FOLLOW US
  • twitter

マイクロソフト、とうとう「プレイステーションに10年はCoDシリーズを供給」とソニーに提案

ゲーム Microsoft
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

マイクロソフト、とうとう「プレイステーションに10年はCoDシリーズを供給」とソニーに提案

米マイクロソフト(以下「MS」)は、ゲームパブリッシャー大手アクティビジョン・ブリザードの買収が実現した暁には、超人気IP「Call of Duty」シリーズをPlayStation向けに10年間は供給し続けることをソニーに提案しました。

米The New York Times(以下「NYT」)によると、ソニーはこの件につきコメントを控えています。

これは以前、MSがソニーに提案した「現行の契約が終わった後、3年間」という条件を大きく上回るものです。

なぜMSが異例の契約を持ちかけたかといえば、アクティビジョン買収を完了するには世界各国、主に米国や英国、EU(欧州)の規制当局を説得する必要があるため。

人気シリーズが競争相手の傘下となってしまうソニーは各国の政府に対し、マイクロソフトによる買収はゲーマーから選択肢を奪い消費者の不利益となるとして、認可を与えないよう働きかけるロビイングを続けてきました。

英国の規制当局はCoDを(家庭用ゲーム機でXboxに)独占する可能性が、MSにクラウドゲーミング業界で「比類ない優位性」を持たせてしまうとの懸念を表明。また米連邦取引委員会(FTC)も、法的な異議を申し立てる兆しがあると報じられていました。

また各国の規制当局の立場としては、CoDシリーズがプレイステーションで遊べるか否かよりも、マイクロソフトを始めとする巨大テック企業を政府としてどう制御してゆくか、資本の原理だけでは自由にならない許認可の機会に厳しい目を光らせたい思惑もあります。

ただしゲーム業界を見渡せば、表立ってMSのアクティビジョン買収に反対しているのはソニーだけ。大手ゲームパブリッシャーTake-TwoのCEOも特に懸念はないとコメントしているほどでした。つまり、ソニーの反対が買収を成立させる上で大きな障害となっているわけです。

主な議論の焦点となっているのが、家庭用ゲーム機市場においてCoDが各陣営のパワーバランスに大きな影響をおよぼすかどうか、という点です。

MSはニュージーランドの商業委員会に同IPがライバルとの競争を妨げるキラータイトルではないと言い、かたやソニーはブラジル政府に家庭用ゲーム機の販売企業にとって「必須」だと主張

要するに影響がありそうなのはゲーム機の製造・販売やクラウドゲーミング事業を営むプラットフォーム企業だけであり、ソニーとMSの正面対決となるのは(他のゲームソフト専業企業が関心を持たないのも)必然と言えます。

またPlayStation事業トップのジム・ライアンCEOもNYTへの声明で、MSは「業界を支配してきた長い歴史を持つハイテク企業」であり「この取引が進行すれば、現在ゲーマーが持つ選択肢が消えてなくなる可能性が高い」と発言。どれほどソニーが強硬に反対しているかが見てとれます。

かたやXbox事業トップのフィル・スペンサー氏も「PlayStationある限り、CoDの供給を続ける」と発言。同時に、「未来永劫」供給し続けるという条件では契約にできないのだと付け添えていました。

それに続き、MSが打ち出した新たな一手が「CoDをPlayStationに10年提供し続ける」契約をソニーに提案、というわけです。さすがに永遠には約束できないし現実性もないので、より真実味のある提案をしてソニーの歩み寄りを期待しているとも推測されます。

シリーズ最新作の『 Call of Duty: Modern Warfare 2』は発売からわずか1週間で、歴代PlayStation版では史上最大の販売本数を達成しています 。MSとしても、Xbox事業を後押しするためとしても、これほどのドル箱を捨て去るのは割に合わないとソロバンを弾いているのかもしれません。

《Kiyoshi Tane》
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

あなたへのおすすめ

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く 画像
テクノロジー

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く

有人飛行用に設計された宇宙船が到達した最も地球から遠くに到達した記録はこれまで、アポロ13号の司令船「Odyssey」による、地球から40万171kmの地点でした。

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ 画像
ゲーム

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ

米マイクロソフトは16日(米現地時間)、企業向けコラボレーションツールTeams内でカジュアルゲームが遊べる「Games for Work」を正式発表しました。

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩 画像
テクノロジー

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩

11月16日、NASAがアポロ計画以来の月面有人探査を行うアルテミス計画の第1弾となる、Artemis Iミッションの打ち上げを実施しました。

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox) 画像
テクノロジー

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox)

不鮮明な顔写真を高精細化するiOSアプリ「Remini」がWebサービスになり、iPhoneユーザー以外にも使えるようになりました。動画もサポートしているので、使ってみました。