Ankerのカード型忘れ物防止タグ「Eufy Security SmartTrack Card」はAirTagを補完できるか(西田宗千佳)

ガジェット ウェアラブル
西田宗千佳

西田宗千佳

フリーライター/ジャーナリスト

  • homepage
  • facebook
  • X

1971年福井県生まれ。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、ネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。主に、取材記事と個人向け解説記事を担当。

特集

Ankerのカード型忘れ物防止タグ「Eufy Security SmartTrack Card」はAirTagを補完できるか(西田宗千佳)
  • Ankerのカード型忘れ物防止タグ「Eufy Security SmartTrack Card」はAirTagを補完できるか(西田宗千佳)
  • Ankerのカード型忘れ物防止タグ「Eufy Security SmartTrack Card」はAirTagを補完できるか(西田宗千佳)
  • Ankerのカード型忘れ物防止タグ「Eufy Security SmartTrack Card」はAirTagを補完できるか(西田宗千佳)
  • Ankerのカード型忘れ物防止タグ「Eufy Security SmartTrack Card」はAirTagを補完できるか(西田宗千佳)
  • Ankerのカード型忘れ物防止タグ「Eufy Security SmartTrack Card」はAirTagを補完できるか(西田宗千佳)
  • Ankerのカード型忘れ物防止タグ「Eufy Security SmartTrack Card」はAirTagを補完できるか(西田宗千佳)
  • Ankerのカード型忘れ物防止タグ「Eufy Security SmartTrack Card」はAirTagを補完できるか(西田宗千佳)
  • Ankerのカード型忘れ物防止タグ「Eufy Security SmartTrack Card」はAirTagを補完できるか(西田宗千佳)

筆者はアップルの忘れ物防止タグ「AirTag」を愛用している。発売以来荷物などにつけているから、もうすぐ使い始めて2年ほどになる。

とても良い製品だとは思うが、不満点もある。分厚くて、使いにくい場面もあることだ。

そこに解決策をもたらす新顔が現れた。

Ankerの「Eufy Security SmartTrack Card」だ。出荷開始と同時に、Amazonではすでに売り切れとなっている人気製品である。

▲AirTag(左)とEufy Security SmartTrack Card(右)。AirTagは財布に2年入れ続けているものなので、傷などが目立つ点ご容赦を。

▲Eufy Security SmartTrack Cardのパッケージ。価格は3999円(税込)

どの辺が便利であり、AirTagや他の忘れ物防止タグとの違いはどこにあるのか? 筆者も予約して購入しているので、ちょっと確かめてみよう。


※この記事は、毎週月曜日に配信されているメールマガジン『小寺・西田の「マンデーランチビュッフェ」』から、一部を転載したものです。今回の記事は2023年3月6日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額660円・税込)の申し込みはこちらから。コンテンツを追加したnote版『小寺・西田のコラムビュッフェ』(月額980円・税込)もあります。



「忘れ物防止タグ」とは

最初に「忘れ物防止タグ」の仕組みをおさらいしておこう。

すごくざっくり言えば「Bluetoothの電波を使い、機器がある場所を把握する機器だ。といっても、把握の方法には、さらに3つのやり方がある。

1つ目は「スマートフォンの近くにあるかどうかを把握する」方法。スマホとBluetoothで通信できる範囲にあるかを把握する、というやり方であり、一番シンプル。欠点は「スマホを持っていないとタグも意味を持たない」ことで、現実的には「スマホを持ち歩いているとき、自分の近くから荷物が数m以上離れた」ことを認識する仕組み、といっていい。

これだけでは不便なので、より本格的な手法として使われているのが、「あらゆる場所にある対応機器と連携する」方法だ。自分のスマホだけでなく、街中にある機器や他人のスマホとも連携すれば、離れた場所にいる忘れ物防止タグの場所も把握できる。

AirTagにしろ「Tile」や国産の「MAMORIO」も、使っているのはこの手法。ただAirTagが有利なのは、アップルの「探す(Find My)」ネットワークを活用できる点だ。

