FOLLOW US
  • twitter

うわさ:「iPhone 15」はチタン製、背面もデザイン変更?

ガジェット スマートフォン
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

うわさ:「iPhone 15」はチタン製、背面もデザイン変更?

アップルは早くからApple Watchにチタン素材を使っていますが、他の製品には採用が進んでいません。

しかし2023年のiPhone 15(仮)シリーズではいずれかのモデルにチタン製の筐体を採用し、背面のエッジが丸みを帯びるなどデザインも変更するとの新説が出てきました。

情報の出所は、最近さかんに活動しているリーカー(未発表製品の情報を発信する人)の ShrimpApplePro氏。100発100中の確実な実績を誇るわけではないものの、以前にはiPhone 14 Proモデルがノッチ(画面上部の切り欠き)を廃止してピル+ホール(横長と丸、2つのパンチホール)になるといち早く伝えたことで注目を集めていました。

さて最近のツイートによれば、「初期の情報」に基づくと、iPhone 15は新たなボーダー(縁取り)デザインを採用するとのこと。背面の端っこは丸みを帯び、(iPhone 14シリーズのように)角張らなくなるそうです。

またケース素材もチタンになる予定と言いつつ、まだ時期尚早の噂話のため100%ではないとも但し書き。さらにチタンケースになりながらも、背面は(おそらくワイヤレス充電のため)ガラスのままかもとも付け加えています。

一緒に投稿された参考画像や追記から、要するにiPhone 14シリーズの角張ったデザインがiPhone 4似だったのに対して、iPhone 15では背面から側面にかけてカーブを描いて滑らかに繋がるiPhone 5c のようになると伝えたいようです。

将来のiPhoneがチタン(合金)製ケースになるとの予想は、今回が初めてではありません。大手金融機関JPモルガンも「2022年のProモデルはチタンフレーム採用、Foxconnが独占的に製造」と事細かに報告していましたが、実際にはiPhone 14 Proモデルはアルミニウムとステンレススチール製のままでした。

とはいえ、アップルがApple Watch以外にもチタンを採用しようと検討している可能性は、数々の特許出願からもうかがえたことです。たとえば「チタンパーツ向け表面テクスチャ(Textured surface for titanium parts)」の図面にはiPhoneやiPad、Macらしきデバイスが記載されていました。

なぜ今までiPhoneにチタン製ケースがなかったかといえば、おそらく表面の加工が難しいためです。ステンレススチールよりも硬度が高く、剛性が高くて曲げる力にも強い長所の一方で、高い強度のためにエッチング(腐食作用を利用して行う表現加工の技術)をしにくい扱いづらさを抱えています。

しかしアップルはチタン筐体に光沢ある仕上げをして表面を美しくすることや、薄い酸化物でコーティングして指紋を目立ちにくくする特許を申請あるいは取得してきました。その数年がかりの努力は、そろそろ実を結んでもおかしくはないはず。

今回の噂に先立ち、iPhone 15全モデルではなくハイエンドモデルにチタン製ケースが採用されるとのリーク情報も出現していました。それは「iPhone 15 Pro Max」がUltraと呼ばれ、6.1インチのProモデルと少し差別化されるとつぶやいていたLeaksApplePro氏です。

それから約1ヶ月後、LeaksApplePro氏は「iPhone 15 Ultraはチタン製になる」とツイート 。同氏はリーカーとして実績がめざましいわけではありませんが、近い時期にアップルのサプライチェーン情報に精通するアナリストMing-Chi Kuo氏が「iPhone 15 Pro Maxと15 Proの差別化をさらに進める」とツイートしたことから、iPhone 15 Proは従来素材のままでiPhone 15 Ultraはチタン製にする?という方向で信ぴょう性が高まっている格好です。


チタンはアルミニウムよりは重いものの鉄よりは軽く、6.7インチのハイエンドモデルの軽量化に貢献する可能性もあります。また「iPhone 15 Ultra」の製品名が本当であれば、Apple Watch Ultraの存在もあり、「Ultraとはチタン(合金)製フレームを持つモデル」として製品カテゴリがスッキリ分かりやすくなるかもしれません。




SNOWPEAK(スノーピーク) 純チタン食器3点セット STW001T STW001T
¥12,148
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Kiyoshi Tane》
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

あなたへのおすすめ

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く 画像
テクノロジー

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く

有人飛行用に設計された宇宙船が到達した最も地球から遠くに到達した記録はこれまで、アポロ13号の司令船「Odyssey」による、地球から40万171kmの地点でした。

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加 画像
テクノロジー

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加

2007年、当時17歳にしてiPhoneに自由にアプリをインストール可能にする「脱獄」を成功させ、2011年にはPlayStation 3をハッキングしてソニーに訴えられた伝説のハッカー”GeoHot”ことジョージ・ホッツ氏が、イーロン・マスク氏率いるTwitterに期間限定で加わっています。

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組 画像
テクノロジー

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組

ソフトバンク株式会社と双葉電子工業株式会社は、最大5mの土砂やがれきに埋まったスマートフォンの位置を特定するドローンシステムの実証実験に成功したと発表しました

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox) 画像
ガジェット

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox)

Bluetooth対応の持ち歩き可能なレコードプレーヤー「サウンドバーガー」を、公園とマクドナルドで試してみました。