『折りたたみAIフォン』Galaxy Z Fold6は7月31日発売、約25万円から。歴代最薄最軽量、冷却強化で大画面ゲーミング推し

ガジェット スマートフォン
Ittousai

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

『折りたたみAIフォン』Galaxy Z Fold6は7月31日発売、約25万円から。歴代最薄最軽量、冷却強化で大画面ゲーミング推し
  • 『折りたたみAIフォン』Galaxy Z Fold6は7月31日発売、約25万円から。歴代最薄最軽量、冷却強化で大画面ゲーミング推し
  • 『折りたたみAIフォン』Galaxy Z Fold6は7月31日発売、約25万円から。歴代最薄最軽量、冷却強化で大画面ゲーミング推し
  • 『折りたたみAIフォン』Galaxy Z Fold6は7月31日発売、約25万円から。歴代最薄最軽量、冷却強化で大画面ゲーミング推し
  • 『折りたたみAIフォン』Galaxy Z Fold6は7月31日発売、約25万円から。歴代最薄最軽量、冷却強化で大画面ゲーミング推し
  • 『折りたたみAIフォン』Galaxy Z Fold6は7月31日発売、約25万円から。歴代最薄最軽量、冷却強化で大画面ゲーミング推し
  • 『折りたたみAIフォン』Galaxy Z Fold6は7月31日発売、約25万円から。歴代最薄最軽量、冷却強化で大画面ゲーミング推し
  • 『折りたたみAIフォン』Galaxy Z Fold6は7月31日発売、約25万円から。歴代最薄最軽量、冷却強化で大画面ゲーミング推し
  • 『折りたたみAIフォン』Galaxy Z Fold6は7月31日発売、約25万円から。歴代最薄最軽量、冷却強化で大画面ゲーミング推し

Galaxy Unpacked イベントで、サムスンが今年の折りたたみスマホ2機種と新型イヤホン、ウォッチ、そして新たなカテゴリ「Galaxy Ring」を正式発表しました。

Galaxy Z Fold6 は、横開き大画面フォルダブルスマホZ Foldシリーズの最新モデル。

第6世代の特徴は、プロセッサのAI性能向上と、大画面やペン入力を活かした 『Galaxy AI』機能を多数追加したことで、スマホとしての生産性・仕事効率を向上したこと。

本体は丸みを帯びていた従来モデルからガラリと変わり、直線的でソリッドな新デザインを採用。

先代Z Fold5比で14g、先々代Z Fold4比で24g軽くなり、畳んだときは隙間なくピタリと閉じて約12.1mm (先代比マイナス1.3mm)と、さらに薄型軽量化を遂げています。

プロセッサは現行最速級のSnapdragon 8 Gen 3をカスタマイズした「for Galaxy」版。先代比でGPUが25%、CPUは14%高速化したことに加え、冷却部品のヴェイパーチャンバーが約1.6倍になり放熱性能を向上したことで、大画面かつ長時間の連続使用にも強いゲーミングスマホとしても訴求します。

『Galaxy AI』プロダクティビティ機能を前面訴求

サムスンの「Galaxy AI」活用機能の例は、

・翻訳アプリの「リスニングモード」
外国語のスピーチや会議など、リアルタイムで内容を把握したいときのため、言語の書き起こしと翻訳を同時表示。
折りたたんで立てればスマホを覗き込まず自然に確認できる。

・「ノートアシスト」
複雑なPDFも、部分的にコピペを繰り返す必要なく、レイアウトそのまま一発翻訳。さらに要約など、メモやノート作成と清書、活用がシームレスに。

・多数のアプリで使える「リアルタイム翻訳」
標準アプリだけでなく、LINE通話やInstagram等でも、システムレベルでリアルタイムの音声通訳を表示

・文章作成
伝えたい内容のキーワードや要旨メモ書きと、EメールやSNSなど用途、ビジネスやカジュアルなどトーンを指定すると、挨拶から始まる文章例を自動作成。微調整して使うことも、再生成することも。

別売りのS Penに対応するZ Foldシリーズは、かつて大画面とペン入力でビジネスやプロダクティビティ向け機種だった Noteシリーズを継承する機種だけに、情報収集や整理、通訳、文書作成など、実用的な機能にAIを絡めた訴求です。

本体はソリッドな新デザイン、歴代最薄・最軽量を更新

本体の主な仕様は、閉じた外側のサブディスプレイが縦長の6.3インチ2376 x 968 Dynamic AMOLED 2X有機ELディスプレイ、 開いたメインディスプレイは7.6インチ2160 x 1856 Dynamic AMOLED 2X有機ELディスプレイ。

対角の数字では1.3インチしか変わりませんが、縦横比が違うので面積は約2倍です。

画面の最大輝度は先代Z Fold5より1.5倍明るい最大2600ニト、リフレッシュレートは1から120Hzの可変。

本体サイズは

オープン時:132.6 x 153.5 x 5.6mm
折り畳み時:68.1 x 153.5 x 12.1mm

重量 約239g。従来の丸みを抑え直線的になったことで、実際の厚み以上に「シュッ」としたソリッドな印象になりました。

参考までに、6.8インチ3120 x 1440画面の Galaxy S24 Ultraは233g、iPhone 15 Pro Max は221g。折りたたみの Google Pixel Foldは283g。

RAMは12GB、ストレージはモデルにより256GB / 512GB / 1TB。

開いた状態のメイン画面側にあるインカメラは10MP、アウトカメラはS24と同じ広角50MP / 超広角12MP / 望遠10MPトリプル構成。

フォルダブルの特徴として、開けばサブディスプレイとメインカメラが同じ面になるためプレビューを確認しながら自撮りできる、つまり最高性能のアウトカメラを自撮りカメラとして使える利点もあります。

そのほか 指紋認証対応、IPX8 / IP4X 防水防塵、4400mAhバッテリーなど。背面にマークはありませんが、FeliCaにも対応します。

サムスン直販 256GBモデル 24万9800円から、7月31日発売

サムスンオンラインショップでのオープンマーケット版(SIMフリーモデル)は、

  • シルバーシャドウ

  • ネイビー

  • クラフテッド ブラック (サムスンオンラインショップ限定色)

  • ホワイト (サムスン オンラインショップ限定色)

このうちシルバーシャドウのみ256GB / 512GB / 1TBから選択でき、他のカラーは256GBのみになります。

価格は256GBモデル 24万9800円、512GB 26万7800円、1TB 30万3800円

発売は7月31日。

最新イヤホンの Galaxy Buds3がもらえる特典付きの予約受付は7月17日から。

《Ittousai》

Amazon売れ筋ランキング

Ittousai

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

BECOME A MEMBER

テクノエッジ友の会に登録しませんか?

今週の記事をまとめてチェックできるニュースレターを配信中。会員限定の独自コンテンツのほか、イベント案内なども優先的にお届けします。