忘れ物防止タグの課題は、「いかに機器を探すためのネットワークを作るか」にある。一般には同じ忘れ物防止タグを使っている人同士でネットワークを作るが、それだと数が少なくなるので「世界中を網目状にカバーする」のは難しくなる。だから、駅などに感知用の機器を設置してもらい、実効性を高める仕組みを採用するところもある。MAMORIOはこのパターンだ。

一方、この課題を解決してしまったメーカーもある。それがアップルの「探す(Find My)」ネットワークだ。世界中の人が持っているアップル製品(主にはiPhoneだが、MacやiPadでもいい)をすべて「探す(Find My)ネットワーク」の中に組み込むことで、他社とは文字通り桁違いのカバー率を実現している。

さらに、AirTagには3つ目の手法として「UWB」を組み込んでいる。UWBはBluetoothよりさらに狭い範囲を想定した短距離通信技術だが、これを活用することで、「どの方向・どのくらい離れた場所にAirTagがあるか」をピンポイントに把握可能になる。ただしこれは、UWBを搭載したiPhoneでしか使えない。

▲AirTagとiPhoneを組み合わせると、UWBで「どの方向・どのくらい離れた場所にAirTagがあるか」がわかる

というわけで、これら3つの方法は「自分の周囲数メートルから離れたときに有効」「街のどこにあるかを把握するのに有効」「同じ部屋のどこにあるかを把握するのに有効」と、それぞれ価値が異なっており、全部兼ね備えているのがAirTagだ……ということになる。

AirTagの弱点をカバーする製品

その上で、AirTagには複数の弱点がある。

まず「iPhoneかiPadを使っている人でないと使いづらい」こと。初期登録すらできない。

次に「形状にバリエーションがない」こと。分厚いボタン型で、キーリングなどをつけるにもホルダー的なものを併用しないといけない。鞄の中に入れておくならいいが、鍵につけたりするのが面倒だ。また、財布の中に入れる場合にも、厚みが邪魔になることが多い。

というわけでようやく本題。この2つの課題を解決する商品として出てきたのが「Eufy Security SmartTrack Card」、ということになる。

▲Eufy Security SmartTrack Cardのパッケージに入っているもの。本体とマニュアルのほか、クリップが付属

Eufy Security SmartTrack CardはAnkerの製品だが、アップルの認証を得て「探す(Find My)」ネットワークが使える。

他方で自社アプリ「Eufy Security」も使えるので、Androidしか持っていない場合でも使える。ただし、「Eufy Security」は基本的に、前出の「スマートフォンの近くにあるかどうかを把握する」ことにしか使えない。

すなわち、
・iPhoneやiPadと組み合わせるとAirTagに近いことができる
・Androidだけでも限定的な忘れ物防止タグとして使える
と考えればいいだろう。

その上で、写真のように形状がカード型。

▲Eufy Security SmartTrack Card本体はほぼクレジットカードと同じサイズ

薄すぎて曲がっているのが気になるが、無理に力をかけなければ問題なさそうだ。AirTagの「形状」に関する課題をカバーする製品としては有用である。

▲薄いせいか、最初からちょっと曲がっている。ちょっと不安だが、用途を考えると、曲がっている部分に強い力をかけるようなことはないだろうから、さほど問題ではない

この種のカード型忘れ物タグはいくつもある。ただ、「探す(Find My)」ネットワーク対応のものはまだ少ない。昨年「Chipolo CARD Spot」という製品が発売になっているのだが、Eufy Security SmartTrack Cardはそれに続くもの、と言える。

Chipolo CARD Spot

ただ、Chipoloのものが5000円程度で売られているのに対し、Ankerの製品は3990円と1000円ほど安い。今回は、せっかくの新製品なのでEufy Security SmartTrack Cardを選んだ次第だ。

