうとして記事が長くなる程度の能力を持つ。アイコンは漫画家『餅月あんこ』先生の筆による似顔絵です。

特集

MBP16インチ対応の140W充電器、アンカーが2機種発表。総合240Wのモデルも予告
  • MBP16インチ対応の140W充電器、アンカーが2機種発表。総合240Wのモデルも予告
  • MBP16インチ対応の140W充電器、アンカーが2機種発表。総合240Wのモデルも予告
  • MBP16インチ対応の140W充電器、アンカーが2機種発表。総合240Wのモデルも予告
  • MBP16インチ対応の140W充電器、アンカーが2機種発表。総合240Wのモデルも予告
  • MBP16インチ対応の140W充電器、アンカーが2機種発表。総合240Wのモデルも予告
  • MBP16インチ対応の140W充電器、アンカーが2機種発表。総合240Wのモデルも予告
  • MBP16インチ対応の140W充電器、アンカーが2機種発表。総合240Wのモデルも予告
  • MBP16インチ対応の140W充電器、アンカーが2機種発表。総合240Wのモデルも予告

アンカー・ジャパンが7月26日に発表した充電機器の新製品群。その中でも、最新仕様への対応という点で注目されるのが、最大140W(USB PD EPR対応)の2モデル、そして今冬発売が予告された1モデルです。

USB PD EPRとは、USB PDの仕様を拡張し、1台の機器に対して最大240Wまでの供給を可能とする拡張仕様。対応製品メーカーの間では、これが含まれるUSB PD仕様として『USB PD 3.1』と呼ばれることが多くなっています。

この仕様で規定された最大240Wは、対応する機器がまだ存在しない状況ですが、今回の製品が対応する140Wは、アップルがMacBook Pro 16インチ(2021)の標準ACアダプタで採用したことから、サードパーティ製ACアダプタでもいくつかの製品が発売されつつある状況。
そこに今回、アンカーがいち早く参入してきたという構図です。

ここではアンカー新モデルのうち、これらUSB PD EPR対応ACアダプタについて紹介します。なお、モバイルバッテリーと、コンパクトモデルに関しては、別記事で紹介しています。

関連記事:
アンカー充電器GaNPrimeシリーズ発表。「ポートを気にせず繋げばOK」な便利仕様
MBP16をモバイルバッテリーで。アンカーが最大140Wモデル発表、65W充電器一体型も

今回製品として発表されたのは、USB-C×3+USB-A×1構成で総合出力150Wのモデルと、単一ポートで140Wのシンプルモデル。さらに2002年冬ごろの発売として、端子がC3A1構成で合計出力240Wという最高出力モデルの予告もなされました。


ノートPC複数でも急速充電、Anker 747 Charger

今回発表されたモデルの主力となりそうなのが、『Anker 747 Charger』(GaNPrime 150W)です。3C1Aという使い勝手の良いポート数で、総合最大出力150W。単一機器にはもちろん最大140Wが供給可能なバランスに優れたモデルです。

販売価格は1万4990円(税込)。一般販売開始は9月中旬の予定です。

端子構成は、USB-C×3+USB-A×1の「C3A1」仕様。同シリーズの120W版まではC2A1だったため、総合出力の高さ(と本体の大きさ)を活かして、USB-Cを増やした仕様です。

さらにGaNPrimeシリーズだけあり、複数の機器を接続した際の制限も緩め。1秒ごとに接続された機器の要求電力を監視し、出力を適切に振り分ける『Dynamic Power Distribution』(DPD)機能により、3ポートであっても自動で適切な出力を振り分け、4ポート同時使用時でも最大150Wをキープします。

このあたりはライバル機種にはない特徴、かつ使い勝手を大きく左右する箇所だけに、人気を支えそうなポイントです。

本体サイズは約68×61×31mm(幅×高さ×奥行)で、重量は約232g。ACプラグはもちろん折りたたみ式です。アンカー側は一般的な140W充電器(つまりアップルのMacBook Pro 16インチ付属ACアダプタ)に比べて約40%コンパクトとアピールします。

出力の余裕と柔軟なポート構成から「1人でも、シェアしても急速充電」と銘打たれたこのモデルは、価格こそUSB ACアダプタとしてはかなり高価ですが、他のGaNPrimeシリーズと同等に価格なりの利便性を備えています。

今後の対応機器の増加を見据えて購入するヘビーユーザーなどを中心に人気となりそうです。


140W対応のベーシック、Anker 717 Charger

もう一つ製品として発表されたモデルが、『Anker 717 Charger』(140W)。こちらはごくごくシンプルな、USB-Cポート1基のみの最大140W対応モデルです。
価格は9990円で、一般販売開始は9月中旬を予定します。

本体サイズは約68×59×31mm、重量約235gと、747 Chargerと同一。基本設計も多くを共用する模様です。なお、出力端子がUSB Type-C×1のみなのでGaNPrimeシリーズには属しませんが、パワー半導体はGaNベースです。

実はこのクラスの本体サイズでは、140W対応というだけで出力は高め(実際747 Chargerも、総合出力としては10Wしか増加しません)。MBP 16インチなど、対応する機器に対して着実に急速充電を掛けたい場合などは、こうした1ポート製品のほうがかえって使いやすい、といった局面もあるはずです。


C3A1で総合240W、期待のAnker 749 Charger

そして、今冬発売予定としてプレビュー(予告)されたのが、GaNPrimeシリーズの最大出力モデルとなる『Anker 749 Charger』(GaNPrime 240W)です。

現状では価格未定、発売予定は2002年冬ごろと、まだまだ未確定情報が多い状態。ですが、複数機器をヘビーに使っているユーザーなどは、総合240Wというスペックに強烈な魅力を感じるはず。

さすがに価格の面を含めて人を選ぶモデルとなりそうですが、それゆえに登場が楽しみなモデルであることは間違いありません。

このように、アンカーの140W(MBP 16インチ)対応製品は、ベーシックな1ポートモデルと多ポートモデルを同時に発売するという、大手ならではの展開となりました。
別記事で紹介している140W対応のモバイルバッテリー『Anker 737 Power Bank』も含め、同社の本気が感じられるところです。

●Source:アンカー 特設ページ

関連記事:
アンカー充電器GaNPrimeシリーズ発表。「ポートを気にせず繋げばOK」な便利仕様
MBP16をモバイルバッテリーで。アンカーが最大140Wモデル発表、65W充電器一体型も

《橋本新義》
橋本新義

橋本新義

IT系とゲーム系のフリーライター(タイプ:出オチ)

  • facebook
  • twitter

PCとキーボードやディスプレイなどの周辺機器、スマートフォン、シューティングゲームなどを好むおじさん。隙あれば出オチやネタ、製品にまつわる余談やいい話を組み込もうとして記事が長くなる程度の能力を持つ。アイコンは漫画家『餅月あんこ』先生の筆による似顔絵です。

特集