FOLLOW US
  • twitter

ポケモンGOのNianticが『トランスフォーマー』ほかARゲーム数作を開発中止、人員8%削減

テクノロジー Science
Ittousai

Ittousai

  • twitter

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

ポケモンGOのNianticが『トランスフォーマー』ほかARゲーム数作を開発中止、人員8%削減
  • ポケモンGOのNianticが『トランスフォーマー』ほかARゲーム数作を開発中止、人員8%削減
  • ポケモンGOのNianticが『トランスフォーマー』ほかARゲーム数作を開発中止、人員8%削減
  • ポケモンGOのNianticが『トランスフォーマー』ほかARゲーム数作を開発中止、人員8%削減

ポケモンGOの Niantic (ナイアンティック)が、昨年発表したトランスフォーマーのARゲーム『TRANSFORMERS: Heavy Metal』など、開発中・テスト中の複数プロジェクトを中止することが分かりました。あわせて、人員の8%にあたる85名から90名の削減も実施します。

この件を最初に報じた Jason Schreier @ Bloomberg によれば、ナイアンティックのジョン・ハンケCEOは社内向け発表のなかで、今回の措置は昨今の経済情勢に対応するため、今後さらに発生しうる変化に備えるための合理化および費用削減の一貫と説明しています。

『TRANSFORMERS: Heavy Metal』はちょうど1年前の2021年6月に発表されたタイトル。Niantic とトランスフォーマーの権利者ハズブロ、タカラトミーの協力によるARモバイルゲームで、開発を主導するのはシアトルのスタジオ Very Very Spaceship とされていました。

ゲーム内容としては、バンブルビーなどオートボットとともに現実世界を冒険して隠されたリソースを見つけ出し、悪のトランスフォーマー ディセプティコンと戦うといった説明。「迫力あるターン制バトル」が売りの作品として、一部の地域で限定的なソフトロンチを経て世界展開する計画でしたが、日本国内で遊べるようになる前に開発中止となってしまいました。

そのほか中止になったプロジェクトは、イマーシブシアターの Punchdrunk とのパートナーシップによるエクスペリエンスと、コードネームのみで一般に発表されていない二本。

Punchdrunk は英国の劇団 / クリエイティブ集団で、観客が建物のなかを自由に歩き回りつつ、そこかしこでリアルタイムに進行するドラマを体験するイマーシブシアターで有名です。

トランスフォーマーは、ある意味でポケモンGOのフォーミュラに別の巨大IPを掛け合わせたもので、ゲームとしてはおおむね想像がつく一方、Punchdrunk との協業による作品は「エクスペリエンス」と表現されており、どんな作品であったのかは不明のまま。

ナイアンティックのARプラットフォーム Lightship が新バージョンで導入した目玉機能の VPS を使えば、現実の街角のロケーションで体験するイマーシブAR演劇のようなコンテンツが想像できただけに、中止になってしまったのは残念です。

Niantic創業CEOジョン・ハンケ氏インタビュー:『現実世界のメタバース』とARの未来(前編)

なお、ナイアンティックはポケモンGOの社会現象的ヒット以来あらゆるプロジェクトが100発100中であったかといえばそうでもなく、ポケモンに続く巨大IPのリアルワールド・モバイルゲームとして展開したハリー・ポッター魔法同盟はプレーヤー数が伸び悩みサービス終了済み。

またソフトローンチで限定的にテスト展開していたAR版『カタンの開拓者』も、リアルワールドにしても特に楽しくなかったのかテストだけで中止になっていました。

「選択と集中」で残す方に選ばれたタイトルは、発表されたばかりの『NBA All-World』のほか、ナイアンティック自身が開発する独自新規IPの『Peridot』が一部の地域でテスト展開中です。

ナイアンティックのコメントは、

「主要な優先事項に集中するため、いくつかのプロジェクトの生産を停止し、従業員を約8%削減することを決定しました。Pokémon GOや厳選された新しい体験、Lightshipプラットフォームなど、当社の最も重要な優先事項に集中できるようにしました。この集中力の向上と強力なコアビジネスにより、多くの企業が直面している幅広い経済の不確実性を乗り切り、ARの未来への投資を継続することができると考えています。Nianticを去る皆様の貢献に感謝し、サポートしてまいります。」

《Ittousai》
Ittousai

Ittousai

  • twitter

テクノエッジ編集長。火元責任者兼任 @Ittousai_ej

特集

あなたへのおすすめ

『ソニック』映画第3弾は2024年12月20日公開予定。公式がツイート 画像
カルチャー

『ソニック』映画第3弾は2024年12月20日公開予定。公式がツイート

セガの看板ゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を題材とする映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』は、日本では8月19日から公開されますが、早くもシリーズ3作目の公開時期が明らかになりました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
著名科学者が「プロキシマ・ケンタウリ」と偽ってチョリソー写真投稿、怒られ謝罪。警鐘鳴らすためと釈明 画像
テクノロジー

著名科学者が「プロキシマ・ケンタウリ」と偽ってチョリソー写真投稿、怒られ謝罪。警鐘鳴らすためと釈明

8月1日、著名な科学者で仏代替エネルギー・原子力委員会のディレクターを務めているエティエンヌ・クライン氏が、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影したプロキシマ・ケンタウリの画像と称して1枚の写真をツイートし、その鮮やかさを賞賛しました。

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
iPhone 14 Pro(仮)は常時表示に対応?新たなヒントをXcodeから発見 画像
ガジェット

iPhone 14 Pro(仮)は常時表示に対応?新たなヒントをXcodeから発見

次期「iPhone 14」のうち高価なProモデルでは、Apple Watchのような常時表示が可能になると予想されています。つまりロック状態の画面でも真っ暗にならず、リフレッシュレートを落として節電しつつ時計や通知を表示し続けられる、というわけです。

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
発売から五年の『ニーア オートマタ』に「隠された教会」発見?生みの親は「ソーセージとビールが大好きです」で幕引き 画像
ゲーム

発売から五年の『ニーア オートマタ』に「隠された教会」発見?生みの親は「ソーセージとビールが大好きです」で幕引き

日本ばかりか全世界でも人気のアクションRPG『NieR:Automata』(ニーア オートマタ)が2017年に発売されてから、はや5年。

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
画像生成AI DALL·E 2、人種・性別の偏りは密かに「枠」追加で補正。研究者のハックで発覚 画像
テクノロジー

画像生成AI DALL·E 2、人種・性別の偏りは密かに「枠」追加で補正。研究者のハックで発覚

OpenAI

Ittousai
Ittousai
テクノエッジ創刊のご挨拶 画像
テクノロジー

テクノエッジ創刊のご挨拶

初めましての方は初めまして。そうでないかたは大変お待たせしました。テクノロジーメディア TechnoEdge テクノエッジ、本日より始動します。

Ittousai
Ittousai