FOLLOW US
  • twitter

イーロン・マスク、Twitterの認証マークを月々3000円で販売するよう指示・来週ロンチに間に合わねば解雇と通告?

テクノロジー Other
Ittousai

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

Twitter

本社前で段ボール箱を抱えて「いまクビになりました」コスプレをしたいたずらが「データエンジニア全員解雇」報道になったり、「社員の75%を10月中に解雇」のうわさが流れては否定されるなど、イーロン・マスクによる買収成立で騒がしい Twitter 界隈の話題。

今度はイーロン・マスクが社員に対して「現在は月4.99ドル(約740円)の Twitter Blue を月20ドル(約3000円)に値上げし、認証マークをサブスク特典とせよ」「11月7日までに間に合わなければ解雇」と通告した、との未確認情報が出回っています。

(更新:イーロン・マスク本人が認めました。Twitterの認証マーク課金に作家キング「むしろお前らが私に払え」、イーロン・マスクは「8ドルなら?」と答え事実と認める

イーロン・マスクが月8ドルの新生Twitter Blue有料プランを解説)

例の地味ハロウィン二人組を大手メディアが真に受けてしまったように、混乱に乗じたデマや誤情報が飛び交う時期でもあり、何でも鵜呑みにはできません。

しかし「Twitter Blueを5ドルから20ドルへ値上げ、認証マークをセット売り」「11月7日までにサービスを提供できなければ解雇」に類した指示が社内であったらしいことは、一般論として買収直後で入れ替わりが激しい時期の全員メールはだいたい漏れることを別にしても、従来からTwitter内部に通じる関係者からの情報を的確に伝えてきたアカウントやメディアが複数、独立して報じていること、伝聞のみでなく文書そのものを確認したという報道もあることから、一定の確度がある情報と考えられます。

文脈としては、Twitter が一部の地域のみで提供している有料プラン Twitter Blue の刷新と拡充を準備してきたことは以前より伝えられてきました。

現在のTwitter Blue では、ツイートしたあとに一定時間のみ書き換えができるEdit機能や、一部の実験的機能の先取りテスト、各種のカスタマイズ等の特典が利用できます。

また状況証拠ではないにしろ補強材料としては、イーロン・マスク本人が認証システムについて、「認証プロセス全体を今まさに刷新中」とツイートしたばかりです。

仮にこの「間に合わなきゃクビ」宣告が事実であったとして、実際に5ドルから20ドルへの値上げという形になるのか、複数プランのティアを設ける形になるのか、本当に来週いきなりロンチできるのか etc はまったく分かりませんが、ほんのり面白いのは現在の認証済みユーザーへの対応。

The Verge などは関係者から得た情報として、現行の認証マークを維持するため月々の課金を求めること、90日以内に支払わなければ認証マークを失うという、なかなかにすごい話を伝えています。

Twitter の青い認証マークは、本来は「このアカウントが自称どおりの本人である」とTwitterが確認したことを示すマーク。

単になりすましではない本人であることを示すのみであって、Twitter が発言内容について認めているだとか、発言内容の真偽や質に対してはなんの関係もありません。

しかし、認証マークの発行が以前は黙ってふさわしいアカウントと認められるまで待つしかなかったこと、なぜ与えられたのか分からないアカウントに大量に発行される一方で、著名人やブランドが自分から申告してもかなり狭き門であったり理由不明で拒否されたり、申込み自体の受付が中断されるなど、欲しくても手に入るものではないことから、何かしら権威あるような存在に扱われていたのも事実です。

自称する本人であると認める意味しかないにもかかわらず、上記の理由から「Twitterが信頼できるアカウントと保証します」と勘違いされることも多く、Twitterで人を集めたり引っ掛けたりしたい人や組織にとっては実益になるマークでもあります。

認証マークを求めるアカウントが大量にいること、各国で本人確認書類等を審査することを考えると、発行に手数料がかかること、そこを収益化すること自体は分からないでもありません。

しかし逆に「毎月20ドルを払わないかぎり、公益性ある実在のアカウントでも真正か区別できなくなる」と考えると、手早い現金収入と引き換えにTwitter自体の有用性を切り売りする事態にもなりかねません。

「20ドル払えば誰でも認証マークを取得できる」のか、現在と同じ要件の審査があり維持が有料になるだけかは不明確。

どちらへ転ぶか非常に興味深い話ですが、イーロン・マスク本人が「今まさに」認証プロセスを刷新中と述べたこと、うわさが確かなら来週には(間に合えば)変化があることから、遠からず次の展開に期待できそうです。イーロン・マスク本人が気まぐれに否定なり補足のツイートをするかもしれません。

Twitter からの公式コメントはありません。

Twitter本社前で段ボール箱抱え「解雇されたエンジニア」を装った二人組、大手メディアを騙しインタビューを受ける | テクノエッジ TechnoEdge

Twitterの認証マーク課金に作家キング「むしろお前らが私に払え」、イーロン・マスクは「8ドルなら?」と答え事実と認める | テクノエッジ TechnoEdge


Amazonギフト券 チャージタイプ(直接アカウントに残高追加)
¥5,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

2022 Apple 10.9インチiPad (Wi-Fi, 64GB) - ブルー (第10世代)
¥68,800
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Ittousai》
Ittousai

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

あなたへのおすすめ

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く 画像
テクノロジー

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く

有人飛行用に設計された宇宙船が到達した最も地球から遠くに到達した記録はこれまで、アポロ13号の司令船「Odyssey」による、地球から40万171kmの地点でした。

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加 画像
テクノロジー

かつてマスク氏の誘いを蹴った伝説のハッカー、Twitterに12週限定の「インターンシップ」で参加

2007年、当時17歳にしてiPhoneに自由にアプリをインストール可能にする「脱獄」を成功させ、2011年にはPlayStation 3をハッキングしてソニーに訴えられた伝説のハッカー”GeoHot”ことジョージ・ホッツ氏が、イーロン・マスク氏率いるTwitterに期間限定で加わっています。

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組 画像
テクノロジー

土砂の下のスマホを探す救難ドローン、有線式の長時間運用試験に成功。捜索役とケーブル持ちの二機一組

ソフトバンク株式会社と双葉電子工業株式会社は、最大5mの土砂やがれきに埋まったスマートフォンの位置を特定するドローンシステムの実証実験に成功したと発表しました

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox) 画像
ガジェット

アナログレコードで昼食を。シン・サウンドバーガーをマクドナルドで聴いてみた(CloseBox)

Bluetooth対応の持ち歩き可能なレコードプレーヤー「サウンドバーガー」を、公園とマクドナルドで試してみました。