FOLLOW US
  • twitter

iPhone 15 Pro(仮)はサイドボタンも廃止?防水強化、無印との差別化も

テクノロジー Science
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

Image:Apple

今年2022年のiPhone 14 Proは画面上部のノッチ(切り欠き)がパンチホール2つに替わり、邪魔なはずのホール周辺をインタラクティブに変化するUI「Dynamic Island」に巧みに取り込みユーザーを驚かせました。

続く来年、2023年に発売が見込まれる iPhone 15 Pro (仮)は本体側面にあるサイドボタンと音量ボタンを廃止し、感圧式のソリッドステートボタンに置き換える可能性を著名アナリストが予測しています。

発信源はアップルのサプライチェーン情報を隅々まで知るアナリストMing-Chi Kuo氏。長年にわたり「投資家向けメモ」がリークされる形で間接的に情報発信してきましたが、最近は自ら積極的にツイートするようになりました(アカウントは10年以上前からあったようですが)。

さてKuo氏の最新調査によれば、2023年後半に発売されるハイエンドiPhone 15(「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」)では音量と電源ボタンが物理/メカニカル式からソリッドステートボタンに置き換える可能性があるとのこと。

ちょうどiPhone 7や8、第2&第3世代iPhone SEのホームボタンのようになると例えています。

このソリッドステート方式とは、触覚フィードバックにより押し下げ感覚を擬似的に演出する技術のこと。上記のiPhoneのほかMacBookのトラックパッドに採用されており、要は「指からの圧力を感知すると、指にバイブレーターで振動を返して押した実感を与える」ということで、アップルは感圧式とも呼んでいます。

機械的に動く部分が少なくなれば故障も減りやすくなるほか、外への開口部も完全に塞げて耐水性能も上がり、Proモデルが頑丈になる可能性も予想されます。

特に「Proモデルでの採用」を強調するのは、つまり「iPhone 15」や「iPhone Plus」のサイドボタンは物理式に留まるということ。

前にKuo氏はアップルが新型iPhoneのASPS(平均販売価格)を押し上げるため、iPhone 15世代では標準モデルとProとの格差を広げると述べていましたが、まさにその戦略に沿うことになりそうです。

感圧式ボタンの採用は振動子、アップルの用語では「Taptic Engine」の追加を伴うことになります。音量と電源ボタンを置き換えるとなれば、Taptic Engineを2つ増やしてやる必要があるわけです。

数年前、Apple Watchもサイドボタンを感圧式にすると噂されていました。そちらは防水性能アップのほか内部スペースの削減が狙いとされていましたが、iPhone 15 Proで2つも追加となれば逆に場所を取りそうな感もあります。もっとも、iPhoneはApple Watchより筐体が大きく、メカニカルな機構を置き換えるのであれば問題もないのかもしれません。

ほかiPhone 15 Proモデルでは、USB-C採用が確実視されています。本来EUの「スマホにUSB-C採用義務」法に従うためやむなく……のはずですが、それをLightningに留まる標準モデルとの差別化としてProモデルの販促に利用するとすれば、アップルの方が一枚上手かもしれません。

《Kiyoshi Tane》
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

あなたへのおすすめ

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く 画像
テクノロジー

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く

有人飛行用に設計された宇宙船が到達した最も地球から遠くに到達した記録はこれまで、アポロ13号の司令船「Odyssey」による、地球から40万171kmの地点でした。

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加 画像
テクノロジー

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加

2007年、当時17歳にしてiPhoneに自由にアプリをインストール可能にする「脱獄」を成功させ、2011年にはPlayStation 3をハッキングしてソニーに訴えられた伝説のハッカー”GeoHot”ことジョージ・ホッツ氏が、イーロン・マスク氏率いるTwitterに期間限定で加わっています。

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組 画像
テクノロジー

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組

ソフトバンク株式会社と双葉電子工業株式会社は、最大5mの土砂やがれきに埋まったスマートフォンの位置を特定するドローンシステムの実証実験に成功したと発表しました

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox) 画像
ガジェット

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox)

Bluetooth対応の持ち歩き可能なレコードプレーヤー「サウンドバーガー」を、公園とマクドナルドで試してみました。