FOLLOW US
  • twitter

iPhone 14 Pro 発表。カメラ大幅強化、「スマホ最速」のA16 Bionic、常時表示ディスプレイなど新機能多数

ガジェット スマートフォン
Ittousai

Ittousai

  • twitter

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

iPhone 14 Pro 発表。カメラ大幅強化、「スマホ最速」のA16 Bionic、常時表示ディスプレイなど新機能多数
  • iPhone 14 Pro 発表。カメラ大幅強化、「スマホ最速」のA16 Bionic、常時表示ディスプレイなど新機能多数
  • iPhone 14 Pro 発表。カメラ大幅強化、「スマホ最速」のA16 Bionic、常時表示ディスプレイなど新機能多数
  • iPhone 14 Pro 発表。カメラ大幅強化、「スマホ最速」のA16 Bionic、常時表示ディスプレイなど新機能多数
  • iPhone 14 Pro 発表。カメラ大幅強化、「スマホ最速」のA16 Bionic、常時表示ディスプレイなど新機能多数
  • iPhone 14 Pro 発表。カメラ大幅強化、「スマホ最速」のA16 Bionic、常時表示ディスプレイなど新機能多数
  • iPhone 14 Pro 発表。カメラ大幅強化、「スマホ最速」のA16 Bionic、常時表示ディスプレイなど新機能多数
  • iPhone 14 Pro 発表。カメラ大幅強化、「スマホ最速」のA16 Bionic、常時表示ディスプレイなど新機能多数
  • iPhone 14 Pro 発表。カメラ大幅強化、「スマホ最速」のA16 Bionic、常時表示ディスプレイなど新機能多数

アップルが iPhone のハイエンドモデル iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Max を発表しました。

iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Max は「全てのスマートフォンで最速」「競合より何世代も先進的」と豪語するA16 Bionicプロセッサ、iPhone初の4800万画素カメラ、iPhone初の常時表示対応ディスプレイを搭載するフラッグシップモデル。

A16 Bionicをはじめハードウェア・ソフトウェアの進歩で「カメラの大幅強化。4800万画素センサ初搭載、超広角から望遠まで全カメラで中~低照度撮影性能が2倍以上」、「常時表示や新UI Dynamic Islandなどディスプレイの新機能・性能向上」など、他のiPhoneには不可能な体験を提供します。

またProではないiPhone 14シリーズと共通の特徴として、「携帯電話ネットワーク圏外でも使える衛星経由の緊急SOS機能」「複数センサを活用した衝突事故検出と通報」など、持つことでユーザーの安全を強化する機能も搭載。

今年の iPhone 14 がプロセッサやカメラセンサ的には大きく変わらず、ソフトウェアの強化や衛星通信など新機能の追加に振ったのに対して、iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Max はプロセッサ、カメラ、ディスプレイと、ハードウェア的にも大きく更新したモデルです。

カメラと並ぶ大きな改善はディスプレイ。HDR時の最大輝度1600ニト、屋外最大輝度2000ニトという、全スマートフォンでもっとも明るいディスプレイになり、昼間の屋外でも視認性が向上します。前モデルのiPhone 13 ProおよびProではないiPhone 14では、HDR時のピーク1200ニトが最大。

うわさどおりにAlways-On Display (常時表示)にも対応。ディスプレイの低消費電力化と、最小1Hz(毎秒1回)まで書き換え頻度を落とすことで、時刻や通知、ウィジェット、iOS 16の新機能「ライブアクティビティ」など、必要な情報を常に表示できるようになりました。

Proだけの「ダイナミックアイランド」は、前面カメラとセンサ穴部分を利用した通知インターフェース。黒いカメラ穴の周囲を黒背景で拡大し、状況に応じて通知やアイコン、ライブアクティビティを表示します。

もともと何も表示できない黒いエリアを、大きさが可変する黒背景の通知エリアのように見せかける逆転の発想です。Dynamic Island部分を長押しすれば、現在のアプリと表示はそのまま、Dynamic Island部分が拡大して通話・音楽・タイマー等を操作できます。

内部的には多くの変更が加わった iPhone 14 Proですが、本体のスタイル的には iPhone 13までとほとんど変わりません。

ただし背面カメラハウジング部分が微妙に大きく高くなったり、レンズガードの位置や径が変わったり、本体の高さや幅も微妙に変わっているため、従来のケースはサイズに余裕があるものを除きほぼ非対応。

  • 本体の素材は従来と同じステンレスボディ+セラミックシールド。IP68防水防塵。

  • カラバリはスペースブラック、シルバー、ゴールド、新色ディープ・パープルの4色。従来のシルバーは灰色に近かったのに対して、14 Proのシルバーはかなり明るく白に近い新しいシルバーです。

  • 本体重量は14 Proが206g、14 Pro Maxが240g。前モデルに対してそれぞれ2gほど重くなりました。

A16 Bionicプロセッサは、アップルいわく「全スマートフォンで最高性能プロセッサ。競合の40%高速」。

  • 160億トランジスタ、4nmプロセス。電力効率を大幅改善。

  • 5コアGPUはメモリ帯域幅がA15比で50%増加。

  • A15より20%低い消費電力。

  • ニューラルエンジンも処理速度向上。

最大の売りのひとつは、iPhone 13 Proからさらに強化された Pro Cameraシステム。従来の12MPセンサから、iPhone初の48MPセンサを搭載します。

  • メインカメラのセンササイズは従来より65%大型化

  • 明るさが中程度~低度での撮影性能を向上させる「Photonic Engine」を初採用。前面カメラで2倍、背面の望遠カメラと広角カメラで2倍、超広角カメラでは3倍向上。

