FOLLOW US
  • rss
  • youtube

PR:徹底保護スマホケース『Squl』(スクル)発売。レンズも守る手帳型+耐衝撃ハイブリッドケースが回転ギミックで合体

ガジェット アクセサリ
PR
デジタルアルキミスト

デジタルアルキミスト

デジタルアルキミスト

デジタルアルキミスト

特集

PR:徹底保護スマホケース『Squl』(スクル)発売。レンズも守る手帳型+耐衝撃ハイブリッドケースが回転ギミックで合体
  • PR:徹底保護スマホケース『Squl』(スクル)発売。レンズも守る手帳型+耐衝撃ハイブリッドケースが回転ギミックで合体
  • PR:徹底保護スマホケース『Squl』(スクル)発売。レンズも守る手帳型+耐衝撃ハイブリッドケースが回転ギミックで合体
  • PR:徹底保護スマホケース『Squl』(スクル)発売。レンズも守る手帳型+耐衝撃ハイブリッドケースが回転ギミックで合体
  • PR:徹底保護スマホケース『Squl』(スクル)発売。レンズも守る手帳型+耐衝撃ハイブリッドケースが回転ギミックで合体
  • PR:徹底保護スマホケース『Squl』(スクル)発売。レンズも守る手帳型+耐衝撃ハイブリッドケースが回転ギミックで合体
  • PR:徹底保護スマホケース『Squl』(スクル)発売。レンズも守る手帳型+耐衝撃ハイブリッドケースが回転ギミックで合体
  • PR:徹底保護スマホケース『Squl』(スクル)発売。レンズも守る手帳型+耐衝撃ハイブリッドケースが回転ギミックで合体
  • PR:徹底保護スマホケース『Squl』(スクル)発売。レンズも守る手帳型+耐衝撃ハイブリッドケースが回転ギミックで合体

「徹底保護耐衝撃ケース」を名乗るスマホケースの新製品『Squl』(スクル)をご紹介します。

要点を先にまとめると、

「本体も修理も高価になったスマートフォンを徹底的に守りつつ、スタイルや使い勝手も両立する新型ケース。手帳型とハイブリッド耐衝撃インナーケースを回転ギミックで着脱する新製品『Squl』が出ました。ここから買えます

ラインナップや対応機種を確認できる製品ページはこちら

ますます高価になるスマートフォン。iPhone 14修理費は最大10万円超

支払いからタクシー配車まで、スマホとアプリさえあればできることが増え、生活に不可欠な存在になる一方で、最近の新機種はますます高価になりつつあります。

通信プランと抱き合わせた割引の規制で本体価格が見えやすくなったことはもちろん、高性能化による価格帯の上昇、世界的な経済情勢や最近の円安傾向で、たとえばiPhone 14は最安でも11万9800円

上位機種のiPhone 14 Proは14万9800円から、6.7インチ画面のiPhone 14 Pro Maxは最安でも16万4800円、ストレージ容量によっては20万円を超えるようになりました。

そして本体代金の上昇に隠れがちなのが、壊してしまったときの修理代金も上がっていること。Appleの公式サポートでは、iPhone 14シリーズは画面破損で4万2800円~5万6800円

本体から大きく飛び出るようになった背面カメラ修理代は2万1800円から2万9800円。背面ガラス破損で2万5900円から8万2800円。その他の修理代では最大10万7800円と、スマホを持つ手につい力が入る数字が並びます。

修理代金も負担ですが、破損した場合にはバックアップできていないデータが消えたり、代わりを手配して再セットアップなど、スマホの利便性が裏返しになった手間と時間のコストも馬鹿になりません。

徹底的に守りたい、けれど利便性も犠牲にしないコンセプト

修理代と手間や時間の浪費を避けるには、まず壊さないよう守ること。保護を重視したスマホケースにもさまざまな種類がありますが、なかでも根強い人気を保つのがいわゆる手帳型ケースです。

アナログの手帳のように素材の風合いが味わえたり、ものによってはカード等も収納できる点で以前から人気がありますが、もっとも重要な画面を物理的に覆って守れる、背面も完全に隠せる防御力の高さはむしろいま価値を増しているといえます。

