FOLLOW US
  • twitter

NASA、火星の岩石回収にヘリコプター2機を追加投入へ。回収用着陸機に搭載

テクノロジー Space
Munenori Taniguchi

Munenori Taniguchi

ウェブライター

  • twitter

ガジェット全般、サイエンス、宇宙、音楽、モータースポーツetc... 電気・ネットワーク技術者。実績媒体Engadget日本版, Autoblog日本版, Forbes JAPAN他

特集

Image:NASA/JPL-Caltech

NASAは、Mars Sample Return(MSR)プログラムの概要を発表しました。このプログラムは現在火星探査ローバーのPerseveranceが現在、せっせと容器に詰め込んでいる地表の岩石サンプルを回収し、地球に持ち帰るための新しい計画です。

手順をおおざっぱに記せば、まずサンプル・リターン・ランダー (SRL)と呼ばれる火星着陸機を火星に送り込みます。その着陸したSRLのところへ火星のサンプルを抱えたPerseveranceローバーが訪れ、そのサンプルをSRLへと積み替えます。そしてSRLは搭載するロケットでこのサンプルを火星軌道へと打ち上げ、軌道上で待ち受けるオービター(火星周回探査機)がそれを捕獲、地球へ送り返す…という格好。

この計画では、仮にPerseveranceがSRLの到着地点にやってこられなかったときのバップアッププランとして、新しい2機のヘリコプターをSRLに搭載して送り込むことを計画しています。NASAは今回プランAとして、Perseverance自身でサンプルを回収してSRLへ持ち帰る方法を提案し、それができない場合のために、プランBとして2機のヘリコプターを飛ばして、ある地点に保管されているサンプルを取ってくるとしました。

火星からのサンプルリターン計画は当初はESAがExoMars計画で送り込む予定のローバーがSRLに回収してくるはずでした。しかし、ESAは7月、ExoMarsに関わっていたロシアとの協力体制を解消することになり、ロシアのロケットと着陸機を使うはずだった回収ローバーを送り込む手段を失ってしまいました。また、これまでESAは火星への探査機着陸を複数回失敗していることも懸念として上がっていました。

そこで、サンプルをSRLまで持っていくローバーの役割も、現在サンプルを容器に詰め込んでいるPerseveranceにやってもらおうということになりました。Perseveranceは、火星上で2011年からいままで10年以上にわたり活動を続けているローバー、Curiosityの改良版でもあり、Curiosityの息の長い活動を見れば、NASAはPerseveranceがSRLが火星に到着する頃になってもまだ順調に活動をし続けていると予測しているとのこと。

一方、Perseveranceとともに活動していた火星ヘリコプターことIngenuityの成果も、それが技術実証のための実質的なデモ機だったことを考えれば十分な収穫になっています。NASAは、PerseveranceがSRLのところまで移動できなかった場合を考え、Ingenuityの設計に基づいた2機のヘリコプターをサンプル回収用としてSRLに搭載することを計画しています。このヘリコプターはサンプル回収用のアームを備え、地表に置いてあるサンプルの袋(約150g)を掴み、SRLに持ち帰ります。航続距離は700mほどとされています。

新しいサンプルリターン計画では、Perseveranceはジェゼロクレーターの中にあるかつて洪水があったとされる三角州を探査しつつ、サンプル収集を継続します。このとき、サンプルを入れた袋は1か所につき2つを採取し、ひとつをバックアップ用にするとのこと。そして、10か所のサンプルを袋に詰めたら、バックアップ側の袋を地表のどこかにキャッシュとして保管し、またサンプルを採取しつつクレーターの坂を上り、2030年ごろにやって来るSRLに合流します。SRLはピンポイントの着陸精度を持たせ、指定地点から50m範囲内に降り立つ計画とのこと。

PerseveranceがSRLに合流できれば、SRLはこのローバーからサンプルを受け取り、ロケットに搭載して火星軌道めがけて打上げます。軌道上の探査機がこれを回収すれば、最終的に2033年ごろまでに火星サンプルが地球に届けられるはずです。


テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
¥564
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Munenori Taniguchi》
Munenori Taniguchi

Munenori Taniguchi

ウェブライター

  • twitter

ガジェット全般、サイエンス、宇宙、音楽、モータースポーツetc... 電気・ネットワーク技術者。実績媒体Engadget日本版, Autoblog日本版, Forbes JAPAN他

特集

あなたへのおすすめ

『ソニック』映画第3弾は2024年12月20日公開予定。公式がツイート 画像
カルチャー

『ソニック』映画第3弾は2024年12月20日公開予定。公式がツイート

セガの看板ゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を題材とする映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』は、日本では8月19日から公開されますが、早くもシリーズ3作目の公開時期が明らかになりました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
著名科学者が「プロキシマ・ケンタウリ」と偽ってチョリソー写真投稿、怒られ謝罪。警鐘鳴らすためと釈明 画像
テクノロジー

著名科学者が「プロキシマ・ケンタウリ」と偽ってチョリソー写真投稿、怒られ謝罪。警鐘鳴らすためと釈明

8月1日、著名な科学者で仏代替エネルギー・原子力委員会のディレクターを務めているエティエンヌ・クライン氏が、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影したプロキシマ・ケンタウリの画像と称して1枚の写真をツイートし、その鮮やかさを賞賛しました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
iPhone 14 Pro(仮)は常時表示に対応?新たなヒントをXcodeから発見 画像
ガジェット

iPhone 14 Pro(仮)は常時表示に対応?新たなヒントをXcodeから発見

次期「iPhone 14」のうち高価なProモデルでは、Apple Watchのような常時表示が可能になると予想されています。つまりロック状態の画面でも真っ暗にならず、リフレッシュレートを落として節電しつつ時計や通知を表示し続けられる、というわけです。

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
発売から五年の『ニーア オートマタ』に「隠された教会」発見?生みの親は「ソーセージとビールが大好きです」で幕引き 画像
ゲーム

発売から五年の『ニーア オートマタ』に「隠された教会」発見?生みの親は「ソーセージとビールが大好きです」で幕引き

日本ばかりか全世界でも人気のアクションRPG『NieR:Automata』(ニーア オートマタ)が2017年に発売されてから、はや5年。

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
画像生成AI DALL·E 2、人種・性別の偏りは密かに「枠」追加で補正。研究者のハックで発覚 画像
テクノロジー

画像生成AI DALL·E 2、人種・性別の偏りは密かに「枠」追加で補正。研究者のハックで発覚

OpenAI

Ittousai
Ittousai
テクノエッジ創刊のご挨拶 画像
テクノロジー

テクノエッジ創刊のご挨拶

初めましての方は初めまして。そうでないかたは大変お待たせしました。テクノロジーメディア TechnoEdge テクノエッジ、本日より始動します。

Ittousai
Ittousai