FOLLOW US
  • twitter

iPhone 15(仮)は全機種USB-C採用、ただし高速転送はProのみ・無印はUSB 2.0のまま?アナリスト予測

ガジェット スマートフォン
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

iPhone 15(仮)は全機種USB-C採用、ただし高速転送はProのみ・無印はUSB 2.0のまま?アナリスト予測

iPhoneはいつになったらUSB-Cを採用するのか。来年2023年のiPhone 15(仮)シリーズはPro限定でなく全モデルともLightning端子からUSB-Cに移行するものの、高価なProモデルのみが転送スピードが速くなると、実績あるアナリストが予測しています。

従来は iPhone 15シリーズのうち高価なProモデルのみ、USB-Cへの移行が確実と見られていました。なぜなら、EUが2024年秋までに加盟諸国で販売されるスマートフォンの充電端子にUSB-C採用を義務づける法案を可決したため。アップル幹部も「EUの決定を遵守する」と発言しており、Lightningからのシフトはほぼ確実です。

とはいえ、Lightning端子ならばサードパーティ製の対応アクセサリーからMFi認証のライセンス料が得られる上に、あくまで期限は「2024年秋」のため、2023年に全モデルを切り替える義務はありません。そのため「ProモデルはUSB-C、標準モデルはLightningに据え置き」で、収益に貢献するProの差別化に利用するのではないかとの推測があったわけです。

しかしアップルのサプライチェーン情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、最新の調査に基づき「2023年後半のすべての新型iPhone(iPhone 15)は、Lightningを放棄してUSB-Cに置き換える」とツイート。標準モデルのUSB-C化を諦めていた界隈が、どよめいている次第です。

ただし「iPhone 15 Pro」および「iPhone 15 Pro Max」のみが有線での高速転送に対応し、標準モデルの「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」はLightningと同じくUSB 2.0相当の転送スピードに留まると述べています。

Kuo氏いわく、Pro向け仕様は「少なくとも」USB 3.2またはThunderbolt 3に対応し、有線でのデータ転送やビデオ出力のユーザー体験が大幅に向上します。

具体的な数字を挙げておくと、USB 2.0は最大で480Mbps、USB-C 3.2は最大20Gbps、そしてThunderbolt 3は最大40Gbpsまでに対応。つまりiPhone 15 Proモデルでのデータ転送速度は、前世代よりも20~40倍以上の伸びしろが見込める計算となります。

逆にいえば、iPhone 15標準モデルはLightningのままのため、データ転送で数十倍の時間がかかりモタつく可能性を意味しています。

しかしそもそも標準モデルでは、大半のユーザーにとって「有線でMacや外部のPCと大量のデータをやり取りする」機会は少ないはず。現行のiPhone 14世代でも、サイズが大きくなりがちなProRAW写真が撮れるのはProモデルだけであり、むしろ「なぜ今年のProにUSB-Cがないのか?」と疑問の声も上がっていたほどです。

また、すでにiPadでは「同じUSB-C端子を備えているようで、廉価モデルとProモデルとは大きな格差」は現実になっています。今年秋に発売された第10世代iPadも、USB-Cポートの転送速度を計測したところ、まさにUSB 2.0相当しか出ていないと指摘されていました。

ともあれ、iPhone標準モデル愛用者のなかにUSB-C待望論があったのも、Androidスマートフォンや他社製品の充電端子がUSB-Cに統一される流れで、わざわざLightning対応ケーブルを用意するのが面倒という動機が大きかった感もあります。ひとまずiPhone 15全モデルがUSB-Cケーブルで充電できるようになれば、端子違いで充電に困るとの不満はなくなりそうです。

《Kiyoshi Tane》
Kiyoshi Tane

Kiyoshi Tane

フリーライター

  • twitter

著書に『宇宙世紀の政治経済学』(宝島社)、『ガンダムと日本人』(文春新書)、『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)、『PS3はなぜ失敗したのか』(晋遊舎)、共著に『超クソゲー2』『超アーケード』『超ファミコン』『PCエンジン大全』(以上、太田出版)、『ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ』(MdN)など。

特集

あなたへのおすすめ

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く 画像
テクノロジー

NASA「アルテミス I」、有人飛行用宇宙船として最も地球から遠くに到達 アポロ13号を抜く

有人飛行用に設計された宇宙船が到達した最も地球から遠くに到達した記録はこれまで、アポロ13号の司令船「Odyssey」による、地球から40万171kmの地点でした。

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表 画像
テクノロジー

Nianticが軽量ARグラス試作機を公開。 QualcommのAR専用チップSnapdragon AR2発表

ポケモンGOやピクミン ブルームのNianticが、屋外で使う軽量ARグラスの試作モデルを公開しました。

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能 画像
テクノロジー

巨大ウミガメ型海上都市「Pangeos」コンセプト発表。最大6万人を収容可能

奇抜なコンセプトのヨットなどを発表してきたイタリアのデザイナー、ピエルパオロ・ラザリーニ氏が、とんでもない大きさの巨大船舶(テラヨット)コンセプトを発表しました。

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ 画像
ゲーム

マイクロソフト、「仕事用ゲーム」をTeams統合。ソリティアやマインスイーパーを最大250人でプレイ

米マイクロソフトは16日(米現地時間)、企業向けコラボレーションツールTeams内でカジュアルゲームが遊べる「Games for Work」を正式発表しました。

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩 画像
テクノロジー

再び月へ。NASA「Artemis I」打ち上げ成功、アポロ以来の有人月探査へ一歩

11月16日、NASAがアポロ計画以来の月面有人探査を行うアルテミス計画の第1弾となる、Artemis Iミッションの打ち上げを実施しました。

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox) 画像
テクノロジー

AIで古いムービーを鮮やかに甦らせるRemini Webで、あの人と再会した(CloseBox)

不鮮明な顔写真を高精細化するiOSアプリ「Remini」がWebサービスになり、iPhoneユーザー以外にも使えるようになりました。動画もサポートしているので、使ってみました。