FOLLOW US
  • twitter

フィル・スペンサー「クラウド専用Xboxは延期」と認める。十分に安くできなかったため

ゲーム Microsoft
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

Phil Spencer/Twitter

米マイクロソフトが開発していた「低価格のクラウド専用Xbox」は、当面のあいだ発売されないことが分かりました。

「クラウド専用Xbox」は数年前からうわさになっており、マイクロソフトも約2年前に存在を認めています

有志によるデータマイニング、すなわちOSなどのコード解析による未公開情報の発掘から浮上した新型ハードウェア「Keystone」の存在も、MSは事実だと認めました

続いてXbox部門責任者フィル・スペンサー氏も思わせぶりに試作機らしきデバイスをチラ見せし、いやが上にも期待は盛り上がっていました。

が、そのスペンサー氏がいったん本製品は棚上げし、発売するとしても数年後だと発言。少なくとも2022~2023年には登場しないことが確定してしまいました。

なぜ、クラウドXboxが発売延期となったのか? それは要するに「値段が高すぎるから」だと明かされました。

スペンサー氏はThe Vergeとのインタビューのなかで、ざっくりした真相を語っています。その理由の核心はハードウェアのコストにありました。

「実際に社内でハードウェアで作り上げると、望んでいたより高価だった」と振りかえっています。

そのため開発努力をスマートTV用のストリーミングアプリ開発に集中した、とのこと。

どれぐらいの価格を狙っていたかといえば、99~129ドルの間だったそうです。これは現行モデルXbox Series Sの299ドルをはるかに下回っていますが、本体コストのほかコントローラーも同梱したことで近づいてしまったと仄めかされています。

クラウドゲーミングでは『Fortnite』や『マイクロソフトフライトシミュレーター』などXboxのゲームそのものをスマホで遊ぶことができ、タッチ操作に最適化したタイトルも増えてはいますが、ゲーム機に近い体験にはやはり物理的なコントローラが必要です。

クラウドゲーミングサービスにコントローラーをセット販売する考えは、もうすぐ短い生涯を終えるGoogle Stadiaも行っていたこと。

しかし、当時の「Stadia Founder's Edition」はChromecast Ultraやコントローラー込みで129ドルだったことから、Keystoneはかなりリッチな仕様となっていたのかもしれません。

またスペンサー氏はKeystoneプロトタイプが「ユーザーインターフェースはXboxに近く、完全に機能する」とコメント。実際に家に持ち帰って満足のいく動作をしたとしつつ、自分のオフィスでチラ見せした試作機はチームが9ヶ月で作り上げたものだと語っています。

その一方で「我々はまだ関心を持っているし、適切なコストになる時期を見計らっている」と述べ、完全に発売中止したわけではないと仄めかしているようです。

MSは2023年度第1四半期(7~9月期)の決算説明会で、これまでXbox Cloud Gamingを利用したユーザーが2,000万人を突破したと発表していました。この数字は、Epic Gamesと提携して『Fortnite』無料プレイ提供(Xbox Game Passの加入必要なし)を始める前に発表された1000万人の倍となります。

不況がハイテク業界を直撃しているなか、MSはあえてコストもリスクも高い新型ハードウェアを投入するよりも、すでに普及している他社製のスマートフォンやスマートTVに(アプリの形で)相乗りした方が得策と判断したのかもしれません。


Xbox
¥0
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2
¥17,073
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Kiyoshi Tane》
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

あなたへのおすすめ

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く 画像
テクノロジー

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く

有人飛行用に設計された宇宙船が到達した最も地球から遠くに到達した記録はこれまで、アポロ13号の司令船「Odyssey」による、地球から40万171kmの地点でした。

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加 画像
テクノロジー

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加

2007年、当時17歳にしてiPhoneに自由にアプリをインストール可能にする「脱獄」を成功させ、2011年にはPlayStation 3をハッキングしてソニーに訴えられた伝説のハッカー”GeoHot”ことジョージ・ホッツ氏が、イーロン・マスク氏率いるTwitterに期間限定で加わっています。

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組 画像
テクノロジー

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組

ソフトバンク株式会社と双葉電子工業株式会社は、最大5mの土砂やがれきに埋まったスマートフォンの位置を特定するドローンシステムの実証実験に成功したと発表しました

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox) 画像
ガジェット

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox)

Bluetooth対応の持ち歩き可能なレコードプレーヤー「サウンドバーガー」を、公園とマクドナルドで試してみました。