FOLLOW US
  • twitter

アンカー、最大40%オフのプライムデーセール実施。大人気Nano II 65Wほかおすすめ製品まとめ

ガジェット アクセサリ
橋本新義

橋本新義

IT系とゲーム系のフリーライター(タイプ:出オチ)

  • facebook
  • twitter

PCとキーボードやディスプレイなどの周辺機器、スマートフォン、シューティングゲームなどを好むおじさん。隙あれば出オチやネタ、製品にまつわる余談やいい話を組み込もうとして記事が長くなる程度の能力を持つ。アイコンは漫画家『餅月あんこ』先生の筆による似顔絵です。

特集

アンカー、最大40%オフのプライムデーセール実施。大人気Nano II 65Wほかおすすめ製品まとめ
  • アンカー、最大40%オフのプライムデーセール実施。大人気Nano II 65Wほかおすすめ製品まとめ
  • アンカー、最大40%オフのプライムデーセール実施。大人気Nano II 65Wほかおすすめ製品まとめ
  • アンカー、最大40%オフのプライムデーセール実施。大人気Nano II 65Wほかおすすめ製品まとめ
  • アンカー、最大40%オフのプライムデーセール実施。大人気Nano II 65Wほかおすすめ製品まとめ
  • アンカー、最大40%オフのプライムデーセール実施。大人気Nano II 65Wほかおすすめ製品まとめ
  • アンカー、最大40%オフのプライムデーセール実施。大人気Nano II 65Wほかおすすめ製品まとめ
  • アンカー、最大40%オフのプライムデーセール実施。大人気Nano II 65Wほかおすすめ製品まとめ
  • アンカー、最大40%オフのプライムデーセール実施。大人気Nano II 65Wほかおすすめ製品まとめ

USB充電器(ACアダプタ)やモバイルバッテリーの大手であるアンカー・ジャパンが、7月12日0時から48時間限定で開催される『Amazonプライムデー』にて特価となる製品を予告しました。セール対象製品の総計は、上画像にある『Nano II 65W』をはじめ110製品以上と豊富で、かつ「今年最安値のAnkerグループ製品が多数登場」と、価格面での自信もアピールします。

プライムデーは、Amazonが例年プライム会員限定で開催する特別セール。今年は7月12日 0時から、7月13日23時59分までの48時間限定開催となります。
Amazon側が数あるセールの中でも最大級と位置づけるだけあり、特価販売が珍しい大容量ポータブル電源や、人気の高いUSB充電器(ACアダプタ)などが対象となっています。


アンカー側がイチオシで紹介するのが、ポータブル電源『Anker 757 Portable Power Station』。

容量は1229Wh/38万4000mAhと同社ポータブル電源の中でも最大で、最大出力1500W。端子はACポート(コンセント)×6、USB-A×4、USB-C×2、シガーソケット×1の総計13基……という、いろいろな意味でビッグな製品。重量は19.9kgと、容量の割には軽めです。

セール特価は11万9900円(税込)。と聞くと高価ですが、実は29%もの割引き。通常時は16万9900円で販売されているため、5万円も安くなるわけです。

技術的にも、充放電サイクルで有利(充放電を繰り返しても容量劣化が遅い)リン酸鉄リチウムイオンセルを採用し、充放電サイクル3000回の後でも初期容量の80%以上をキープ。さらに1時間で0から80%まで充電可能とする超急速充電に対応するなど、最新モデルならではの仕様が。

保証も最大5年、外装フレームは6000系アルミニウム合金を採用して堅牢性にも配慮するなど、長期にわたって使えるべく配慮されたモデルです。

そして特筆すべきは、2022年4月発売の最新モデルである点。「アンカーの新製品が、プライムデー特価とはいえ、発売から約3か月で3割引きに」と紹介すれば、異例さがおわかりいただけるのではないでしょうか。


そして対象製品の中でも人気となりそうなのが、『Nano II 65W』のブラックモデル。セール特価は3592円(税込)。通常時は4490円なので、898円安価となります。

出力はUSB-C×1基のみとさすがに小型化優先のためにシンプルですが、それでも65W出力と、手の中に握れるサイズ(約36×42×44mm)と約112gの軽さを併せ持つモデルはいまだに少数。ヘビーユーザーの中には「これだけ小さければ予備用に持ち運んでも邪魔にならない」という理由で、サブ的、保険的に愛用している方もいるタイプのモデルでもあります。