  • Photonic Engineは画像処理パイプラインの早い段階でDeep Fusionを適用する技術。暗所でもフォーカス速度や色再現性、コントラストを維持する

  • 超広角12MPカメラも画素サイズ1.4μmに向上、暗所性能が大幅向上。

  • 広角のメインカメラには、iPhone初の48MPセンサを搭載。4ピクセルをまとめて2.44μm相当の1ピクセルとして扱うことで、屋内など明るさが足りない状況でも鮮やかな12MP写真を撮影する機能に対応します。

  • また中央部分の12MP相当だけを切り出すことで、望遠カメラではなくメインカメラを使った2倍望遠相当のフル解像度撮影・4K動画撮影にも対応。

  • 前面のTrueDepthカメラも従来より明るくなり、オートフォーカスにも対応しました。

  • 動画撮影の新機能「アクションモード」。手持ちで歩いたり走ったりしながらの撮影でも、揺れを補正して滑らかな動画を撮影。

ユーザーの安全のための機能は、

  • 衛星経由の緊急SOSに対応 (ProではないiPhone 14と共通) :携帯電話ネットワークの圏外でも、通信衛星と直接接続してテキストの緊急通報ができる。
    通信衛星とスマートフォンが通信できるタイミングや帯域は限られるため、アプリで衛星の位置をユーザーに伝え、接続を確立するためiPhoneを向ける方向を指示する。
    救助に必要な怪我人などの情報を対話形式でタップするだけで送れる。通報を受ける関係機関が音声にしか対応していない場合、アップルが運営する中継センターがテキストを受け取り、関係機関に音声で伝える。
    通常の通話やネット接続、メッセージ送信に使うのではなく、あくまで圏外での緊急SOS発信用の位置付け。
    衛星通信はまず北米のユーザー向けに11月から提供開始。当初は2年間は無料。

  • 衝突事故検出。最大256Gを検出できる新たなGセンサ、HDRジャイロセンサ、マイクのノイズ検出、GPS等を使い、交通事故の衝撃を検出。ユーザーが動けない場合、意識を失った場合でも自動で緊急通報する。

価格は従来のProと同じ999ドル、Maxは1099ドルから。

国内価格はiPhone 14 Proが128GB 14万9800円、iPhone 14 Pro Max が128GB 16万4800円から。

もっとも高価な iPhone 14 Pro Max の1TBモデルは税込み23万9800円。

9月9日午後9時より予約を受け付け、9月16日に発売します。


Apple iPhone 13 Pro (128 GB) - アルパイングリーン SIMフリー 5G対応
¥144,800
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Apple iPhone 13 Pro Max (256GB) - シエラブルー SIMフリー 5G対応
¥174,800
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Ittousai》
Ittousai

Ittousai

  • twitter

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

あなたへのおすすめ

二次元キャラに強い中国の画像生成AI『ERNIE-ViLG』、検閲で「プーさん」は描けず。NGワード多数 画像
テクノロジー

二次元キャラに強い中国の画像生成AI『ERNIE-ViLG』、検閲で「プーさん」は描けず。NGワード多数

中国のIT大手Baidu(百度)が開発し、二次元キャラの生成に強いことでも話題になっている画像生成AI「ERNIE-ViLG」で、特定のワードを使った画像生成がブロックされることをMIT Technology Reviewが伝えています。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
iPhone 14 / 14 Pro本日発売。先行レビュー&新機能まとめ 画像
ガジェット

iPhone 14 / 14 Pro本日発売。先行レビュー&新機能まとめ

2022年9月16日、ついにiPhone 14 / iPhone 14 Proシリーズが発売となりました。ここではiPhone 14 / iPhone 14 Proの先行レビュー、発表時の情報をまとめてお届けします。

こばやしなおき
こばやしなおき
ソニー、19万円のXperia 1 IVゲーミングエディション発表。空冷ファン内蔵の「ゲーミングギア」付属 画像
ガジェット

ソニー、19万円のXperia 1 IVゲーミングエディション発表。空冷ファン内蔵の「ゲーミングギア」付属

ソニーは、Androidスマートフォン「Xperia 1 IV」のSIMフリーモデルを9月16日に発売します。また10月中旬には、空冷ファンやマルチポートを備えたXperia 1 IV専用アクセサリ「Xperia Stream for Xperia 1 IV」(XQZ-GG01)も発売予定です。

関根慎一
関根慎一
はじめるなら今!9日発売『スプラトゥーン3』で初塗りのススメ 画像
ゲーム

はじめるなら今!9日発売『スプラトゥーン3』で初塗りのススメ

2022年9月9日にNintendo Switchで『スプラトゥーン3』が発売されます。この記事は、スプラトゥーンが大好きな筆者がただひたすらに「スプラトゥーン3を遊んで欲しい」と訴えかける内容となっています。

砂流 恵介
砂流 恵介
5分でわかるアップル新製品まとめ。 iPhone 14 Proはノッチ廃止、シリーズ史上最も屈強なApple Watch Ultraも 画像
ガジェット

5分でわかるアップル新製品まとめ。 iPhone 14 Proはノッチ廃止、シリーズ史上最も屈強なApple Watch Ultraも

米国時間の9月7日に開催されたAppleのイベント「Far Out」にてiPhone 14シリーズやApple Watch Ultra、Apple Watch Series 8、新型AirPods Proなどが発表されました。

こばやしなおき
こばやしなおき
テクノエッジ創刊のご挨拶 画像
テクノロジー

テクノエッジ創刊のご挨拶

初めましての方は初めまして。そうでないかたは大変お待たせしました。テクノロジーメディア TechnoEdge テクノエッジ、本日より始動します。

Ittousai
Ittousai