FOLLOW US
  • twitter

「さらに大きいiPad」は16インチの超大型と14インチ?簡易macOS搭載で2023年末発売の新説浮上

ガジェット タブレット
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

Image:Apple

アップルが現行の12.9インチを超えるサイズのiPadを開発中であることは、独自の情報源をもったリーカーやアナリストがたびたび伝えてきました。

これまでの説は14~15インチの範囲に収まっていましたが、一回り大きな16インチモデルが2023年末までに発売されるとの新説が出ています。

16インチiPad説は、有料ニュースメディアThe InformationのWayne Ma記者が独占情報として報じました。Ma氏はいち早くアップル製AR/VRヘッドセット(未発表)の詳細なスペックや外見を伝えたことがあり、他の情報源も独自に確認したとして後追いするなど一定の実績があります。

さてMa氏の新たな記事によると、16インチiPadは2023年第4四半期リリースを目指して開発中であり、より大きな画面を好むクリエイティブのプロ向けとなる可能性が高いとのこと。

たしかにアップル製品のうち大画面を持つものは、16インチMacBook ProといいPro Display XDRといい、精彩なビジュアルや動画の制作に関わるクリエイター向けの印象があります。

これまで以上に巨大なiPadが出るとの噂は、アップルの内情を伝えることについては第一人者の Bloomberg記者Mark Gurman氏が何度も述べてきたことです。

まず2021年6月に、アップルのエンジニアやデザイナーらが「早ければ数年後に店頭に並ぶ可能性のある大型のiPadを模索している」と報道。さらに「タブレットとノートPCの境界線を曖昧にする」として、MacとiPadのハイブリッドになる可能性を示唆していました。

また今年初めには、信頼性の高いディスプレイ専門アナリストRoss Young氏が「14.1インチiPad Proが早ければ2023年初めに発売されそうだ」とツイート。

その後にディスプレイはミニLEDバックライト画面ではなく通常の液晶だと修正しつつも、パネルとLEDサプライヤー両方に確認が取れたと述べており、かなり確信を持っている様子でした。

14.1インチと16インチは「どちらかが正しい」ではなく「どちらも正しい」かもしれません。米MacRumorsは、両サイズがそろえば丁度、14インチと16インチMacBook Proに対応すると指摘しています 。

現在のiPad Proはプロのクリエイター向け製品だと強調されながらも、最大の12.9インチでも14/16インチMacBook Proより一回り小さく、製図やイラストなどの作業を本体だけで完結させるのは辛いものがあります。

またiPadOS 16では今後、M1/M2チップ搭載iPadは外付けディスプレイに対応する予定ですが、Macのように複数のウィンドウを開くステージマネージャにより本体側の画面もますます手狭となり、ユーザーからも「より広く」の期待は高まっているはず。

ほか、M2 iPad Pro向けの簡易macOSがテスト中との噂も浮上しています。

14/16インチiPadはクリエイター待望の製品となりそうですが、価格もハイエンドMacBook ProやPro Display XDR的な位置づけとなるのかもしれません。


2022 Apple 11インチiPadPro (Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ (第4世代)
¥140,800
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
2022 Apple 12.9インチiPadPro (Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ (第6世代)
¥188,800
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Kiyoshi Tane》
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

あなたへのおすすめ

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く 画像
テクノロジー

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く

有人飛行用に設計された宇宙船が到達した最も地球から遠くに到達した記録はこれまで、アポロ13号の司令船「Odyssey」による、地球から40万171kmの地点でした。

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ 画像
ゲーム

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ

米マイクロソフトは16日(米現地時間)、企業向けコラボレーションツールTeams内でカジュアルゲームが遊べる「Games for Work」を正式発表しました。

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩 画像
テクノロジー

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩

11月16日、NASAがアポロ計画以来の月面有人探査を行うアルテミス計画の第1弾となる、Artemis Iミッションの打ち上げを実施しました。

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox) 画像
テクノロジー

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox)

不鮮明な顔写真を高精細化するiOSアプリ「Remini」がWebサービスになり、iPhoneユーザー以外にも使えるようになりました。動画もサポートしているので、使ってみました。