FOLLOW US
  • rss
  • youtube

全面ディスプレイ内蔵メカニカルキーボード「Centerpiece」、349ドルで2023年初旬発売

テクノロジー Science
山本竜也

20年務めた会社を辞めて、ガジェットなど好きなことをブログなどに書いて生きています。

特集

全面ディスプレイ内蔵メカニカルキーボード「Centerpiece」、349ドルで2023年初旬発売
  • 全面ディスプレイ内蔵メカニカルキーボード「Centerpiece」、349ドルで2023年初旬発売
  • 全面ディスプレイ内蔵メカニカルキーボード「Centerpiece」、349ドルで2023年初旬発売
  • 全面ディスプレイ内蔵メカニカルキーボード「Centerpiece」、349ドルで2023年初旬発売
  • 全面ディスプレイ内蔵メカニカルキーボード「Centerpiece」、349ドルで2023年初旬発売

マウスの表面にハニカム構造の穴を開けた超軽量ゲーミングマウスで一部で根強い人気を誇るFinalmouseが、一風変わったメカニカルキーボード「Centerpiece」のティザー動画を公開しました。

CenterpieceはUSB接続の有線メカニカルキーボードですが、キーボード面全体がディスプレイになっているのが大きな特徴です。

似たようなコンセプトとしては、キーキャップが有機ELになったキーボード「Optimus」などがありましたが、Centerpieceはキーキャップではなく、メカニカルキーボード全面がディスプレイになっています。

これは、Finalmouseが開発した「Laminated DisplayCircuit Glass Stack (LDGS)」によって実現したとのこと。具体的な仕様は不明ですが、映像がキースイッチを透過しており、またDisplayCircuit という名称的にもキースイッチを固定している基板そのものをディスプレイ化、あるいはその上にディスプレイ層を被せているようです。キーキャップは透明で、Gateronと共同開発したというキースイッチを採用しています。

また、ガスケットで隔離されたGlass Stackは、他にはないタイピング音と感触で、まるで「soft marble raindrops(柔らかい大理石の雨粒)」だと形容されています。

なお、ディスプレイといってもPCの映像をそのまま流せるわけではなく、専用の映像(スキン)を用意する必要があるようです。スキンは本体に3つ保存可能。Unreal Engine 5を利用し、キー入力にインタラクティブに反応するスキンも制作できるとのこと。

スキンは、Steamで配布されるアプリを通じてダウンロードが可能。ユーザーによる制作や販売もできるようになる予定です。

キーボード側にCPUとGPUを搭載しており、スキンによりPC側に負荷がかからないようになっているとのこと。

かなり魅力的な製品になりそうですが、ティザーの出来が良くても、実際の製品が「コレジャナイ」というのは往々にしてありがちです。ぜひともティザー通りの製品が登場するのを期待したいところです。


Finalmouse Ultralight 2 - Cape Town ゲーミングマウス
¥31,498
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
FinalMouse スターライト-12 ペガサス (S)
¥79,800
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《山本竜也》
山本竜也

20年務めた会社を辞めて、ガジェットなど好きなことをブログなどに書いて生きています。

特集