同機は2021年7月発売ですが、最大65W版としてはいまだに最小クラスのため、現在でも人気の高い機種。普段なら“セールで販売する理由がない”存在。割引率という点では相応ですが、貴重な機会です。


また最大割引率の40%となるのが、スティッククリーナー『Eufy HomeVac H30 Infinity』のブラックモデル。セール特価は1万4990円。普段は2万4800円であるため、9810円安価となります。

同社のスティック型掃除機(実は出しているのです)の中でも最上位となるこのモデルは、充電式、かつハンディ掃除機としても使える兼用タイプ。最上位モデルだけあり、充電に便利な専用ドックやマットレス掃除用ミニモーターブラシ、装着可能なモッピングクロス(使い捨てタイプ)など、充実した装備で幅広く使えるのがポイントです。

アンカー(Eufyブランド)は、掃除機では“まだまだ駆け出し”的なポジションですが、それゆえにお買い得度などはただでさえ高め。加えてこれだけの割引率であれば、お買い得度はかなりの高さと呼べそうです。

この他にも、大人気のアクティブノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン 『Soundcore Liberty 3 Pro』 (ブラック)が28%引きの1万2800円、1280×720解像度のAndroid TV対応モバイルプロジェクター『Nebula Capsule II』が32%引きの4万7840円など、既に定番となっている製品に関しても、普段では見られないレベルの特価が予告されています。

いまさらではありますが、欲しい製品が特価となっていれば、ほぼ間違いなく購入の大チャンスとなるのがプライムデー。もし狙っていた製品が対象となっているのであれば、即購入でも間違いないタイミングです。

●Source:アンカー・ジャパンBlog

《橋本新義》
橋本新義

橋本新義

IT系とゲーム系のフリーライター(タイプ:出オチ)

  • facebook
  • twitter

PCとキーボードやディスプレイなどの周辺機器、スマートフォン、シューティングゲームなどを好むおじさん。隙あれば出オチやネタ、製品にまつわる余談やいい話を組み込もうとして記事が長くなる程度の能力を持つ。アイコンは漫画家『餅月あんこ』先生の筆による似顔絵です。

特集

あなたへのおすすめ

『ソニック』映画第3弾は2024年12月20日公開予定。公式がツイート 画像
カルチャー

『ソニック』映画第3弾は2024年12月20日公開予定。公式がツイート

セガの看板ゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を題材とする映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』は、日本では8月19日から公開されますが、早くもシリーズ3作目の公開時期が明らかになりました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
著名科学者が「プロキシマ・ケンタウリ」と偽ってチョリソー写真投稿、怒られ謝罪。警鐘鳴らすためと釈明 画像
テクノロジー

著名科学者が「プロキシマ・ケンタウリ」と偽ってチョリソー写真投稿、怒られ謝罪。警鐘鳴らすためと釈明

8月1日、著名な科学者で仏代替エネルギー・原子力委員会のディレクターを務めているエティエンヌ・クライン氏が、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影したプロキシマ・ケンタウリの画像と称して1枚の写真をツイートし、その鮮やかさを賞賛しました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
iPhone 14 Pro(仮)は常時表示に対応?新たなヒントをXcodeから発見 画像
ガジェット

iPhone 14 Pro(仮)は常時表示に対応?新たなヒントをXcodeから発見

次期「iPhone 14」のうち高価なProモデルでは、Apple Watchのような常時表示が可能になると予想されています。つまりロック状態の画面でも真っ暗にならず、リフレッシュレートを落として節電しつつ時計や通知を表示し続けられる、というわけです。

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
発売から五年の『ニーア オートマタ』に「隠された教会」発見?生みの親は「ソーセージとビールが大好きです」で幕引き 画像
ゲーム

発売から五年の『ニーア オートマタ』に「隠された教会」発見?生みの親は「ソーセージとビールが大好きです」で幕引き

日本ばかりか全世界でも人気のアクションRPG『NieR:Automata』(ニーア オートマタ)が2017年に発売されてから、はや5年。

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
画像生成AI DALL·E 2、人種・性別の偏りは密かに「枠」追加で補正。研究者のハックで発覚 画像
テクノロジー

画像生成AI DALL·E 2、人種・性別の偏りは密かに「枠」追加で補正。研究者のハックで発覚

OpenAI

Ittousai
Ittousai
テクノエッジ創刊のご挨拶 画像
テクノロジー

テクノエッジ創刊のご挨拶

初めましての方は初めまして。そうでないかたは大変お待たせしました。テクノロジーメディア TechnoEdge テクノエッジ、本日より始動します。

Ittousai
Ittousai