FOLLOW US
  • twitter

Surface Laptop 5発表。第12世代Core i5 / i7搭載、従来比50%高速化し15万1580円から

ガジェット PC
Munenori Taniguchi

Munenori Taniguchi

ウェブライター

  • twitter

ガジェット全般、サイエンス、宇宙、音楽、モータースポーツetc... 電気・ネットワーク技術者。実績媒体Engadget日本版, Autoblog日本版, Forbes JAPAN他

特集

Surface Laptop 5発表。第12世代Core i5 / i7搭載、従来比50%高速化し15万1580円から
  • Surface Laptop 5発表。第12世代Core i5 / i7搭載、従来比50%高速化し15万1580円から
  • Surface Laptop 5発表。第12世代Core i5 / i7搭載、従来比50%高速化し15万1580円から
  • Surface Laptop 5発表。第12世代Core i5 / i7搭載、従来比50%高速化し15万1580円から
  • Surface Laptop 5発表。第12世代Core i5 / i7搭載、従来比50%高速化し15万1580円から
  • Surface Laptop 5発表。第12世代Core i5 / i7搭載、従来比50%高速化し15万1580円から
  • Surface Laptop 5発表。第12世代Core i5 / i7搭載、従来比50%高速化し15万1580円から

マイクロソフトが、第12世代Core i5およびCore i7プロセッサーを搭載するノートPC、Surface Laptop 5を発表しました。

Surface Laptop 5は、画面サイズ13.5インチと15インチの2モデルをラインナップし「洗練されたデザイン、高性能、長いバッテリ寿命の完璧なバランス」を備えるオールラウンドタイプのノートPC。ただ、外観的には先代モデルからほとんど変わってはいません。またAMD Ryzen搭載モデルがなくなり、Intel EVOプラットフォームに準拠するもでるに統一されました。

仕様をざっと列記すると、13.5インチモデルは解像度2256 x 1504px、201PPIの10点マルチタッチおよびDolby Vision IQ対応PixelSense Displayを搭載し、コンシューマー向けには第12世代のCore i5-1235U / Core i7-1255Uプロセッサー、ビジネス向けモデルはCore i5-1245U / Core i7-1265Uプロセッサーを搭載します。

15インチモデルには、解像度2496 x 1664px、201 PPIの10点マルチタッチおよびDolby Vision IQ対応対応PixelSense Displayを採用し、コンシューマー向けには第12世代Core i7-1255U、ビジネス向けはCore i7-1265Uを搭載しました。

以下、共通の仕様としてはRAMが8 / 16 / 32GBのLPDDR5X RAM、ストレージ容量は256 / 512GBまたは1TBを用意します。

またワイヤレス通信機能はWi-Fi 6(802.11 ax)とBluetooth 5.1、セキュリティ機能としてTPM 2.0、Windows Halloによる顔認証、Secured-Coreに対応。入出力はUSB-C x1(USB4 / Thunderbolt 4対応)、USB-A x1(USB4 / Thunderbolt 4.0)、3.5mmイヤホンジャック、そしてSurface Connect端子。そのほか720pのHDフロントカメラ、ドルビーアトモス対応スピーカーを搭載しています。

バッテリー駆動時間は12.5インチモデルが最大18時間で、15インチモデルは最大17時間。急速充電器を使用すれば、30分で50%まで充電できるとのことです。搭載OSはコンシューマー向けがWindows 11 Home、ビジネス向けはWindows 10 ProもしくはWindows 11 Proとなっています。

本体サイズと重さは、13.5インチモデルが308 x 223 x 14.5mm、1.272~1.297g(キーボード上面の素材による)、15インチモデルは340 x 244 x 14.7mm、1560g。本体カラーラインナップにはプラチナ、ブラック、サンドストーンに新色のセージが加わって4色を揃えました。プラチナのみ、キーボード上面の仕上げにアルカンターラとメタルの2種類を用意します。

Surface Laptop 5の発売日は10月25日。すでにマイクロソフトの直販ページでは予約受け付けを開始しており、価格は13.5インチモデルが15万1580円から。15インチモデルは19万7780円からとなっています。

(更新中)


《Munenori Taniguchi》
Munenori Taniguchi

Munenori Taniguchi

ウェブライター

  • twitter

ガジェット全般、サイエンス、宇宙、音楽、モータースポーツetc... 電気・ネットワーク技術者。実績媒体Engadget日本版, Autoblog日本版, Forbes JAPAN他

特集

あなたへのおすすめ

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く 画像
テクノロジー

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く

有人飛行用に設計された宇宙船が到達した最も地球から遠くに到達した記録はこれまで、アポロ13号の司令船「Odyssey」による、地球から40万171kmの地点でした。

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ 画像
ゲーム

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ

米マイクロソフトは16日(米現地時間)、企業向けコラボレーションツールTeams内でカジュアルゲームが遊べる「Games for Work」を正式発表しました。

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩 画像
テクノロジー

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩

11月16日、NASAがアポロ計画以来の月面有人探査を行うアルテミス計画の第1弾となる、Artemis Iミッションの打ち上げを実施しました。

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox) 画像
テクノロジー

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox)

不鮮明な顔写真を高精細化するiOSアプリ「Remini」がWebサービスになり、iPhoneユーザー以外にも使えるようになりました。動画もサポートしているので、使ってみました。