一方で、手帳型ケースを敬遠するユーザーが挙げるのは開くひと手間が増えること、着脱が面倒なこと。特にカメラ部分を覆うタイプの場合、写真を撮るためにスマホを取り外せば無防備になってしまいます。

くるっと着脱・カメラ利用、インナーも高防御力な『Squl』

こうした課題を解決すべく登場したのが、カメラまで覆う手帳型ケースと、背面と側面を覆う耐衝撃ハイブリッドケースが合体する『Squl』です。

特徴は:

  • 手帳から取り外した状態でも、ハイブリッド素材の耐衝撃ケースでスマホを強力に保護

  • 手帳型ケースとインナーの耐衝撃ケースは回転パーツで簡単に着脱でき、状況に応じて使い分けが可能

  • 手帳と合体した状態でも、本体を回転させてすばやくカメラが使える

インナーケースは耐衝撃性に優れたTPU(熱可塑性ポリウレタン樹脂)と、硬いポリカーボネートのハイブリッド素材製。これだけでも、スマホ本体を平均的なケースより強力に守ります。

背面は厚みがあり、iPhone 14 Pro Maxのレンズガードも飛び出ない高さ。ボリュームとサイドボタンも覆いつつ、樹脂ケースでありがちな「ボタンがやたらと重く押しにくい」は回避しています。

落下時に衝撃を受けやすい四隅はスクエアになっており、バンパーの効果を発揮する構造。左下には落下自体を阻止するストラップホールもしっかり装備します。

『Squl』最大の特徴はこの接合パーツ。薄いプレート状で、手帳型ケース側の穴にあわせて回転すれば機械的に、確実に固定できます。磁石式と違い、縦横からの押す力でずれて落ちてしまうこともありません。

(ただし背面を塞ぐため、MagSafe対応アクセサリやワイヤレス充電を使うには一度インナーケースを外す必要があります)

手帳型ケース部分は光沢が美しいスムースな合成皮革が3色、クロコ型押しの合成皮革が2色からお好みで。

カメラホールはなく、手帳に収めれば背面も画面も完全に守れます。フラップは磁石式で、引っかかる金属パーツもありません。

開いた内側にはカード類や、紙幣・レシート等の紙類も収納可能。スマホに収まらないアイテムをここにしまえば、ケースに入ったスマホだけで安心して外出できます。

手軽に着脱。手帳型のままカメラも使えます

そして『Squl』最大のワザが「装着したまま回転させて背面カメラが使える」こと。

スマホをくるっと90度回転させた状態で安定するので、そのまま背面カメラを使い、またワンアクションで手帳に収められます。

最近のスマートフォンはカメラの高性能化でレンズやガードが大型化したことに加え、カメラ性能をアピールするため敢えて目立つデザインになっている機種が増えましたが、おかげで真っ先に衝撃を受けたり引っかかることも増えてしまいました。

『Squl』ならば撮影時にしかカメラは露出しないため、落下時の衝撃もレンズやガードの擦り傷も効果的に防止できます。

カメラも徹底的に守りたいユーザーに。手帳型デビューにもおすすめ

この『Squl』を開発したのは、スマホアクセサリーメーカーのデジタルアルキミスト。スマホケースの超定番メーカーとして全国津々浦々で買えるレイ・アウトから生まれたブランドで、毎日手で触れる製品として気になる製造品質はお墨付きです。

対応スマートフォンは、

iPhone 14 / 13
iPhone 14 Plus
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max

価格は税込3960円 (税抜3600円)。こちらから購入できます

高価なスマホをカメラレンズ含めできるだけ守りたい、かといってミリタリーテイストだったりかさばる「アーマー」系よりも落ち着いた手帳がいい、カメラも頻繁に使うユーザーには、落とさぬ先の保護ケースとして検討の価値がある製品です。

《デジタルアルキミスト》
デジタルアルキミスト

デジタルアルキミスト

デジタルアルキミスト

デジタルアルキミスト

特集