FOLLOW US
  • twitter

Apple Watch Pro(仮)は大型化でバンドも独自、互換性なし?従来品も一応使える?イベント直前のうわさ

ガジェット ウェアラブル
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

Apple Watch Pro(仮)は大型化でバンドも独自、互換性なし?従来品も一応使える?イベント直前のうわさ

毎年アップルの新製品発表イベントが近づいてくると、話題になるのが「過去モデルのアクセサリーが流用できるのか?」です。

今年の「iPhone 14 Pro」(仮)モデルも背面カメラが強化され出っ張りが大きくなり、iPhone 13 Pro用のケース類は使えないと予想されています。

そうしたなかでおそらく唯一、初代から最新モデルまで頑なに互換性が守られてきたのがApple Watchのバンドでした。ですが、今年から登場するとみられる大型かつ頑丈な「Apple Watch Pro」(仮)モデルでは、従来バンドとの互換性はないか、あるとしてもフィット感が落ちるとの噂があります。

情報源は2つあり、1つは名の知れたリーカー「Unclepan」氏が中国SNSのWeiboに投稿したつぶやきです。それによれば、47mm/48mmモデル(Proモデル)は角張ったデザインのためバンドの幅が広くなり、古いバンドは使えないとのこと。

Unclepan氏は過去にいくつか正確な情報をリークさせてきた実績があり、特にApple Watch Series 7の画面サイズが41mm/45mmに大きくなる(従来は40mm/44mm)と的中させたこともあって、それなりに信ぴょう性は高いと思われました。

が、やはりアップルの社内事情に詳しいBloombergの名物記者Mark Gurman氏が、この噂話に反応しました。そもそもGurman氏はApple Watch Proが開発中だと1年以上前から主張した人物であり、最近のニュースレター「Power On」は週刊Apple Watch Proの趣きさえあります。

そのツイートによれば、Apple Watch Proでは古いバンドがサポートされると信じているとのこと。ただし、新型ウォッチのサイズのせいで上手くフィットしなかったり、シームレスに見えないかも……と少し歯切れの悪いコメントです。

今までの経緯から考えれば、Gurman氏の見解が妥当と思えるはず。なぜなら歴代Apple Watchの画面サイズは何度か変更されながらも、バンドだけは同じものが使えたからです。

2015年の初代用バンドさえ、最新(8月時点)にして7年後のSeries 7でも流用できる互換性の息長さは、他社製品にもほとんど例がないでしょう。おそらく、バンドはApple Watch本体の何倍もの数量を各店舗に卸しているため、新モデルでも流用“できなければならない”事情もあると推測されます。

しかし、今年の新型Apple WatchはProモデルだけではありません。Apple Watch Series 7とほぼ同じデザインを継承する「Apple Watch Series 8」(仮)や、やはり過去モデルのサイズを踏襲する廉価モデル「SE」の後継デバイスもあり、あえてProモデルだけは専用バンドに切り替え、互換性を断ち切るという選択肢もあり得そうです。

また、「一応は過去モデル用のアクセサリを物理的に繋げられるが、微妙に収まりが悪い」先例もあります。たとえば去年の12.9インチiPad Pro(2021)でも、前モデル用のMagic Keyboardは問題なく利用できるものの、本体の厚みが0.5mm増しているため、閉じた状態ではすき間が空く、ということもありました。

今のところどちらかは判断しかねますが、約1週間後の「Far Out」イベントではすべて明らかとなるはず。もっとも、1時間程度のイベントでは、Apple Watch用バンドの互換性まで紹介する余裕はないかもしれません。

《Kiyoshi Tane》
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

あなたへのおすすめ

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ 画像
ゲーム

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ

米マイクロソフトは16日(米現地時間)、企業向けコラボレーションツールTeams内でカジュアルゲームが遊べる「Games for Work」を正式発表しました。

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩 画像
テクノロジー

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩

11月16日、NASAがアポロ計画以来の月面有人探査を行うアルテミス計画の第1弾となる、Artemis Iミッションの打ち上げを実施しました。

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox) 画像
テクノロジー

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox)

不鮮明な顔写真を高精細化するiOSアプリ「Remini」がWebサービスになり、iPhoneユーザー以外にも使えるようになりました。動画もサポートしているので、使ってみました。

レンズ交換式の「Xiaomi 12S Ultra Concept」はスマホとデジカメの関係を変えるゲームチェンジャーとなるか(山根康宏) 画像
ガジェット

レンズ交換式の「Xiaomi 12S Ultra Concept」はスマホとデジカメの関係を変えるゲームチェンジャーとなるか(山根康宏)

シャオミが突如発表したコンセプトスマートフォン「Xiaomi 12S Ultra Concept」は、スマートフォンであるのに背面にレンズが交換できるデジタルカメラのような製品だ。