実は財布よりパスポート向けだった

さっそく財布に入っているAirTagと入れ替えて……と思ったのだが、ちょっとここで冷静になった。

筆者の場合、どうも財布の中のAirTagと入れ替えても、あんまりいいことはなさそうなのだ。

たしかに、AirTagは財布の中で邪魔なのだが、そもそも財布が分厚いので、小銭入れの中でちゃんと定位置さえ決まってしまえば、そこまで問題なかったのである。

▲普段使っている財布とAirTag。財布の中で邪魔といえば邪魔なのだが、入ってしまえばさらに厚くなるわけでもない

「だったら買う意味ないじゃん……」という話になるのだが、そうでもなかった。

これは買ってから気づいたことなのだが、SmartTrack Cardには「クリップ」がついてくる。パスポートなどにSmartTrack Cardを留めて使うことを想定したものだ。

AirTagをパスポートケースの中にも入れていたのだが、こちらは明確に邪魔だった。写真のようにクリップをつけて挟んでしまえば、かなり使いやすくなる。

▲クリップをつけるとパスポートなどに挟んでおける。写真ではあえて表側に見せているが、実際には反対にして挟み込む

というわけで、筆者の場合は、パスポートと一緒に使うことに決まった。SmartTrack CardにはUWBがないので「部屋のどこにあるか」は判別できないのだが、パスポートは毎日持ち出すわけでもないので、その点は妥協できる。

安心して使えるが「3年使い捨て」がちょっと気になる

設定はシンプルだ。「Eufy Security」アプリと「探す」アプリで登録をするだけでいい。特別な設定もない。

前述のように、「街中でどこにあるか」を認識するには「探す(Find My)」ネットワークとの連携が必須なので、「探す」アプリへの登録が必須になる。iPhoneでしか使わないなら、「Eufy Security」アプリを使う意味はあまりない。

五反田駅前のカフェで位置認識をしてみたが、ちゃんと出てくる。とはいえ、画像は手元にiPhoneを持っている際のものだから、「ちゃんと動いているんだな」と判断できた以上のものではない。自宅に置いてきて位置を確認してみたが(プライベートな情報が絡むので画像は公開できない)、こちらでもちゃんと位置把握はできた。謳い文句通り、「探す(Find My)」ネットワークを使うアップル製品と同じ、と考えていい。

▲「探す」アプリで位置を確認。上がSmartTrack Cardで、下がAirTag。位置は当然同じように出る。UWBがあるAirTagには「探す」メニューが出るのが違い

一方、Androidでの利用も含め「探す(Find My)」ネットワークを使わないなら、「Eufy Security」アプリから、スマホの近くにあることを把握できる。

▲一見「探す」アプリに見えるが、iPhone上の「Eufy Security」での画面。タイミングの問題かちょっと場所が上記写真からずれているが、本質的な問題ではない

▲Galaxy Z Fold 4で「Eufy Security」を使ってみた。置き忘れ通知などに使うならこれでもいい

というわけで、設定ができてしまうと拍子抜けするくらい普通に使えるので、それ以上語ることもない。安心して使える製品と考えて良さそうだ。

1点懸念があるとすれば、バッテリーの交換や充電はできない、というところだろうか。AirTagは1年強で電池を交換して使う形だが、SmartTrack Cardのバッテリーは交換できない。ただし、スペック上では3年間動作する、とされている。

4000円を3年で使い捨て、というのはもったいない気もするが、3年も経てば新しい製品も出てくるだろうから、いろいろ見直すことも考えるとちょうどいいくらい、とも言える。

4000円で3年掛け捨ての保険、と思って使うのが良さそうだ。

それでも、リユース・リサイクルが重要な昨今。メーカーとしては、使い終わった後にリサイクルし、また次の製品を買ってもらう仕組みを組み込んでおいた方がいい、とは思うのだが。


Apple AirTag 4個入り
¥13,031
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《西田宗千佳》

西田宗千佳

西田宗千佳

フリーライター/ジャーナリスト

  • homepage
  • facebook
  • X

1971年福井県生まれ。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、ネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。主に、取材記事と個人向け解説記事を担当。

特集

BECOME A MEMBER

編集部と一緒にテクノエッジを作っていきませんか?

会員制コミュニティ「テクノエッジ アルファ」では、これから始まるテック系コミュニティに初期メンバーとして参加して、他のメンバーや運営と一緒に築いてゆくことに意義を見いだせる方を募集しています。編集部と共にテクノエッジを作り上げていきましょう。